TOP>求人>つなぐ通販

つなぐ通販

※この仕事は募集終了いたしました。ご応募どうもありがとうございました。

ネット通販の仕事、と聞いて最初にイメージしたのは、お客さんの顔が見えなかったりメーカーの声が聞きにくかったりするのではないかな、ということ。クリックひとつで商品が買えてしまうから、なんとなく、中で人がどう関わりあっているのか想像がつかなかった。

でも、実際に話を聞いてみたら、思っていたものと全然違いました。デザインする人、生産する人、販売する人、購入する人、服に関わる全ての人を丁寧に繋げている。そんな仕事がありました。


今回は、コーディネーターのような役割で、企画、営業、仕入れ等を担当するMD・バイヤーの仕事の募集です。

募集するのは、インターネットで「ファッションeコマース」を展開している宝島ワンダーネット。その中でも特に人気の運営サイト、ナチュランで働く人を探しています。

ナチュランの商品選びの基準は、カジュアルだけど女性らしい「大人ナチュラル」な雰囲気のもの。ベスト、ブラウス、ズボン、スカート、どれもシンプルなデザインで、素材にもこだわっている。激安!お買い得!というような売り方ではなく、ちゃんと考えてこだわって服を選ぶ人のために、実用的な提案をしているサイトのように思う。

サイトに掲載される商品たちは、四ツ谷駅と市ヶ谷駅の間にあるスタジオで撮影されている。そこにお邪魔して、ナチュランのMD・バイヤーとして働く新田さんに話を伺った。


初めてナチュランを見たときは、てっきり女性がつくっているサイトだと思ったけど、新田さんが男性だったので驚いた。

「ナチュランは女性向けのサイトですが、バイヤーに男女は関係ありません。トレンドや女性的な感性を意識しながらセレクトしています。」

新田さんはどうしてこの会社に入ったんですか?

「もともとメンズの服を扱うお店で働いていたんですけど、ファッション市場の8割はレディースが占めているので、そこに可能性を感じました。洋服の種類も多いし、女性がもっとこうしたらかわいいのに、綺麗なのに、という想いがだんだん強くなっていったんです。」

レディースがやりたいという想いとともに、将来は自分のセレクトショップを開きたいという夢もあった。だから、販売の次はバイヤー業務を勉強しようと考えた。でも、バイヤーの募集を探しても、なかなか見つからない。そこに偶然この会社の仕事を見つけて、チャンスだと思って応募した。


それまでは通販なんて使ったこともなかったし、ケータイやネットで服を買うなんてありえない、と思っていたという新田さん。何も知らずに飛びこんだeコマースの世界で、最初は戸惑うことも多かった。

「それまではずっと販売員として店頭に立って、いらっしゃるお客様相手にやってきたので、取引先であるメーカー相手のビジネスは初めてだったんです。なので、ビジネススキルを身につけるのが大変でした。」

メーカー側の立場からすれば、商品在庫を持つのはリスクとなるから、在庫を持つのを控えたい。でも、ナチュランに掲載する商品は、なんとか在庫を確保しておいて欲しい。その交渉が、eコマースの営業で一番難しいところ。でも、メーカーにとって、今までとは違った新しいお客様との接点をつくってあげられることがナチュランの強みだから、そこをアピールしながら、いい商品をたくさん仕入れるために営業先を回っている。

抱えている取引先の数が多いため、事後処理も多くなる。タフな精神と体力が求められる仕事だと思う。

とはいえ、服好きにはたまらないのが「展示会」。

展示会は、ファッションブランドが店の人やバイヤーを呼んで製品を見せる機会のこと。ここに足を運べば、新商品や話題のデザインを一度に沢山みることができる。


通常は春夏・秋冬の2回なのだけど、定番商品に新作を混ぜながら、こまめに展示会をするブランドもあれば、沢山のブランドが合同で開催する場合もある。だから、バイヤーは月の半分ほどは展示会に行くことになる。

「先々週なんて、火、水、木、金が丸一日展示会まわりでした。1日6社ほどズバーッと予定を入れて回りまくって、足ふらふらになって帰ってきましたよ。沢山の洋服の中から、自分がピックアップするものはどれなのかを考えなければいけないので、頭の中で戦略を立てながらチェックしています。」

服を選ぶとき、どんな戦略を考えるんですか?

