TOP>求人>越境して未来へ

越境して未来へ

※この仕事は募集終了いたしました。ご応募どうもありがとうございました。

垣根を超える生き方が少しずつ一般的になってきました。

たとえば、都市と地域を結ぶ仕組みが整って自由な交流が生まれたり、LGBTに対する正しい認識が広まったり。

同じく「働き方」においても、垣根を超えることの可能性や価値が認められてきているように感じます。

一般社団法人RCFのみなさんは、まさにそんな働き方をしている方ばかり。

彼らの社会事業コーディネーターという仕事を紹介します。

%e3%80%90%e5%b7%ae%e3%81%97%e6%9b%bf%e3%81%88%e3%80%9114_ubs%e3%82%b3%e3%83%9f%e3%83%a5%e3%83%8b%e3%83%86%e3%82%a3%e6%94%af%e6%8f%b4%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%af%e3%83%88
身近に何とかしたい課題を抱えている方や、垣根を超える働き方に興味がある方にはぜひ読んでほしいです。


東京・永田町。

地下鉄の永田町駅を地上に向かうと、高速道路に沿って走る大きな道路に出る。このあたりには国会議事堂や首相官邸、諸政党の本部など、国の政治中枢機能が集中しているイメージがある。

路地裏の落ち着いた通りを5分ほど歩くと、RCFのオフィスにたどり着いた。

まずは代表の藤沢さんに話を聞く。

p1380927
もともと経営コンサルティングの個人事務所を構えていた藤沢さん。その仕事と並行して、ボランタリーベースでさまざまなNPO団体と関わっていたそう。

そこへ起きた、東日本大震災。

「NPOの仲間たちが、みな東北に向かったんです。自分も当然、何もしないという選択肢は0でした」

当初はNPOをサポートする任意団体として、持ち出しで活動を開始。

いざはじめてみると、大手企業や行政から次々と声がかかるようになった。

「震災前、あくまで間接的に地域をサポートしていた多くの企業が、直接貢献したいというスタンスに変わった瞬間だったと思うんです」

「『藤沢はNPOと関わりがあるし、企業との仕事も慣れているだろう』というありがたい口コミもあり。いただいた声に応えていたら、3ヶ月のつもりが5年経ってしまいました」

先日も、設立5周年の記念パーティーを開いたばかり。その場には100名以上の関係者が参加したという。

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a0_5%e5%91%a8%e5%b9%b4-1
東北のためになりたい。けれども、何からすべきかわからない。

そんな想いを抱えた企業やNPO、行政や民間など、異なるセクターの人たちをつなげることで新たな価値を生み出してきた。

「復興といっても、本当にもとに戻せればいいのか?まちの状況は大きく変わってしまいましたし、震災前から東北の産業には厳しい側面がありました」

「であるならば、現状に寄り添いつつ、こうしていきませんか?と逆提案していくことが必要です。単に困りごとに応えるだけでなく、新たな提案をしていくためにも、セクターを超えてつなげることにこだわっています」

たとえばリアス式海岸で有名な岩手・宮城の沿岸部では、一つひとつの湾ごとに独自の文化が形成されてきたため、以前は横の連携がほとんどなかったという。

ただ、課題は増えるばかり。少子高齢化に伴う後継者不足や、魚食文化の衰退、そして東日本大震災。この危機を乗り切るためには、「三陸」が一体となって協力していく必要がある。

そうして生まれたのがフィッシャーマンズリーグという団体だ。

2_%e6%9d%b1%e3%81%ae%e9%a3%9f%e3%81%ae%e4%bc%9a%ef%bc%88%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%ba%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b0%ef%bc%89
名産のカキとワカメを中心に、“SANRIKUブランド”を世界に向けて発信していくため、漁師さんや食品加工メーカー、非営利団体がタッグを組んで結成。商品開発や食育ツアーの開催など、精力的に活動を展開している。

ほかにも、Airbnb Japan社とともに進める民泊推進のプロジェクトや、被災地で働きたい人と人材ニーズをつなげる「日本財団 WORK FOR 東北」、キリン株式会社の食を通じた「復興応援 キリン絆プロジェクト」など。

こうしたプロジェクトがいくつも回っているという。

5_workfor%e6%9d%b1%e5%8c%97
「ぼくらがコーディネーターと言っているのは、コンサルタントに対するアンチテーゼなんです」

「従来のコンサルタントの主な仕事は、企画を立てるところまででした。ただ、ぼくらは企画だけで終わらずに、プロジェクトを実行していくところまで責任を持ちたい。その想いでコーディネーターという言葉を使っています」

