TOP>求人>動き考え、考え動く

動き考え、考え動く

※この仕事は募集終了いたしました。ご応募どうもありがとうございました。

考えること、動くこと。

そのバランスは仕事によってさまざまです。

手を動かすことでアイデアを形にし、その過程で浮かんだ課題を考える。解決の糸口が見えてきたら、確信はなくてもまた手を動かしはじめる。

今回募集するのは、考えることと動くことの小さなサイクルを次々に回していくような仕事だと思います。

p1370766
茨城・常陸太田。

このまちに、とある一軒家の裏庭からはじまった会社があります。

株式会社ライジングプレナー。アンティーク家具の仕入れや修理、販売などを行っている会社です。

日本仕事百貨でも何度か紹介してきたこの会社で、古くなった家具を修理し、現代の生活によみがえらせるリペア職を募集します。


水戸と郡山を結ぶローカル鉄道「水郡線」の常陸大宮駅で降り、駅前からタクシーに乗り込む。

行き先を運転手さんに伝えると、「ああ、ライジングプレナーね」と一言。地元の人にはよく知られた会社のようだ。

15分ほど走ると、ライジングプレナーの四角い本社と三角屋根の工房が見えてきた。

p1370634
真っ白な本社屋は今年できたばかり。2階に事務所があり、1階は家具の展示会場となっている。

展示会場の一角に腰かけて、まずは代表の岩間さんから話を聞くことに。

p1370923
岩間さんがアンティーク家具にはじめて触れたのは26歳のとき。骨董屋で出会った和箪笥に惹かれて15万円で購入したものの、別のお店では7万円でより質のいい箪笥が売られているのを見つけてしまった。

「そのとき逆に、目利きの力さえあれば商売になると思ったんです。安く仕入れて修理し、付加価値をつけてネットで販売する。サイドビジネスとして裏庭ではじめました」

その後、この仕事にのめり込んだ岩間さん。居ても立ってもいられなくなり、8年勤めた会社をやめて独立する。

「ひとりでやってたんですけど、働きすぎちゃって。人を雇うことにしたのが最初の転機でしたね」

当初は自分を助けてもらうために雇い、経営が悪化したらやめてもらおう、くらいに考えていたそう。

ただ、雇った2人のスタッフが予想以上に一生懸命働いてくれたことで、考えが変わったという。

「それからですね、ビジネスとして真剣に取り組むようになったのは。一度雇った以上は、約束した金額は何があっても払わなきゃいけない。そう思って組織づくりをはじめました」

「個人でやる分には食っていければいい。でも経営になった途端、投資が必要になります。人を雇って規模も拡大しつつ、未来に投資する。日々真剣勝負ですよ」

p1370646
立ち上げから7年が経ち、従業員数は40名を超えた。家具の在庫は4000点以上。

けれども、これでもまだまだ足りないそう。

「ネットでものを売るとき、地域って関係ないんですよね。現に日本全国から注文をいただいています。ただ、センターテーブルがほしいと思って検索しても、うちでは数件しか出てこない。それって実は規模が小さいんじゃないかと思うようになったんです」

「売上げを伸ばすには、商品をよく見せたり、付加価値をつけたりと、いろいろテクニックもある。だけど、なんだかんだ言って品揃えと価格が一番大きいんじゃないかと。スタッフも50~60人と増やし、在庫も3倍ぐらいには増やしたい。お客さまが選べるだけの品数と買いやすい値段にしていきたいというのは、ここ数ヶ月で腹をくくって取り組んでるところですね」

工房のスペースも徐々に拡大していて、作業ブースは16部屋、実質30人が働けるほどの広さがあるという。

%e7%ac%ac%ef%bc%91%e3%83%96%e3%83%bc%e3%82%b9
ライジングプレナーがユニークなのは、そんなビジネス的気質と並行して、柔軟に挑戦できる環境が育まれていること。

「なんでも挑戦してみようというノリはあります。『同じ人間がつくったんだから、がんばればできるんじゃない?』ってね(笑)」

たとえば、専門的な技術を必要とする伝統工芸の金具にも一から挑戦。専用の道具がなかったため、硬い金属が使われている釘抜きを成形して、専用のたがねをつくるところからはじめたという。

%e9%87%91%e5%85%b7-2
和箪笥にはじまり、高度な技術を要する部品や海外製の家具、さらには人形の修理など。家具以外のものを扱ったり、新品の家具を一からつくることにも取り組みはじめている。