「デザイン的には、結構似たようなものが多かったりするんです。そこで何が違ってくるかというと、例えば、このメーカーは国内の工場でつくっているから、海外で同じようなものをつくっているところよりも追加生産してもらいやすいな、ということ。つくる過程の部分も判断軸になるので、メーカーがどこでどうやって生産しているか、という知識も頭の中に入れておかないといけないんですね。」

あとはやっぱり、基本はお客さま目線。二の腕が気になる人のために、アームホールが広いか狭いかなど、シルエットを考えたりもするそうだ。


ただ自分の好きな洋服を選ぶのではなく、メーカーサイドの事情を踏まえ、お客さまの元に届いて実際に着るところまで想像しながら選んでいく。普段、かわいいな〜、素敵だな〜とぼんやり眺めている洋服たちが、こんなに厳しいチェックをくぐり抜けているなんて!

「沢山の洋服を見ると、洋服疲れしてしまいます。洋服としてだんだん見られなくなってきて、そこのバランスをとるのが難しいんですよ…。でも、そこに自分の趣味を少しでも入れていかないと楽しくないので、バランスの中にちょっとずつ自分の味を出していくのが、大変ですが楽しいことでもあります。」

商品が持つ柔らかいイメージとのギャップを知らずにこの会社に入ってくる人は、辞めてしまうこともあるそうだ。

新田さん自身は、レディースがやりたくてこの会社に入ったのに、結局最初の4年半はメンズを担当することになった。でも、辞めようとは思わなかったそうだ。

「なぜならその4年半の間は、自分がやりたいことと、目の前にある仕事とのギャップを埋めていくことに、とにかく必死だったんです。まずは目の前の仕事に全力で取り組んで、経験値を上げていきました。そしたらだんだん、周りから信頼してもらえるようになってきた。そこではじめて『レディースをやらせてください』とお願いしたら、希望していたナチュランを任されることになったんです。」

「多くの人は入ってきたときに、『やりたいことと』と『やらなければいけないこと』のギャップに対応できないのだと思います。でも、『やりたいことと』をするためには、まずは『やらなければいけないこと』を乗り越えなければいけないんじゃないかな。そのギャップを埋められる要素を、自分の中で生み出すことができれば、長く付き合えるような仕事ができると思います。」


どんなに想像を巡らせても、入ってみないと本当の仕事は分からない。だから、入る前と後のギャップを、自分で埋めていける人がいい。

「ただ、好きなことも意外とできるぞ、ってことが言いたいですね。最初からはダメですけど。好きなものを売りたい!ではなく、ちゃんと相手を捉えたビジネスとして考える。その上で好きなことをすると、意外とできてしまったりします。」

「僕は、ナチュランの担当になってから、好きな作り手に会えて、好きなプロダクトが見られて、どんどん好きなアイテムを提案することができています。作り手側が無理せず仕上げられるスケジュールで、無理な値切りをせず、ちゃんと対価を払うこと。さらにお客様にも満足してもらえるようにすること。そして、そこに自分のエッセンスも入れていく。それがすごくやりがいがありますね。」

商売だから、数字や成果も気にしなければいけないけれど、結局は、人の間に立つ「人対人」の仕事。それは、お客様と直接顔を合わせないインターネットでも同じこと。


「うちは比較的eコマースの黎明期からネット通販をやっているのですが、今はネット通販がすごく増えていますよね。中には『返品オールオッケーです』というところもあるけど、それだと結局、他のどこかにリスクがいくんですよ。お客様へのサービスをどんどん良くしていくと、メーカーの方にしわ寄せがいってしまう。お客様が最上級というのは基本的には間違っていないのですが、全体を良くしていかないと継続的なビジネスにはならないと思うんです。」

メーカーや工場ばかりが努力するのではだめ。みんなが幸せになる方法を、インターネットを使ったビジネスで考えていく。

「ナチュランは、巨大なマーケットを目指すというよりは、ひとつずつ丁寧に目の前のことをやっていく方が、肌に合っているのではないかと思います。社内の他の事業部と一緒に何かをやってもいいかもしれないし、宝島ワンダーネットでしかできない強みを生かせればいいかな。」


どんな人に来てほしいですか?

「アイデアがある人がいいですね。常に新しいことを考えていると、会話に出てくるじゃないですか。今、みんな目の前の仕事を回すことに労力を使っているので、なかなか考えている暇がないんです。ただ仕事をこなすのではなく、アイデアを持って発信できる人。面白くて整合性があって、ビジネスになるものだったら、けっこう採用してくれる会社なので、実現できると思います。」

「あと、へこむことも多いので、楽観的な人がいいかな。僕はけっこうそうなんですけど、自分が手がけた企画が失敗してしまっても、しょうがないじゃん、売れると思ったんだよ!という、それぐらいの切り替えでやっていたりもするので。その分を取り返す努力をすればいいと思っています。」


