TOP>求人>設計そして不動産へ

設計そして不動産へ

※この仕事は募集終了いたしました。ご応募どうもありがとうございました。

家をつくった夫婦に隣る設計士。

Style&Decoはこんな距離感でリノベーションを行っています。

7
家づくりは、暮らしづくりにつながるもの。

ハウスメーカーや建築士といった“誰か”に与えられるのではなく、住む人自身がつくっていくのだと思います。

お客さんとの顔合わせから、設計、引き渡しまで。リノベーションを一貫して行うEcoDeco(エコデコ)。

運営する株式会社Style&Deco(スタイル&デコ)では設計士とリノベーションコーディネーター(不動産担当)、さらにはその両方を手がけていく人を募集します。

暮らす人と生のやりとりをしながら、不動産物件や設計図を「これですか?」と差し出していく。

そうして、暮らしづくりのお手伝いをする仕事です。

東京・恵比寿。駅から歩いて五分ほどのところにStyle&Decoはあります。

2
Style&Decoは、2006年に代表の谷島(やじま)さんが立ち上げた会社。

当初の事業は建築家の営業代行。

「あるとき知人から『住まいを探しているのだけれど、自分に合った物件が見つからなくて困っている』という相談を受けたんです。」

「新築物件を探し続けるよりも、中古マンションを買って、内装を自分らしくつくりあげた方がいいんじゃない?と提案したんです。それで物件探し、ローンの借入、施工まで。一つ一つ知人と手探りで進めたことが、リノベーション事業EcoDecoのはじまりです。」

3
この8年間で、リノベーションを取り巻く環境は大きく変わったといいます。

「当時はリノベーションという考え方が知られていませんでした。よい物件を見つけても、不動産屋さんに『リノベーションとは?』その説明が必要だったんですね。」

リノベーションはいま、成熟期に入りつつある。

メディアで取り上げられる機会が増えた。家を探す人にとっても、新築、リフォームに並ぶ第3の選択肢として、認知されるようになってきた。

「お客さんにとっての敷居は下がった一方で、求められる仕事の質は高くなったと思います。」

そこで大切になるのが、不動産と設計の重なりを広げること。

「物件探しからローン借入までを担当するのが、リノベーションコーディネーター(不動産担当)です。物件が決まった後は設計士へと引き継ぎます。お客さんによい暮らしをしてほしい。そう考えると、自ずと不動産にも設計にも関心が湧いてくると思います。」

たとえばコーディネーターが内見を行う際。

お客さんからは「この壁壊せるんですか?」「キッチンの場所は移せるんですか?」そんな質問を受けることもしばしば。

4
基本的な質問には、その場で応えることも必要。

だからこそ谷島さんは、自分の仕事の幅をどんどん広げてほしいと話す。

オフィスでは、コーディネーターが購入前の物件のリノベーションイメージに頭を悩ませていると、設計士がひょいと顔をのぞかせたり。コーディネーターが設計士に質問をする姿も見えた。

さらに、コーディネーターと設計士を一貫して手がけるスタッフも現れました。

2013年の1月に入社した岡野さんです。

出身は滋賀県。大学で建築を専攻した後に、大学院へと進んだ。

「大学では、『よい建築とは何か?』と考えて、コンセプトを建物に落とし込んでいく。そうした建築を考えてきました。けれど、体が気持ちいいと感じる建築とはズレがある。どうやら建築だけを学んでも見えてこない。大学院では、総合芸術の道に進んだんです。」

5
その後は、インテリアショップのイデー(IDÉE)で働きはじめる。

色々な部署を回り、接客販売から営業、家具や空間のデザインまで。ありとあらゆる仕事を経験したという。

「店舗で接客販売もしました。『どんな暮らしをしたいんですか?』とたずねることで、ほんとうにほしい家具がわかることもあります。イスを求めてきたお客さんが、ダイニング一式を買うこともありましたよ。」

「また定番の家具で収まらない方には、オーダー家具を提案からデザインまで担当しました。工場検品、納品、メンテナンスも行いましたね。」

10年間働いたときに、自分は長い目でどんな仕事がしていきたいのか。改めて考えると、2つの軸が浮かんできた。

「一つは実際につかう人の声を聞きながら、つくりたかったんです。それから、ライフスタイルのコーディネートをしたいと考えたとき、家具に限らず空間をベースにしたいと思いました。」

そうしてStyle&Decoに出会う。

「雰囲気が元気で、いい空気が流れているなと思ったんです。あまり違和感を感じなくて。」

不動産と設計の両方を手がけたかったという。

「設計士は、すでに物件が決められた中で仕事をしますよね。もちろん、そこでできることは色々ある。けれど物件選びから関われると、より選択肢が広がり、実現したい暮らしにも近づくことができます。」

入社すると、まずは設計を担当する。

「お客さんと接する上で大切なこと、現場で職人さんたちに気持ちよく仕事してもらうこと。そうした点は、これまでの経験がベースとなりました。あとはスケジュール管理や、施工にかかる予算感をつかむこと。お客さんと話しながら、慣れていきましたね。」

設計を担当したお客さんからも、確かな信頼をいただけた。そこで2014年4月から、コーディネーターと設計士を兼任することとなった。

実際にやってみるとどうでしょう?

