TOP>求人>We are here!

We are here!

※この仕事は募集終了いたしました。ご応募どうもありがとうございました。

お店をつくるのは、それをデザインした人でも、プロデュースした人でもなく、そのお店にいつもいる人なんだなと思います。

gungendo30
群言堂のお店は、働く人たちが日々、コツコツと積み上げたものでできています。道ばたに生えている季節の草花をいけたり、お客さんに向き合って接客したり。

いつも今ここに気持ちがあるからこそ、心地よい場所は生まれるのだと思います。

群言堂のお店で働く人、WEBメディアを通じて、商品の魅力を伝える人、群言堂の服作りに携わるパタンナーを募集します。

西荻窪の駅を降りて南口の小さなアーケード街を通り抜ける。少し歩くと群言堂のお店であるRe:gendo(りげんどう)が見えてくる。

群言堂は島根県の世界遺産、石見銀山の町を拠点にしながら、古い木造駅舎をお店にしたり、古い建物をコツコツ古材で改装して宿にしたり、全国の百貨店にはいったりして、素材や製法にこだわった服をつくって販売しています。それは表層的なデザインなどにこだわるだけではなく、心や体を整えるようなものです。

Re:gendoも昭和初期に建てられた古民家を改装して、洋服や雑貨などを販売し、食事も提供していて心地のいい空間になっている。

gungendo02
古い玄関の引き戸をあけると、すっと野草茶である「こうか茶」の香りがしてきた。中に入ると、六浦千絵さんと松場忠さんが迎えてくれた。

奥のテーブルに腰をおろして、ゆっくり話をはじめる。

まずは六浦さんの話を聞いた。コレド室町店で副店長をされている方。

「実は私ここRe:gendoのキッチンで働きはじめたのが群言堂に入ったきっかけで、2011年から2年間ぐらい勤めてました。だから西荻窪に降りると、今は古巣に帰ってきたような、ほっとする感じもあるんだけど、どうしてもちょっとぴりっとした緊張感もあります。その気持ちがだいたい8:2ぐらいの割合で自分の中にある感じですね。」

gungendo03
なぜ働きはじめたのか聞いてみると、話は学生のころまでさかのぼる。

「学生時代は、日本より海外に興味があったんです。フランスの歴史ある古い街とか、いつか暮らしてみたいな、と思っていました。」

「何かを美しく見せることに興味があったんです。それで大学を卒業してからは広告の制作会社に勤めていました。でも生活が不規則だったので調子が悪くなってしまって。美味しいごはんが身体に沁みるのを実感したので、今度はごはん屋さんで働こうと思ってRe:gendoの求人を見つけたんです。いい雰囲気だし、ほんと軽い気持ちでした。」

第1印象はどうでしたか?

「本社が山の中だし、会社名に『研究所』とつくし、ちょっとあやしいな、と思ったんですけどね(笑)」

「でも働きはじめてみると、本店のある石見銀山に興味がわいてきたんですよ。それで去年1年間は石見銀山に住まわせてもらいました。そこには私が昔から憧れていた街があったんです。コミュニティがあって、その中で暮らしが巡っているというか。たった一年間でしたが、お腹いっぱいになるくらい刺激的でした(笑)」

gungendo04
その1年間で感じたことってありますか?

「やっぱりまちの骨組みがしっかりしている。軸がある。暮らしという体幹がある。だからあとはどう伝えていくか。それは各々の役目なんだなって思います。」

どうやって伝えるものなんでしょうか。

「本店にいたときに、近所で摘んだ草を店でも家でも活けるんですよ。そのへんからぴっと取って、花瓶にさしたり。本店で働いた1年間では、それが当たり前だったんですけど、わたしは最初びっくりしたんですね。花って、買うものだと思っていたから。」

gungendo05
「しかも草花って、毎日毎日少しずつ変わっていくんです。一週間二週間でがらっと変わるんですね。だから、あの花活けたい、と思っても、もうないんですよね。そうやって日常に季節を取り込んでいることに感動したんです。」

