TOP>求人>変化を信じて

変化を信じて

※この仕事は募集終了いたしました。ご応募どうもありがとうございました。

「人を育てるというのは、ただ単に何かを教えるということではなくて、能動的な主体者になってもらうということ。関わり合いの中で、変化を引き出していくことが大切なんです」

仕事をしていると、理想があってもうまくいかないことや、がっかりしてしまうことってたくさんあります。

一方で、働く中で想像もしていなかった自分の成長を感じることも。

まだ何ものでもない学生のときに、そんな自分と向き合う時間があったとしたら、その後の人生の糧になってくれるように思います。

今回取材したのは、一般社団法人EACH(イーチ)

img_0723
広島で半年間の大学生向けインターンシップのコーディネートをしています。

社会人としてはまだまだ未完成な若者と、企業との関わり合いを通して、それぞれによい変化を起こす。

企業と学生の間に立つコーディネーターを探しています。

特別な経験や知識は必要ありません。

半年間の関わり合いの中で、学生や企業のよりよい変化が引き出せるよう大事に丁寧に関係をつくる。地道な変化を信じ続ける仕事だと思います。



東広島市役所のとある会議室。
この日はEACHと東広島市が主催する学生向けインターン事業の説明会が開かれていました。

img_3581
熱心な後輩たちの前で、インターン経験者・松藤くんが、不動産会社でのインターンシップの報告をしてくれます。目標の設定から、そこにいたるまでの苦労、得られた経験の話。学生たちの一生懸命な視線がまぶしい。

部屋の後ろで話を聞いているのが代表の大森さんです。

img_3610
大阪でWEBマーケティングの会社「エピット」を運営しながら、去年の夏に故郷広島でEACHを立ち上げました。

大森さんは自分の会社以外でもいくつか役員を務めてきていて、その間企業側としてずっとインターン生を受け入れてきたのだそう。

広島県に依頼されたことがきっかけで、今度はコーディネーターとして学生と企業をつなぐ活動をすることになりました。

まずは大森さんご自身の学生時代の話をしてもらう。

小学校のころから委員会活動が好きで好きで仕方なかったという大森さん。授業には出席しないくせに、委員会活動には顔を出すというちょっと変わった生徒だったとか。

「学年委員や図書委員長、学級代表も。地味ながら自分で何か企画して実行していくのが好きだったんだと思います。」

そんな大森さんを、当時の先生やご両親が否定することはなかったそう。ときには手助けしてくれたり、自由に委員会活動のチャンスを与えてくれた。

専門学校生になった大森さんは、ある企業のインターンを経験する。

「資料を用意したり、自分なりに事業内容を話せるようにしていたら段々と信頼されるようになって。名前だけですけど新規事業室長っていう名刺をもらいまして。初めて給料をもらいました。2万円(笑)」

最初はみんなから“事業室長”ではなく“栄養失調”なんて呼ばれて可愛がられたそう。

若い大森さんは、たくさんの大人との関わりあいの中で社会人として成長していったと言います。

21歳のときには子会社2社の役員をさせてもらうまでに。さまざまな事業を経験したのちに独立してWEBマーケティングの会社「エピット」を立ち上げました。

「ぼくは大学も行ってないし、学校もまじめに行ってたわけではない。けど、自分のできることが伸びる環境をつくってもらってきた。自分で何かを決めていく、動かしていくっていうことに対して、自分でできるんだという実行感を育ててもらえたな」

大森さんがインターンから社会人になって十数年。自身のキャリアがどんどん変わっていく中で、変わらず続けてきたのがインターンの受け入れ。気がつけば関わった学生の数は100人以上にもなる。

img_0446
大森さんが人材育成にこだわる理由ってなんなのでしょう。

「ぼくの場合は子どものころから自分自身が活躍する場を見出してもらえた。学生インターンから役員をさせてもらった。たくさんの人に関わって、それがおもしろかったんです」

「1人1人の性質がポジティブに働く環境を、ぼくもつくれたらいいなと思って」

大森さんが“恩送り”としてはじめるインターン事業。

学生と企業、両方の関わり合いがポジティブに影響し合う場をつくりたい。

どのようにしたらそんな場にしていけるでしょう。それが今回募集するコーディネーターの腕の見せどころです。



立ち上がったばかりのEACHを支えているのは、コーディネーターの喜多さん。

コーディネート業務以外にも、企業への営業や学生の募集、研修の手助けなどさまざまな実務を行う、頼れるお姉さんです。

img_3620
コーディネーターの仕事は担当企業へのヒアリングからはじまるそう。

半年間で企業が目指すもの、学生のスキルや性質がうまくマッチングするように一緒にプログラムを考えていく。

「企業の大事にしていること、困っていること。ちゃんと言葉を交わして企業と感覚を共有していきます」

「そこから半年間の中でどういう成果を目指しましょう、毎月どんな目標を立てましょうということをディスカッションするんです」

たとえば喜多さんが以前担当した企業では、採用活動をしても人が集まらないという課題があったという。

じっくり話を聞いていくと、どうやら会社のホームページをリニューアルするタイミングらしい。社員紹介のページを設け、会社の魅力が伝わるようなページを学生につくってもらうことを提案したといいます。