「やることが色々あって、まず大変になりました(笑)。たとえば不動産の探し方です。宅建は取得しましたが、物件の良し悪しがわかるには、経験を重ねることが必要です。」

はじめて担当した案件では、吉祥寺の物件を見つけた。

代表の谷島さんに何気なく見せると、普通では考えられない好条件の物件だったようだ。急いで物件へ足を運んだ。

谷島さんからは、不動産選びは“宝探し”だと言われるそう。

「物件を条件検索するだけなら、誰にでもできます。一枚の図面から、バルコニーでお酒を飲む姿、子どもが遊ぶ姿。そこではじまる暮らしを妄想して、お客さんに伝えていくんです。」

お客さんの希望に応えるには、色々なエリアを知ることも大切になる。

どんな雰囲気のまちか。買い物はどこでするのか。子どもが遊べる公園はあるのか。考えることは多い。

「一生に一度の買いものだからこそ、責任はつねに感じますね。」

たとえば、と岡野さんは続ける。

「お客さんが、お風呂にこだわりを持っていたとしますよね。古いマンションの浴室は、コンクリートの躯体(くたい)壁で囲まれていることが多いんです。内見のときに『この壁は壊せますか?』と聞かれて間違った情報を伝えてしまうと、望む暮らしが実現できなくなります。適当に『はい』『できると思いますよ』とは言えません。」

「宝探しの妄想と責任ある現実。その両方を抑えたところに楽しさがあると思います。」

6
責任のある仕事をした上で、最後に決めるのはお客さんだという。

「僕らはお客さんの希望をもとに、『この間取りならこういう暮らしができますよ』と暮らしの可能性を示すことが役割です。求められる材料は用意しますが、最後に決めるのは、そこに暮らす人です。」

お客さんが自ら考えること。そこにリノベーションの意味があるのだと思う。

「僕らの提案通りに住むのなら、建て売りを選ぶのと変わらないかもしれません。“家を買った”よりも“自分たちでつくった”という感覚なのかな。自分たちはどんな家で、どんな暮らしがしたいのか。悩んで、ときには家族同士ぶつかって。でも引っ越しを終えて、振り返ると楽しい思い出なんですね。」

ここで岡野さんは、設計を担当した事例を紹介してくれた。

ご夫婦に小さい子どもという3人住まいのUさん。

7.
「お客さんがリノベーションの過程を楽しんでくれたんですね。家づくりは、最初の顔合わせから引き渡しまでに一年かかることもあります。長いお付き合いです。家づくりに伴う家族の成長を『お家探しの旅』というブログに書き、最後は家づくりを一本の動画にまとめたんです。」

ブログには、リンゴ箱を使って収納をつくったこと。家族でお揃いの革スリッパをつくったこと。自分たちも家づくりに取り組んだ様子が伝わってくる。

そして仕上げとなる壁面ペイントは、夏休みに家族全員で行った。

家づくりを通して、家族や暮らしがつくられるのだと思う。

そこで岡野さんは、壁面ペイントをお盆に合わせるようスケジュール管理を進めていった。

リノベーションという家づくりを通して、暮らしづくりに関わるStyle&Deco。

10.
どんな人と働きたいのでしょう。

再び代表の谷島さんに話をうかがいます。

「もっと色々なことに取り組みたい。そう思う人にぜひ来てほしいんです。」

設計事務所で実績を積み重ねてきたけれど、不動産にも興味がある。

いずれは独立したいけれど、お客さんはどうやってつくるのか。

「不動産のこと、リノベーションのこと、会社をつくること。営業ってどうやるの?Style&Decoは、次へ進みたい人に伝えていける場だと思います。」

「業界を見渡すと、リノベーションを一貫して行う会社は増えてきました。今後は、“誰と仕事をするか”がより大切になる。一人ひとりの顔が前面に出てくるようになると思います。」