なるほどなあ。そうやってお店も呼吸しているんですね。

「そうですね。たとえば拭き掃除もそうです。棚のほこりをとったりすると、それだけで空気が変わるんです。不思議なんですけど、ものが売れていない棚があるとしますでしょ。『動いていないな』と思って拭くと、お客さまが集まってくださるんですよ。」

「うちの代表の登美さんも『掃除は大事』とよく言うんですけど、それまではあんまり実感はなかったので。でも目の当たりにしてみると、腑に落ちました。」

もっと仕事内容について、具体的に聞いてみる。

「私たちの仕事はオリジナルの群言堂ブランドの服飾販売と、仕入れた雑貨の販売ですね。服に関しては、入荷作業をしてお店に並べて、お客さまのからだに馴染むものを提案する。」

gungendo06
「お求めいただくことになったら、大事にお包みして。ギフトの場合は、松場の実家はもともと呉服屋なので、たとう紙でお包みします。あとはディスプレイも考えますよ。什器を動かして、違う部屋のようにすることも。たとえばバレンタインのときは、想いを伝えるバレンタインにしようと思って、和紙の便せんをディスプレイしました。」

群言堂では「We are here!」という言葉を共有している。もともとは、はじまりの場所である石見銀山=hereだったけれども、どうにもそれだけではしっくりこなかった。でもだんだんとわかってきたのは、hereはそれぞれの場所ということだった。

どのお店も同じにすればいいわけじゃない。たとえば高尾のお店では、東京霊園があるのでお花も販売するようにしたり、近くにスーパーマーケットがないのでお豆腐や卵、納豆などを販売したり。そうやって、その場所でできることに寄っていくと、喜ばれてまたお客さんは来てくれる。

gungendo07
六浦さんは、We are here!を実践されている方だと思う。

「石見銀山から帰ってきて、変化したことが1つあって。わたしは、今は都内に住んでいるんですけど、今もお店に家の近くの草花を活けているんですよ。団地なので、そんなに立派なものが生えているわけじゃないですけど。」

「今、住んでる街を大事にしないといけない。以前は東京に住んでいるくせに『東京は疲れる』って言ってたけど、そうじゃなくて安らぐところもたくさんあるってことも、やっぱり伝えていかなきゃいけないなと思って。」

フランスの街を夢見ていた六浦さん。今はちゃんと『ここ』にいるのかもしれない。そんなスタンスが、お店をよくしていく。

となりで話を聞いていた松場さんは、六浦さんの話を聞いてこんなことを話してくれた。

松場さんはもともと靴をつくる仕事をしていた方だ。婿入りしてしばらくしてから、群言堂で働くことになった。今はGungendo Laboratoryというブランドの責任者だ。

「今はお店がたくさんありますけど、同じような場所をつくるというよりも、その場所に合わせることが大切だと思うんです。それは働く人も同じ。馴染まないといけない。」

gungendo08
「写真家の藤井保さんという方がいらっしゃって。うちによく来てくれるお客さんなんです。僕もまだここに立ってた頃なんですけど、藤井さんが『君たちもここのインテリアだよね』っていう話があったんですよ。風景に馴染むのが一番よくて。」

たしかに「こんなふうにしたらおしゃれでしょ」とか「こういうのが流行っているでしょ」というようにお店づくりをしていくと、それなりにお店には人が集まるのかもしれない。

でも群言堂の店づくりは、いかに場所に馴染むか。

「最終的にはオーナーがやっているお店が一番強いんですよ。だからその店にいる人が、みんなオーナーの感覚でやってもらうのがうれしいですね。そうすると『またこの人に会いに来たい』って思ってもらえると思います。」

gungendo09
オーナーが強いのは、自分の頭で考えて、試行錯誤しながらつくりあげていくからなんでしょうね。

「そうですね。群言堂は最適化し続けてきた結果なんだと思います。隣町に廃校になった小学校があって倉庫になっているんですけど、今までの什器が詰め込まれているんです。」