このときインターン生として派遣されたのは2人。元気な弾丸娘と、大人しくて几帳面な男の子。

「弾丸娘な女の子がいろんな人に『話し聞かせてくださいよ!』って聞いて回って、実際の入力作業を几帳面な彼がやる。めっちゃ面白いページができたので、社長もすごく喜んでくれましたね」

インターン事業の中で忘れてはいけないのは、就労体験ではないということ。半年という時間の中で、学生たちにはきちんと課題解決を目指してもらう。

そして、そのための環境づくりのために、コーディネーターは各企業の中での人員配置を考えたり、担当者にインターン生との関わり方を伝えたりする。

「本当に何も知らない学生が入ってきて半年間で1人前になるっていうプロセスをその会社で組めたら、新卒も育てられるようになったということ。受け入れ組織自体をよくしていくことも私たちの仕事なんです」

この企業では最初に受け入れを渋っていた社員が、意外と面倒見よく、面白がってくれたという発見もあったそう。

お金が発生しない環境で活き活きと楽しそうに働く学生を見て、ハッと初心にかえる社員たちもいたと思う。

インターン事業は企業にも自信と気づきを与えています。

img_6515
そんなコーディネーターの仕事を、喜多さんは6年以上続けてきた。

EACHへ来る前は、大阪のインターン事業団体や私立大学でコーディネーターをしていたそう。

この仕事を目指すきっかけは何だったのでしょう。

「大学2年生のときに失恋して。何か見返してやりたいと思って長期のインターンをはじめたんです(笑)」

「でも、当時は就活で『あなたは何ができますか?』と聞かれても、何もない状態でした。自分に魅力が全然ないことに気がついて。自信なんて全然ありませんでした」

はじめて参加した長期インターンでは居酒屋の店舗開発に携わった。不動産を探すところから関わったお店でお客さんの笑顔を見たとき、自分が変われたのを感じたそう。

「自信のない自分から、人のために役に立てるっていう経験をさせてもらって。自信を持つことを誰かに知ってもらえたら嬉しいなって思うようになりました」

最初の就職では人材派遣の営業をしていたけれど、やはり教育の仕事がしたいとインターンの団体に入ったそう。

そんな喜多さんは、学生とはどんな関わり方をしているのでしょう。

「学生とは単にインターン生とコーディネーターという関係じゃなくて、その子がこれまでの人生で大事にしてきたこととか、これからどうしていきたいのかっていうことを最初の面談で深く話をして」

「関わる中でコンプレックスになる経験だったりとか、こんなつらい経験をしたということも打ち明けてもらえるような。そんな関係性をつくっていくのが大事かなって思っています」

img_0773-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc
ときにはお姉さんのように、ときには担任の先生のように大事に学生の面倒を見る。

毎日の日報を確認してコメントをしたり、元気のなさそうなときにはすぐに連絡をしたり。まだ不安定な学生たち一人ひとりが最大の力を発揮できるようにコーディネーターは応援し、働く環境を整える。

自分でもできるんだという自信は、きっとその子のこれからの人生を支えてくれると信じて。

「私の夢の一つが今年の秋に叶うんです」

夢?

「インターン生の結婚式に出席するっていう夢。この仕事の1つの指標にしていて」

そう話す喜多さんは、本当に嬉しそう。こちらまで笑顔になる。

「半年間で終わりではなくて、その後もずっと関わっていって、その子の人生の一助になれればと思っています。インターンうまくいったね、だけではない。本当にその子がどう生きていきたいのかというところまで真剣に考えていけたらと思います」

もっと深く話ができればと、キャリアカウンセラーの勉強もしたのだとか。

img_0539
新しく入る人には経験は必要なのでしょうか?

「今回はそんなスキルフルな人は求めていなくて。学生を相手にしてますから変化に柔軟に対応できたり、想いはあるんだけれども状況によって可変できたりする人のほうがうまくいくかなと思っています」

EACHは広島ではじまったばかり。まだまだ固まっていない部分も多そうだから、柔軟さが肝心なようです。まずは喜多さんの元で学ぶところから始まるそう。

最後に、コーディネーターに一番大事なことを聞いてみました。

「中には、この子もう無理なんじゃないかとか、この受け入れ担当者なんなのっていうこともあるんです。それでもこちらが関わり方を変えていったら、もしかしたら変わってくれるかもしれないなって諦めずに信じ続けること」

信じ続けること。

「それしかないです。途中で学生が辞めてしまったり、失敗してしまうときはすごい徒労感があるんで辛いんですけど。変わっていく学生さん、企業さんもあったりするのでね。やっぱりそれを信じてやるしかないかなと思いますね」

簡単なことではないかもしれません。

それでも企業や若者の未来がよいものになるように、変化を信じ続ける。

想いを持って働く人をお待ちしています。

(2016/11/11 遠藤沙紀)