今後は、色々なキャリアプランをつくっていきたいそうだ。

岡野さんのように、不動産と設計を一貫して手がけるスペシャリストを目指す人。

また、過去2回の記事に登場いただいた岡田さんは、設計のプロとして仕事を深めていました。

9
不動産や設計の経験がなくても、ほんとうにやっていきたいと思った人には、ぜひ応募してほしい。

「やる気があれば、働きながら学んでいくこともできます。わたし自身、不動産・建築を学校で学んだり、仕事にした経験はありませんでした。周りの設計士やコーディネーターに教わってきたんですね。どの職種でも、貪欲に仕事の幅を広げていってほしいです。」

その言葉の裏側には、こんな思いがありました。

「誰かに与えられたものではなく、自分の人生は自分でつくる。家づくりと同じです。不動産、設計、経営… アンテナの範囲が広い方が面白いと思います。ワクワクする感覚を共有して、将来は経営も一緒にやっていける。そんな仲間がここから増えていったらいいなと思います。」

向かっていけば応えてくれる。そんな場所がここにはあります。

(2016/3/8 大越はじめ)

株式会社Style&Deco
募集職種 (1)リノベーションコーディネーター
(2)リノベーションコーディネーターアシスタント
給与 弊社規定に基づく
※年齢、経験、能力を考慮の上、優遇致します。
待遇条件の詳細につきましては、面接などでご相談ください。
仕事内容 (1)リノベーションコーディネーター
サイトでの物件の紹 介、ブ ログなどでの集客、お問い合わせ対応、現地案内、
物件価格交渉、物件購入か ら設計担当のご紹介までの一連の流れを担当していただく仕事です。

(2)リノベーションコーディネーターアシスタント
物件のご紹介、お問い合わせ対応、現地案内、Webでの集客などを
リノベーションコーディネーターの指導のもとで担当していただく仕事です。
いずれはリノベーションコーディネーターとして活躍していただける方を募集しています。
勤務地 東京都渋谷区広尾1-15-7 アドビルディング3F
勤務時間 9:30〜18:30(休憩1時間15分含む)、残業あり
休日休暇 火曜・水曜定休、年末年始休暇
応募資格 (1)リノベーションコーディネーター
不動産・建築業界の経験がなくても大丈夫です。
また、販売もしくは営業経験(業種問わず)者の方歓迎します。
宅地建物取引士・不動産営業経験者優遇します。
※入社後、宅地建物取引士資格要取得

(2)リノベーションコーディネーターアシスタント
リノベーションコーディネーターと同様です。
不動産に対する知識がなくてもリノベーションに対する強い思いがあれば大丈夫です。
求める人物像 (1)リノベーションコーディネーター
ストレスのかかる飛び込みなどは一切ありません。
お問い合わせの大半がサイトからのお問い合わせやご紹介です。
余計な負荷がかからない分、ひと組のお客様と数ヶ月以上の長い期間を共に過ごすため、真剣にお客様のライフスタイルのこと、お住まいのこと、ご家族のことを考え られる方を募集しています。
業種は問いませんが、社会人として営業・接客経験のある方を募集しています。

(2)リノベーションコーディネーターアシスタント
リノベーションコーディネーターと同様です。
不動産に対する知識がなくてもリノベーションに対する強い思いがあれば大丈夫です。
募集期間 2016/3/8〜2016/3/22
採用予定人数 若干名
選考プロセス
まずは下記よりご応募・お問合せください
 ↓
書類選考
 ↓
適性テスト
 ↓
1次面接
 ↓
2次面接
 ↓
入社後、試用期間(スキルを考慮の上、3ヶ月または6ヶ月)


・次の選考ステップに進まれた方のみにご連絡させていただきます。
・取得した個人情報は、採用選考にのみ使用します。
・履歴書の返却はいたしません。
・不採用についての問い合わせにはお答えできませんのでご了承下さい。
その他 健康保険・厚生年金保険・年2回賞与・雇用保険・労災保険・通勤手当(上限1万円/月)・資格手当・役職手当・昇給あり・社員旅行あり

過去にもスタッフを募集しています。よろしければご覧ください。
「長いお付き合い」「夢を届けるリノベーション」

※この仕事は募集終了いたしました。ご応募どうもありがとうございました。

同じカテゴリの求人

いいひと、いいタオル
タオル屋さんで出会ったのは、また会いに行きたくなるような、いい人たちでした。
全国各地
   2017/8/23〜9/6
チームOnは夢をみる
スイスのランニングブランドを育てる、チームの一員を募集します。
神奈川・横浜
   2017/8/23〜9/6
はじめての方へ       求人掲載について       運営会社       プライバシーポリシー       お問い合わせ