「あれが、うちの失敗の積み重ねだと思うんですよね。はじめからセンスがよかったわけではなくて、毎回試してみて、また変えていく。それをお店でもやってもらいたいと思います。」

なるほどなあ。そしたらもうすぐ湘南に新しくできるお店にも、その場所らしさがあるんでしょうね。

「そうですね。そこで働くスタッフが、その場所を感じて、群言堂を最適化していく感じでしょうね。すべて本部任せにしちゃうと味気ないお店になっていきます。」

gungendo11
「Re:gendoがオープンするときも、登美さんが3日間くらいいたんですけど、道ばたに生えている苔をはがしてもってきたんですよ。『あんた、いい苔いっぱい落ちてたわよ』って(笑)よく見つけたなあ、って思って、次の日気をつけて見ていたらたしかに苔がポコポコあるんですよね。ぼくは気がつかなかったですけどね。」

そんな松場さんも、群言堂で働きはじめて最初に任された高尾のお店では、店づくりから関わったそうだ。

「高尾がオープンする2ヶ月前に入社したんです。それで高尾の店長になって。『もういろいろ決まっているんだろうな』って思ったら、まったく決まっていなくて(笑)」

「うちの会社でもはじめての飲食店だったので、何聞いても誰もわからない。結局自分たちでほとんどやったような感じでしたね。コーヒーショップでアルバイトしたことがあったのでよかったです。」

今まで積み上げてきたものを受け入れつつも、その場所にいる人が考えて、形にしていくからこそ、いいお店になっていくのだと思う。

松場さんに、どうやってバランスをとっていくのか聞いてみる。

「分解することだと思いますよ。」

分解?

「まずは受け入れて、受け入れたものを分解していく。そうすると、これが膨らみやすいところだ、っていうのがわかってくるんですよ。そしたらそこを強くしていけばいい。」

gungendo10
「そういう思いでつくったのが『Gungendo Laboratory』というブランドなので。都会では供給しきれない里山の植物を材料と見立てて、それで染めることで、うちにしかできないものになっていくと思うんです。今は手探りなんですけど、ゆくゆくはほかには真似できないものになるのかなって思います。」

群言堂のお店は、いつもそこに人がいるように感じます。それは言われたことだけをやったり、マニュアル頼みの仕事では実現することはきっと難しい。

ぜひいくつかお店を訪ねてみてください。それぞれの風景があると思います。

最後に松場登美さんの言葉を紹介します。

「どういう心持ちで人がそこに関わるかによって、その場のパワーってものすごく引き出されてくるんです。そして私はいつも足下の宝を活かして暮らしを楽しむって言うんですけど。なにも離れたところに行かなくても、足下に宝がいっぱいあるんですよ。」

(2014/10/31 ナカムラケンタ)

群言堂(株式会社石見銀山生活文化研究所)
募集職種 (1) 販売スタッフ
(2) パタンナー兼パターン、生産管理
(3) グラフィックデザイナー兼コンテンツエディター
雇用形態 (1) 販売スタッフ
契約社員

(2) パタンナー兼パターン、生産管理
(3) グラフィックデザイナー兼コンテンツエディター
正社員もしくは契約社員
給与 (1) 販売スタッフ
日給8500円~ ※時給制もあり

(2) パタンナー兼パターン、生産管理
(3) グラフィックデザイナー兼コンテンツエディター
当社規定による
仕事内容 (1) 販売スタッフ
群言堂ショップ運営及び販売業務

(2) パタンナー兼パターン、生産管理
外注のパターン会社とのやりとりや社内 でのパターン作成と修正、サンプル出し、生産管理など多岐にわたります。

(3) グラフィックデザイナー兼コンテンツエディター
群言堂の商品、イベント、日々のことをオンライン、オフライン両方のメディアで発信していくこと
よりよいかたちで当社のあり方を伝えていく方法を一緒に考えていくことの出来る方を募集します。