動きはじめたプロジェクトの現場に、事務局として何度も足を運び、現地メンバーと話し合いを重ねたり、イベントがあれば運営のサポートや広報を行ったり。

総務省に申請をかけ、RCFのスタッフが地域に常駐できる仕組みまでつくって取り組むプロジェクトもある。

「とはいえ、長い目で見れば、継続的に実行していくのは現地の人たちなので。セクターを超えてつなぎ、基盤をつくったら引き継いでいく。常に一歩先を歩きながら、一歩後ろから支えていくような仕事ですね」

震災復興の文脈ではじまった活動は、テーマも地域も徐々に広がってゆき、今では全国各地の社会課題を扱うようになった。

「昨年は熊本で大きな震災がありました。我々が東北の震災で経験したからこそ伝えられることもありますし、フィッシャーマンズリーグのメンバーが熊本を訪ねて、ノウハウや当時の体験を共有する動きも出てきています」

「さまざまな社会課題に関われる面白さはありますね。ただ裏を返せば、本当に勉強が必要。最先端のテーマでもあるので、0からつくっていく大変さはあります。何でも好奇心を持って、自分で調べてみたいという人はいいと思います」


今回募集する社会事業コーディネーターは、厳密には2つの担当に分かれる。

ひとつは、既存のプロジェクトに関わるコーディネーター。そしてもうひとつが、新規事業の立ち上げに関わるコーディネーターだ。

前者はこれまでのお話でイメージが湧いてきたけれど、後者はどんな違いがあるのだろうか。既存と新規、両方の担当を兼ねる大槻さんに聞いてみる。

p1380970
「もっとも大きな違いは、既存の関係性がないことですね。コミュニケーションの対象もその都度異なるので、どういう文脈でどんな言葉を伝えるのがいいか、常に考えながら接していくことになります」

プロジェクトがある程度回りはじめれば、そこまで大きな差はない。それよりも、立ち上げの土台をつくるために、関わる人たちとの信頼関係をいかに築いていくかが重要だ。

外部との協働に慣れた企業が相手ならばスムーズに進むだろうけど、RCFが相手にする方々は本当にさまざま。こだわりが強く、協働に不慣れな地域の生産者さんもいるだろうし、行政には行政のルールがあったりもする。

「大事に思っていることが一個あって」と大槻さん。

「ぼくらの仕事って、うまくいかないことのほうが圧倒的に多いんですよ。いろんな年代やセクターの異なる人同士で、簡単に何かが決まることってまずないです」

「そのなかでも、諦めないことが重要で。どうすればうまくいくかを考え、絶えずやり続けること。メンタル的にも、さあ、次どうしよう?っていう発想に切り替えていけないと続かない仕事だろうなと思っています」

だからこそ、複数セクターの仕事を経験し、その難しさをよく知っている人。特に、チームやプロジェクトのマネジメント経験がある人に来てほしいそう。

「ぼくはもともとコンサルタントとして大手グローバル企業を担当していました。でもあるとき、彼らの利益を最大化していった先に、日本の社会にどんなメリットがあるのかなと思ってしまって。この仕事を続けていくなら、社会的な利益と経済的な利益の両立に挑戦する仕事を生涯かけてやりたいなと思ったんです」

「ここでの仕事は、世の中やほかのセクターにとってどんな意味があるかを考えながら取り組める実感があります。それに、社会課題を相手にするということは、結局ぼくらも受益者なんです。自分の生活につながっているから、自分ごととして取り組みやすいですよ」


この話に大きくうなずいていたのが、佐久(さきゅう)さん。

p1390021
「同じトピックに向き合ううちに仲間が増えていく感じがして。真面目な話ができたり、触発されて何かやってみようと思えるのはいいなと思います」

たとえば、どんなことを?