「できなかったことができるようになるのは楽しいですし、ビジネス的にも他社にはないアドバンテージになります。『時間はかかっても、失敗してもいいからやってみよう』といつも言っています」

展示会場を本社1階に設けたのも、インテリアの販売や店舗ディスプレイの経験者がいたわけではない。長く使う高価な買い物だからこそ、お客さまに直接見て買ってもらえる場をつくりたいと思い、試行錯誤しながらこの空間をつくりあげた。

p1370828
「今週末も20組ほどいらっしゃる予定です。半分は県外からのお客さまで、お買い上げいただく成約率も高いですね」

「お客さまも喜んでくださるし、社員もお客さまの顔が見えるので、自分たちが必要とされていることを感じられますよね。その意味でかなりいい効果があるなと思っています」

柔軟にやってきたからこそ、できることが増えて規模が拡大してきたとも言える。

リペアの現場に目を向けても、マニュアル化できる仕事は基本的にない。

「古くなった家具を目の前にしたときに、何をどうすべきかを自分で考え、行動に移して形にしていくのがこの仕事の本質。同じ家具はひとつとしてないですから。1から10まで教えてくれるのが当たり前と思う人は合わないですね」

p1370724
「新人の教育も、以前は簡単なものの修理から任せてたんですが、今は一番難しいものから取り組ませていて」

それはどういう意図で?

「ボロボロの家具には全部詰まってるんです。どこまで直して、どこは直さないか。判断にあふれている。なので、一番ボロボロな家具をばらして組み立てられるようになれば、だいたいのことは応用できるようになります」

「聞かれれば教えますよ。聞くのもその人の力だから。あとはその人次第です。『めんどくさい』と思うか、『ここまで自分で考えてやっていいんだ!』と楽しめるか。そこが大きな分かれ目になるんじゃないですかね」


昨年入社した阿部さんも、最初にいきなりボロボロの箪笥を渡されたそう。

p1370881
「頭が真っ白になりました(笑)。どうしようかと思いましたよ」

「ただ、やってみればなんとかなるものです。少しずつ質問する回数も減っていき、いつのまにかひとりで作業していました。“なんとかなる”経験を繰り返すうちに、今回もなんとかなるって思えるようになるんですね」

新人のうちは、共同の大部屋で先輩や同僚とともに働く。1年もすると個別の部屋を割り当てられ、集中して作業できる環境が整っているという。

p1370697
大学時代に木彫を学んでおり、素地はあったという阿部さん。

「木を彫ることばかりしていて、まったく就職活動をしていなかったんですね。で、卒業してからどうしようか考えて。貯金を使いながら、就活も兼ねてあちこちを旅して回りました」

けれども、ピンとくる場所は見つけられなかった。

今度はどうしようか。そんなことを考えていたとき、知り合いから日本仕事百貨の記事を紹介され、ライジングプレナーを受けることに。

0から生み出すのではなく、直す仕事についたのはなぜだったのだろう。

「地元が新潟なんですけど、大学から近い燕三条市が刃物の名産地なんです。自分で使う刃物はそこで揃えていたので、鍛冶屋さんとやりとりするうちに道具にも興味が出てきて。いろんな道具を扱える仕事がいいなと思ったんです」

道具への興味が先だったんですね。

「そうですね。今は全部で70本は持っていると思います。このあたりは神社やお寺の境内で開かれる骨董市もけっこうあるので、個人的にはそういう楽しみもあります」

%e9%aa%a8%e8%91%a3%e5%b8%82%e9%a2%a8%e6%99%af
工房スタッフでも、刃と柄の部分を別々に買っているのは阿部さんだけだという。

「仕事が終わってからも夜な夜な削ってますよ(笑)」と岩間さん。

阿部さんのように道具が好きだったり、歴史や文化への興味から入るのもありだと思う。どんな形であれ、ここでの仕事を自分の興味と重ねながら取り組める人がいい。

阿部さんはどんな人と働きたいですか。

「興味を持ってなんでも話せる人。家具ひとつとっても、この傷はどうやってついたのか。ありえないところにシミがあるな、とか。話していると、商品に対する見方、感じ方が変わってくるんです。自分たちが何を考え、何を直しているのか再確認することになるので」

そこへ工房長の刈谷さんが言葉をつなぐ。

「たとえば、木目がきれいに見えるようにつくられているのを発見すると、昔の職人と対話している感じがして。業務にぐっと深みが出るというか、楽しくなってきますよね」

p1370993
「丸い形をつくるにしても、糸ノコでガーっと切ったり、少しずつかんなで削るとか。引き出しは無限にあります。モノと対話しながら、そのなかで最善のものを選ぶ。知識よりもひらめきやアイデアが大切な仕事です」