一般社団法人EACH
募集職種 ・実践型インターンシップコーディネーター

コーディネーターは、インターンを希望する大学生と受入先である中小企業をつなげて、事業課題の解決と人材開発・組織開発に貢献する存在です。
弊団体の実施するインターンシップは、通常の短期(1〜2週間程度)の就業体験とは根本的に異なります。
6ヶ月間に亘り、新規事業の開発や課題解決のプロジェクトなど、ホンモノの仕事を遂行する実践的なインターンシップになります。
そのため、受入先企業の事業面・組織面の課題やニーズを把握し、事業発展のためにはどのようにインターンを活用すべきか、若手人材が成長し、活躍できる組織をいかに創っていくか、具体的なプロジェクトを企画、提案します。
マッチング後も、プロジェクトの進行をフォローし、学生のメンタリングや企業担当者のサポートを行います。

※少人数での運営のため、完全分業ではありません。
適性や志向などに合わせて、営業、広報、事務局等の仕事も兼務していただく可能性があります。
雇用形態 契約社員
給与 月給180,000〜250,000円
福利厚生 ・通勤手当(月2万円まで)
・各種社会保険等完備
仕事内容 (1)実践型インターンシップのコーディネート
  ・企業へのニーズ、課題のヒアリング
  ・インターンシッププログラムの企画提案
  ・インターンシップ参加学生の集客、企業とのマッチング
  ・学生の面談、メンタリング
  ・企業担当者へのプロジェクト進行サポート
(2)イベント運営、ファシリテーション
  ・インターンシップ説明会の運営
  ・各種セミナーの企画・運営
(3)その他、インターンシップに関連する業務
勤務地 事務所住所:広島県広島市中区中町2-22 中町SEED 207
※活動場所は広島市内を中心としています。一部、東広島市での活動もあります。
勤務時間 10:00〜19:00(休憩1時間)
※セミナー、面談等を19:00以降に実施する場合もあります。
休日休暇 ・週休2日制(土・日)※但し、土日に研修やイベント・セミナーなどを実施する場合もあります。その場合は振替休日を取得していただきます。 ・祝祭日 ・GW・夏季・年末年始休暇など ・有給休暇(入社後半年後に10日間)
応募資格 ・必要な経験・資格は特にありません
・未経験者・第二新卒歓迎
・普通自動車運転免許保有が望ましいが、なくても可
・出身地不問
選考基準 ・求める人材像との整合性
・EACHでの就業が、応募者ご自身のキャリアプランや将来のイメージに重なるかどうか
求める人物像 ・弊団体の理念、ビジョンに共感される方、また、それらに近しい原体験をお持ちの方
・決められた事をやるだけでなく、新しいことにチャレンジするのが好きな方、変化に柔軟に対応することが好きな方
・人とのコミュニケーションが好き、人の変化・成長を見届けるのが好きな方
募集期間 2016/11/11〜2016/12/09
採用予定人数 1名
選考プロセス まずは下記よりエントリー・お問合せください
 ↓
書類選考(履歴書・職務経歴書・事前課題※)
 ↓
面接(広島市内にて説明会及び面接)
 ↓
採用(試用期間3ヶ月あり)

※事前課題
・ライフラインチャート、価値観シートの作成
・適性検査の受検
(様式等はエントリー後に送付いたします)

【注意点】
・次の選考ステップに進まれる方のみご連絡させていただきます。
・取得した個人情報は、採用選考にのみ使用します。
・ご提出頂いた書類の返却はいたしません。
・選考プロセスは随時変更になる可能性があります。
・不採用についての問い合わせにはお答えできませんので予めご了承ください。
その他 団体HP
一般社団法人EACH(イーチ)

3ヶ月間のトライアル採用期間(待遇は別途規定)終了後、トライアル期間中の成果をふまえて面談を行い、双方の合意に基づき本採用となります。

書面や口頭での事前の話し合いはとても重要だと考えていますが、お互いが試しに仕事をしてみるというのが、双方にとって一番確実だと考えています。

弊団体は、全国的にみてもまだまだ特異な業務形態ですので、まずトライアルに参加していただき、スキルだけでなく「相性」といった部分を含めて双方が確認し合うこと、それによって次ステップ以降のコミットメントの内容や方法について合意のもとに進めていくことが、お互いにとって最善であると考えております。

そういった趣旨から、本トライアル制度を設定させていただいております。

※この仕事は募集終了いたしました。ご応募どうもありがとうございました。

同じカテゴリの求人

いつも、子どもたちの隣で
学校でも塾でもない。家族のように寄り添いながら、子どもたちの力を引き出す場。
東京・赤羽
   2017/3/26〜4/9
こんにちは、こんばんは
今日食べたいもの、今晩飲みたいものをつくる。リトルトーキョーで週1から働く。
東京・清澄白河
   2017/3/25〜4/8
はじめての方へ       求人掲載について       運営会社       プライバシーポリシー       お問い合わせ