「わたしが一番最初に担当したのが、民間企業で経験を積んだ企業人を、社会的活動を行う団体へとつなげるプロジェクトでした」

「企業やNPO勤めの人たちと関わるうちに、『なぜ今そこで働くのか?』や、『NPOで働くにはどんなサポートがあったらうれしいか?』など、ざっくばらんに話す飲み会を隔月ペースで開くようになり。スピンオフして、1週間の合宿をやってみたり(笑)」

15644667_10211234648439042_1321946337_n
社外に限らず、社内にもいろいろなバックグラウンドを持った人がいるから、日々の議論が楽しめる。

地域のプロジェクトを通じて、移住に対する考え方まで変わったという佐久さん。RCFで力をつけ、プロジェクト支援先の地域に移住したり、ほかの企業・団体で活躍している人も実際にいるそうだ。

「2年前、RCFの今後の方針を決めるタイミングがあって。何かひとつのテーマに絞ったほうがいいという意見も出ましたけど、そうせずに、日本全体の社会課題に取り組む方針を貫いたんですね」

img_3565-1024x683
「今振り返れば、だからこそここまで幅が広がっているなと。日本のいろんな側面を知って、解決するために誰とつながり、どう推進していくかまで考えて実行できる。日本に関することが詰まっているなと思います」


最後にもうひとり紹介したいのが、こちらの若田さん。

熊本の現場に入り、震災復興のプロジェクトなどに携わっている方だ。

p1390034
以前はコンサルタントとして働いていた若田さん。週末には環境系のNPOの活動に参加していたという。

「根っこの問題意識は幼少のころからあって。自宅の目の前の山がいきなりブルドーザーに切り拓かれたんです。みんなで遊んだその山にはクワガタや植物がいっぱいいて、向こうには富士山が見えていました。けれども、その景色も新しく建った家に独り占めされてしまった」

どうにもできない力によって、大切な風景が崩れていくのを目の当たりにしてしまった。

コンサルティングの仕事をしていても、お客さんの成功はうれしいけれど、昔からの問題意識が解消していくことはなかったという。

「その点、この仕事はダイナミックですよね。国の制度から、都道府県、市町村と貫いて、地域の課題に直結している。中立的な立場で、一貫したイメージを持てる環境は珍しいと思います」

%e3%80%90%e5%b7%ae%e3%81%97%e6%9b%bf%e3%81%88%e3%80%9122_%e3%82%ad%e3%83%aa%e3%83%b3%e5%9c%b0%e5%9f%9fcsv%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%af%e3%83%88
どの方の言葉にも共通しているのは、垣根を超えること。

そしてもうひとつ、若田さんが「重なる」強さについて話してくれました。

「自分は地域への想いに軸がありますけど、大槻のようにロジックで固める人もいる。そういう人は国にどんどん政策提言をしていけばいいし、自分みたいな人は地域に足を運び続ければいい」

「ここには同じ価値観を持ちながらも、得意分野もスタイルも異なる人がたくさんいるので。その重なり合いでプロジェクトができていくところこそ、この仕事の醍醐味かなと思っています」

越境して重なる。未来の価値をつくり出す。そんな働き方にビビッとくる方をお待ちしています。

(2017/1/12 中川晃輔)

一般社団法人RCF
募集職種 (1) 社会事業コーディネーター:新規事業担当
(2) 社会事業コーディネーター
雇用形態 契約社員
就業規則の規定により6か月以上勤続の一定月に正社員への登用制度があります。
処遇条件は雇用期間の他に正社員と契約社員で差はありません。
給与 (1)(2)とも共通
年収想定 320万円~450万円程度(週5日勤務の場合)
福利厚生 ・業績により賞与年2回支給
・通勤手当上限5万円/月
・健康保険
・雇用保険
・労働保険
・厚生年金
・在宅勤務制度、ボランティア休暇制度あり
仕事内容 (1) 新規事業担当
・時節性・先進性のある社会課題の解決にむけ、企業(主として大手企業の社会貢献・CSR・CSV部門)や財団・行政等・非営利団体等と協働、社会的価値の高い新規事業の企画立案・案件組成
・事業実施に向けた対象地域の各種分析調査
・ターゲット選定・戦略策定
・東京および現地の連携候補先とのコンタクト、条件交渉・諸調整
・その他関連業務
(2) 社会事業コーディネーター
・企業/財団等が持つ社会課題解決のための事業に関するコンサルティング、および支援企画の提案
・地域の自治体や事業者、NPOへのヒアリングによる、課題、ニーズ把握
・支援に向けた企画立案(企画書の作成・提案、調査等)
・支援企画の実行支援(企業・NPO・地元市町村との連絡・調整、情報発信、報告等)
・その他関連業務
勤務地 東京(東北出張・滞在多数、仕事によっては現地での勤務もあり得ます)
勤務時間 9:00-18:00(休憩時間は12:00-14:00の間に60分)
休日休暇 週休2日制(土・日)、祝日、年末年始、慶弔休暇、有給休暇、生理休暇、ボランティア休暇
応募資格 ・1年程度以上勤務可能であること(3カ月の試用期間あり)
・普通自動車免許をお持ちであること
・無線LAN接続可能なPCを持参できること(PCの貸与はありません)
Windows:Win8以上、Mac:MacOS10.7.X以上
ウイルス対策ソフトインストール必須
求める人物像 【必須(MUST)】
・プロジェクトマネジメントのスキル(課題を設定し、計画立てて正確かつ迅速に業務を遂行した経験を有する方)
・若い小さな組織の中で、突発対応や急な変更などが発生しても主体的に課題解決に動けるフレキシブルなスタンス、スキルをお持ちの方
・多様なステークホルダー間でのマネジメントのスキル(複数の社内外関係者との調整・折衝経験を有する方)
【歓迎(WANT)】
・課題発見と解決策の立案など担うべき役割を理解し、主体的に取り組むことのできる方
・創造性・物事の整理能力/分析能力・コミュニケーション能力/プレゼンテーションスキルを持ち合わせている
・周りのメンバーを思いやることができ、チームとしてのアウトプットを出すことを意識できる方
・未経験の状況であっても積極的に動ける強い精神力をお持ちの方
募集期間 2017/01/12〜2017/02/10
採用予定人数 (1) 2名
(2) 若干名
選考プロセス まずは下記より採用説明会にご参加の上、ご応募ください。
※採用説明会への参加は必須ではありませんが、まだマイナーな職業である「社会事業コーディネーター」の働き方や社会的意義をより具体的にイメージいただきたいため、ご参加を強くおすすめしております。