オンラインメディア
オンラインストアおよび群言堂関連サイトの運営
コンテンツの企画・制作、撮影等

オフライン
各種印刷物の企画・制作、手配
勤務地 (1) 販売スタッフ
横浜そごう6F
小田急新宿店8F
日本橋コレド室町2F
湘南T-SITE(新店)
そごう千葉店9F
船橋東武店5F
池袋東武店6F
JR高尾駅店
丸井今井札幌店6F
おおたかの森SC(来春出店予定)
東武宇都宮5F

(2) パタンナー兼パターン、生産管理
(3) グラフィックデザイナー兼コンテンツエディター
石見銀山本社
勤務時間 (1) 販売スタッフ
9時間拘束(実働8時間) ※早番・遅番のシフト制

(2) パタンナー兼パターン、生産管理
(3) グラフィックデザイナー兼コンテンツエディター
8:45~18:00
休日休暇 (1) 販売スタッフ
年93日

(2) パタンナー兼パターン、生産管理
(3) グラフィックデザイナー兼コンテンツエディター
年間休日制(年105日)
応募資格 (1) 販売スタッフ
販売の好きな人。
基本、週5日働ける方。(勤務日数は、気楽にご相談下さい。)

(2) パタンナー兼パターン、生産管理
パターン管理やパターン作成を実務とされた方

(3) グラフィックデザイナー兼コンテンツエディター
各種メディアの企画・制作の実務経験のある方
(オンラインメディアの企画・制作に強い方が望ましい)
選考基準 特にありませんが、まじめで真剣な方。
求める人物像 (1) 販売スタッフ
わたし達の考えを理解、共感し、チームワークを大切にする人材。
何事にも前向きに努力し、新しい自分の可能性に挑戦する人材。

(2) パタンナー兼パターン、生産管理
(3) グラフィックデザイナー兼コンテンツエディター
私たちの考えを理解、共感し、チームワークを大切にする方。
また石見銀山での暮らしを楽しめる方。
募集期間 2014/10/31〜2014/11/14
採用予定人数 (1) 販売スタッフ
上記各店舗1~2名。 あくまでも人物次第です。
(2) パタンナー兼パターン、生産管理
(3) グラフィックデザイナー兼コンテンツエディター
1名
選考プロセス (1) エントリー
まずは下記より応募・問い合わせください。ご応募頂きましてこちらから履歴書送付先、担当者をご連絡させていただきます。
 ↓
(2) 書類審査
履歴書を送付してください。書類審査通過者のみご連絡、不採用の場合は、書類返送致します。
 ↓
(3) 面接
書類審査後、通過者にはご連絡を差し上げます。面接の日時、場所、方法などを設定させていただきます。
 ↓
(4) 採用
面接させていただいた全ての方に、採用、不採用のご連絡させていただきます。
 ↓
(5) 入社
採用された方は、スケジュール調整をさせていただき、入社していただきます。(試用期間2ヶ月)

※次の選考ステップに進まれる方のみご連絡させていただきます。
※取得した個人情報は、採用選考にのみ使用します。
※不採用についての問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。
その他 まずは気軽にエントリー下さい。
福利厚生:社会保険完備、交通費全額支給、役職手当有り、半年の面談により寸志・昇給有り

過去の募集もご確認ください。
暮らすように働く(2012.12)
暮らし方をデザインする(2013.3)
石見銀山を纏う(2013.6)
石見銀山を伝える(2013.12)
暮らしと向き合う(2014.4)

※この仕事は募集終了いたしました。ご応募どうもありがとうございました。

同じカテゴリの求人

ようこそ、いらっしゃいませ
誰もが知っているあの仕事。人と接するのが好きなら、経験がなくても大丈夫。
東京、埼玉、山梨
   2017/3/27〜4/10
こんにちは、こんばんは
今日食べたいもの、今晩飲みたいものをつくる。リトルトーキョーで週1から働く。
東京・清澄白河
   2017/3/25〜4/8
はじめての方へ       求人掲載について       運営会社       プライバシーポリシー       お問い合わせ