あとやっぱり、ナチュランで扱っているような服のコンセプトに共感できる人がいいと思う。マーケティングだけではなく、好きだからこそ分かる「これだ!」という勘にも、新田さんは期待している。

服が好きなだけでは続かないけど、服が好きじゃないと続かない。そんな仕事だと思います。まずはナチュランのサイトを覗いてみてください。(2012/12/19up ナナコ)

株式会社 宝島ワンダーネット
募集職種 ①MD・バイヤー
②営業(MD・バイヤー)アシスタント
③データ入力、その他
④カスタマーサポート
雇用形態 ①契約社員
②契約社員・アルバイト
③アルバイト
④アルバイト
給与 能力および前職での給与を考慮の上決定。社会保険完備・通勤費支給(50,000円/月まで)
仕事内容
企画、営業、仕入れなど。デザインする人、生産する人、販売する人、購入する人、服に関わる全ての人をつなげる仕事です。


販売中の商品の消化状況を見ながら、メーカー様に追加発注の依頼をかけるディストリビューター的な業務とバイヤーが決めた商品に対してメーカー様と入荷の時期やその他、必要となる情報のやり取りをして詳細を詰めていく業務がメインとなります。バイヤーが外出している際にもバイヤーの代わりとなって取引先様や関係各所と調整を進めていきます。

・販売商品の追加発注
・納期管理
・撮影サンプル手配
・発注商品のデータ作成・管理
・その他、メーカー交渉・商談同行等 など


エクセルでのデータ入力が主な業務となります。販売商品のデータが記載されている商品カードをエクセル上で入力します。当然、正確さとスピードが求められますが、商品カードの内容に誤りがないかのチェックも必要となります。その他、知識や経験されてきた業務に応じて仕事をお任せいたします。

・商品情報データ入力
・入力データのサイトアップ時チェック
・納品時必要書類のメーカー発送 など


・コールセンター業務
・お客様からのメール対応業務
・商品データ入力
・電話での確認業務 など
勤務地 東京都千代田区6-6 各線四ツ谷駅から徒歩5分、各線市ヶ谷駅から徒歩5分
勤務時間 10:00~18:00(残業あり)
求める人物像
・ファッションが好きな方
・指示待ちではなく自ら考え行動できる方
・データに基づいた仕入計画を立案し実施できる方
・数字に対して貪欲であり結果を残すことに強い意識がある方
・業界問わず、MD/バイヤー/営業いずれかの経験が3年以上ある方(アシスタントとしての経験が含まれていても可)


・指示待ちではなく、主体的に動ける方
※アパレルの知識、経験、また業務上でのエクセルの経験のある方歓迎


・指示待ちではなく、主体的に動ける方
・タッチタイピング、業務上でのエクセルの経験のある方
※アパレルの知識、経験のある方歓迎


・エクセルの実務使用経験がある方
※CS、コールセンター業務、またファッションに関する知識がある方歓迎
募集期間 2012/12/19〜2013/1/16
選考プロセス エントリー

第一次選考(書類審査)

第二次選考(1次面接)

第三次選考(2次面接)

最終選考(最終面接)

採 用

※次の選考ステップに進まれる方のみご連絡させていただきます。
※面接の回数は変更になる場合があります。
※取得した個人情報は、採用選考にのみ使用します。
※不採用についての問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。
その他 〈採用担当者・千葉さんからのメッセージ〉

私たちは、既存のEコマース、コンテンツサービスの運用だけでなく、常に新しく面白いサービスの立上げに挑戦しています。

当然、日々生じる問題に対して初めから解答が用意されている訳ではありません。解決のために指示を待つのではなく、自ら意欲的に問題にチャレンジし、スピード感を持って対応する姿勢が求められます。

クリエイティブ性を持ち、従事している業務の範囲に捉われず、日常の全てにアイデアがあると考えて、業務にいかせる方であれば大歓迎です。

面接では、弊社で何をしたいのか、何ができるのかお聞かせください。
たくさんの方とお会いできることを楽しみにしております。

※この仕事は募集終了いたしました。ご応募どうもありがとうございました。

同じカテゴリの求人

暮らしの「おさじ」に
本当に肌のことを考え、真摯に向き合うものづくり。スキンケアブランドOSAJI。
東京(吉祥寺・御徒町)、群馬・高崎
   2017/11/25〜12/9
隣人であるために
目の前の人とも地球の裏側ともいい関係。フェアトレード販売員とデザイナー募集。
京都、兵庫、大阪
   2017/11/22〜12/6
はじめての方へ       求人掲載について       運営会社       プライバシーポリシー       お問い合わせ