(採用説明会参加)
 ↓
書類選考
 ↓
面接

適性検査
 ↓
採用(試用期間3ヶ月あり)

・取得した個人情報は、採用選考にのみ使用します。
・選考プロセスは変更になる可能性があります。
・不採用理由についての問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。
その他 私たちRCFは「社会事業コーディネーター」という新しい職業集団です。社会事業コーディネーターとは「社会の課題から、未来の価値をつくる」仕事。地域の主体となる住民、県/市役所等の自治体、そして企業、NPOといったセクターを超えた多種多様なステークホルダーと協業、黒子として社会をリードしています。

およそ月1回ペースで自社開催する採用説明会は実際に現場で活躍するスタッフが参加・運営します。1回あたり10人弱の小規模開催、双方向の会話が弾む大変アットホームな会ですので、リラックスして参加いただけます。ぜひ、まずは採用説明会で、お会いいたしましょう。

・もっとRCFのことを知りたい!という際はぜひ下記媒体もチェックしてください。

◎RCF公式サイト http://rcf311.com/

◎採用ブログ「社会の課題から、未来の価値をつくる仕事。」 https://rcfrecruit.tumblr.com/
スタッフ紹介やRCFバーチャルツアー(職場紹介)は「働く/成長する場所としてのRCF」についてここでしか発信していないコンテンツです。随時記事追加していきます!

◎公式Facebookページ https://www.facebook.com/rcf311/
ページ「いいね!」を押していただきますと、採用説明会開催予定やサイト更新情報をはじめとする新着情報や、関連情報を受け取ることができます。ぜひページや記事に「いいね」をしていただきますと幸いです。

◎公式Twitter https://twitter.com/rcf_coordinator
フォローしていただきますと、Facebookと同様に新着情報を発信するほか、関連つぶやきRTも行っています。

◎メールマガジン(月1回、11日前後に発行) http://rcf311.com/mailmagazine/
「月1回の【まとめ】」として、RCFサイトやSNSで特にアクセス高かった情報などを中心にお届けします。

◎藤沢烈ブログ http://retz.seesaa.net/
代表理事 藤沢の個人ブログ。視点や活動、考え、ブックレビューなど発信しています。
またNewsPicksではプロピッカーとして活動しています。
著書:「社会のために働く」 共著:「復興が日本を変える」等

※この仕事は募集終了いたしました。ご応募どうもありがとうございました。

同じカテゴリの求人

スポーツのチカラ
競い合うだけじゃないスポーツの持つ本当の力。まちづくり×スポーツを手がける。
新潟・寺泊
   2017/8/19〜9/16
カフェじゃないカフェの話
人、音楽、アート、食…交ざりあって新たな文化が醸成される場所。
沖縄・宜野湾
   2017/8/19〜9/16
はじめての方へ       求人掲載について       運営会社       プライバシーポリシー       お問い合わせ