過去に思いを馳せること。

それと同時に、現代の生活を見つめる視点も必要だという。

「古物を現代の生活にいかに取り入れるか。たとえば一番上の引き出しが欠損した箪笥は、元通りに直さず上段をオープンシェルフのようにして、レコーダーの入るテレビボードとして販売しています。幅の広い衣装箪笥は現代では使いづらいので、引き出しを小分けにしたり」

奥行きがありすぎる食器棚は、お皿の出し入れに不便なため、後ろ20cmを切断してリメイク。余った20cmの部分は廃棄する予定だったけれど、刈谷さんが改良し、壁掛けラックとして有効活用することができた。

p1370896
岩間さんは、「独りよがりにならないこと」を念頭に置いているそうだ。

「一般的に、アンティーク家具は当時の姿を残していることが良いとされるので、これらは邪道と言われかねない商品です。でも一方で、その考えは業界全体として美意識が凝り固まっているという見方もあります」

「固定観念にとらわれず、お客さまによろこんでいただける商品をつくれないかな?と考えて、つくってみる。うちの面白さはそこにあると思うんです」

個人の裁量は大きい職場だと思う。それは同時に、相応の責任を持つということも意味する。

「どんなふうに直して、いくらで売るか。そこまでをみんな考えながら取り組んでいるんですよ。それって一従業員というより、経営に近いほうに足場があるのかなって。ある意味、一人ひとりが個人事業主のような感じですね」

p1370801
どれだけ会社の規模が広がっても、ルーティンワークをこなすような仕事はないはず。

むしろ拡大している今こそ、個人のアイデアと行動力で事業の幅を広げていける人が求められているように感じました。

経験は問いません。新卒でも大丈夫。

自分の頭とからだをフル活用して働きたい人はぜひ応募してください。

(2017/1/7 中川晃輔)

株式会社 ライジングプレナー
募集職種 アンティーク家具の修理・修復・木工業務全般
(未経験でも可)
※別の職種で応募を検討いただく方も下記よりエントリーください。 フィニッシング(仕上げ)・広報・カスタマーサポート業務があります。
雇用形態 正社員
給与 【基本給】
1年目:160,000円以上(年収 約300万)
   (試用期間中は基本給128,000円からスタート)
2年目:168,000円以上(年収 約330万)
3年目:176,000円以上(年収 約400万)
4年目:192,000円以上(年収 約460万)
5年目:208,000円以上(年収 約490万)

・残業、休日出勤時の割増賃金の割増率は5割増
・年2回賞与あり
 (勤続4年以上は2ヵ月分。3年目までは実績による。)
・年収は、標準モデルとして<残業等月間60時間、3年目以降住宅手当3万円及び子供手当2万円(2人)を受給する>として計算(いずれも通勤手当を除く)
・在庫数が直接売上げに結びつくため、常に月平均60時間ほどの残業があります。時間外労働をお願いする代わりに、事前申請による定時退社をしやすい環境を整えています。

※業務の基本的な技術を会社が教えますので経験がなくてもOKです。ただし、基本技術を習得した後は、ご本人の頑張りとセンスが必要です。
※作業技術・スピード・会社への貢献度など、総合的な実力に応じて随時昇給があります。初年度は給与水準が低めですが、個人の努力や実力は、確実に給与へ反映いたします。試用期間中は特に、努力する姿勢を重視します。
福利厚生 ・社会保険完備
・家賃補助制度(入社半年以降、当社規定に応じて、家賃の30~50%を会社が負担。遠方から引っ越される方が対象。現在12名が制度を利用中。)
・住宅手当(入社半年以降、当社規定に応じて、月最大3万円を支給。)
・社有車貸出制度(月2万円で社有車をレンタル可。保険・車検代は会社負担。入社日前からの貸出も可能。)
・通勤手当(当社規定に応じて、月最大2万円を支給。)
・子供手当(入社半年以降、1人につき月1万円を支給)
・制服支給
・健康診断
・メンタルヘルスケア
・必要資格取得費用支給
・リフレッシュ休暇
・食事会(昼食費会社負担。部署間交流のため、月1回平日昼食時(12:00~12:50)に実施)
・社員割引制度
・慶弔金制度
・退職金制度(勤続5年以上)

・面接時、交通費支給(上限5千円)
・面接時、昼食(弁当、飲みもの)支給
仕事内容 古い和箪笥からイギリスアンティーク家具まで幅広い、古今東西のアンティーク家具の修理・修復。工作機械等も使いつつ、一点一点手作業で仕上げていく仕事です。
※ 工房内は冷暖房・空調システム完備で快適な作業環境です
※電動工具等は一人に一式を用意しています
勤務地 313-0106
茨城県常陸太田市下利員町914番地
勤務時間 9:00~18:00(休憩時間 12:00~12:50/16:00~16:10)
残業時間 18:15~20:15(残業時休憩時間 18:00~18:15)
※残業及び休日出勤の平均は、月間60時間
(固定残業日<火・水・木>の残業時間及び、隔週土曜出勤時間を含む)。
※入社後一定期間は、仕事に早く慣れて頂けるよう、1時間早く出勤してもらいます。終了時期は、作業の精度やスピードなどを考慮して、工房長が判断します(目安は3~6か月程度です)。
休日休暇 土曜・日曜・祝祭日定休(他事前申請で休日取得OK)、GW、夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇、有給休暇、特別休暇、リフレッシュ休暇(勤続2年以上の方で、年1回2~7日間取得可能)、他希望相談
※ 隔週土曜日に休日出勤をお願いしていますが、事前申請で休日を取りやすいよう配慮しています。
応募資格 ・当社の仕事にやりがいを持って働きたい方であれば、経験は問いません。
・通勤用として、普通自動車運転免許(AT限定可)が必要です。

※学歴不問
※未経験・新卒・第二新卒歓迎します!
選考基準 ・当社の仕事にやりがいを持って働けるかどうか
・ご自身の興味のある分野や特性・スキルなどが当社の仕事に通じるところがあるか
求める人物像 ・当社の仕事にやりがいを持って取り組める方
・元気で健康な方
・ものづくりが好きで手先が器用な方
・仕事にひたむきな方
・自ら考えて動ける方
・緊張感をもって仕事に取り組める方

アンティーク一点一点の魅力を引き出しながら、現代の家具として新たな命を吹き込む仕事です。そのためには、指示通りにただ作業するのではなく、その家具にとって一番良いリペアを自らも考えます。木工の経験や知識はなくても大丈夫です。未経験からでも職人として技術を身に付けたい方、大歓迎です。
募集期間 2017/01/07〜2017/01/21
採用予定人数 1~2名
選考プロセス まずは下記よりご応募・お問合せください
 ↓
書類選考
 ↓
TEL選考
(遠方よりご応募の際、ご負担をできる限り軽減するため、書類選考後、お電話にて話し合う機会を設けております)
 ↓
社内見学・面接
 ↓
トライアル[実務]選考
(県外の方の場合、面接とトライアルを同日に行います。
トライアル後、必要に応じて面接を行います。)
 ↓
採用(試用期間3ヶ月あり)
・次の選考ステップに進まれる方のみご連絡させていただきます。
・取得した個人情報は、採用選考にのみ使用します。
・選考プロセスは変更になる可能性があります。
・不採用理由についての問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。
その他 【各Webサイトもご覧ください】
コーポレートサイト内求人ページ
アンティーク家具ラフジュ工房
ラフジュ工房サイト内インテリア写真集
RAFUJU MAG
アンティークギャラリー和音
丁寧な暮らし

過去にもスタッフを募集しています。よろしければご覧ください。
「まっすぐな家具屋」
「いま民芸」
「面立ちを写す」
「声に添う」
「古物に重ねる」
「魅力を引き出す」
「暮らしの家具に」

コラム第5回「その後、どうですか?」


2016 年 8 月事務所・ハウススタジオ新設・工房増設中。新事務所・休憩室の家具は工房スタッフが制作しました。 更衣室、鍵付きロッカー、休憩用テラス、喫煙スペースなど、働きやすい環境を整えています。

※この仕事は募集終了いたしました。ご応募どうもありがとうございました。

同じカテゴリの求人

わたしはたのしい
アウトドア家具やインテリアに込められた想いを伝え広める仕事です。
東京・蔵前
   2017/1/23〜2/6
暮らしの数だけある答え
みんなの平均80点は目指さない。住まい手の満点を目指すリノベーション。
福岡・大濠公園
   2017/1/23〜2/6
はじめての方へ       求人掲載について       運営会社       プライバシーポリシー       お問い合わせ