TOP>求人>心のおもむくままに

心のおもむくままに

「嘘を言いたくないんですよ。できることは最大限するし、できひんことはできひん。それはお客さんに対しても、スタッフに対しても、誰でも一緒のことやと思っています」

それは言い換えれば、自分の感覚に素直であり続けるということ。

取材を振り返ってみても、たしかに素直な人たちだったなあと思います。

P1510340
京都府宮津市。

南北に長い京都の北寄りに位置し、一帯を「丹後」と呼ばれるこのまちには、日本三景として知られる天橋立があります。

夏場は海水浴やマリンスポーツを楽しむ人々で賑わい、近隣には12もの漁港が点在。幻のカニと呼ばれる間人ガニや鬼海老、のどぐろに甘鯛、大とり貝に金樽いわしなど。若狭湾の内海・外海の恵みが凝縮された土地です。

天橋立画像
そんな丹後エリアを長年支えてきた株式会社にしがきは、スーパーマーケット事業を軸に介護福祉事業やリゾート事業など、60年以上にわたって幅広く事業を展開してきた会社。

リゾート事業にあたるマリントピアリゾート(以下、マリントピア)の新たな旅館でスタッフを募集しています。求めているのは、キッチン担当とフロント兼フロアサービス担当の2職種です。

料理や接客の経験よりも、まずは素直に心が動くかどうか。このことを頭の片隅に置きつつ読み進めてほしいです。


まず伺ったのは、マリントピアの一角にある食事処「天香(そらのかおり)」。

総料理長の大石さんから話を聞く。

P1510178
日本料理店の料理長などを経て、外資系ホテルの執行役員に。和食にルーツをもちながら、さまざまなジャンルの厨房を回るうちに、それぞれのテイストを取り入れていったそう。

「ぼくは宝塚で生まれて越してきたんですけど、丹後がすごく好きで。環境がいいし、人も自分に合っている感じがあって。ちょっとでも丹後を知ってもらいたいという気持ちでやらせてもらってます」

昭和25年の創業から、丹後一円で幅広い事業を展開してきた株式会社にしがき。

「決まり切った杓子定規な会社じゃないので。なんでもまずは提案してチャレンジします。一番あかんのは変化がないことかなと思いますね」

従来、マリントピアではリゾートマンションや戸建ての貸別荘などを運営。つまり、ターゲットの中心は富裕層だった。

より多くの人に丹後を知ってもらいたい。そんな想いから3月にオープンするのが、リゾート旅館「星音~ほしのおと~」だ。

IMG_0184
「そらのかおり」に「ほしのおと」。いずれも響きがいい。

この環境を五感で感じてほしいという。

「ここに来て、一番最初に驚いたのは星空で。すっごくきれいなんです。月がのぼると光の桟橋がびゅーっと伸びてきて、朝は太陽が反射してキラキラ光る」

「時間とともに変わっていく神秘的な景色を眺めながら、やっぱここに来てよかったなって。そんなふうに過ごしてみたいじゃないですか」

ロビーには、世界的に活躍する和紙デザイナー堀木エリ子さんの作品をあしらい、自家農園でとれた果実酒を振る舞う。中庭は六本木ヒルズのライトアップなどを手がけるデザイナーさんによって照らされ、各部屋では温泉に浸かることができる。

さらに、家具やアメニティなど、空間を構成する一つひとつの要素にもこだわっている。

「お客さんは家具で来るわけじゃないですけど、一個一個こだわりたい。選ぶのにもえらい時間がかかりました。ぼくは好きだな、と思える空間になりましたね」

旅館部屋
楽しそうに話す大石さん。

まず自分が好きだと思えること。料理にせよ、この土地にせよ、だから伝わるものがある。

「自家農園で愛情込めて育てた野菜だったり、自分たちで競り落とした魚だったり。そのストーリーがすごく重要で」

「一個一個、自分たちで手に入れたものが料理になる。ほしい食材があったら、自分で動くしかないんですよね。生産者さんとも話して、『こういうふうに使わせてほしい』とやりとりするなかで仲良くなる。するとすべてに想いが入ります」

20160628
どれだけ想いを込めるか。単に食材としてうまく扱えればいい、というわけでもないようだ。

「実は、募集をかけると頻繁に応募はあるんですよ。有名ホテルの料理長や、海外からも。ただ、採用には至らないことが多いんです」

それはなぜでしょう?

「すばらしい料理がつくれることもいいんですけど、それよりもお客さんといかに接することができるか。それを楽しいと思える人じゃないと厳しいですよね」

なんと、スタッフの平均年齢は23歳。女性が全体の8割を占め、未経験からこの世界に飛び込んできた人もいるという。

お金のことや集客、接客、予約受付にお会計。調理以外については担当を固めず、みんなで取り組む。

「料理も柔軟に変わります。パスタが食べたいと言われて、稲庭うどんで対応したり。それでもノーとは言いたくないというかね」

「『俺の料理は』と言ってもはじまらないですよね。お客さんに喜んでもらいたい」

オープンから3年が経ち、大石さんもお店も変わりつつあるという。

「ぼくはレアだったり、価値の高いものを仕入れていたんですけど、最近は女性スタッフも仕入れに行っていて。本物を使って本当にいい料理を提供する。その軸にやさしさが加わってきている感じがします」


今回募集する人は、基本的に「星音」のスタッフ。ただ、ローテーションのなかで「天香」でも働くことになる可能性があるそう。

そこで、一緒に働くかもしれないスタッフのみなさんにも話を聞きました。まずはこちらの白倉さん。

P1510492
大石さんいわく、市場でも可愛がられるキャラクターだそう。

「地元のおじちゃんに『この魚はこう料理したほうがいいよ』って教えてもらったり、『これおいしそうですね』と言ったら『食ってみいや』って10匹もらってきたこともありましたね」

長崎県出身で、大阪の専門学校を卒業後、フランス料理の世界へ。地元・長崎のホテルで働いていたときに大石さんと出会った。

「そのホテルの全国の統括総料理長が大石さんで、すごい人だなって。でも和食と洋食だし、一緒に仕事することはないだろうなと思っていたんです」

そこへ思いがけず大石さんからの誘いが。ただ、白倉さんは迷っていた。

「本当は料理人はもうやめようと思っていたんです。結構つらくて。でもせっかくそこで声をかけてもらったので、最後にもう一回やってみようとここに来たのが3年前。今はそんな気持ちもなくなりましたね。後輩たちもかわいいし」

「みんな素直で、取り繕わないというか。それだけは絶対条件。だからありのままな人がいいですね」

そう話しながら、何か思い出した様子の白倉さん。持ってきたものを開くと、それはアルバムだった。

イベントや食材の写真、真剣な仕事中の表情も。見守ってきた白倉さんのまなざしがそこによく現れている。

P1510368
「社長がよくそこのカウンターに座られてご飯を食べるんですけど。そのときにみんなが考えた料理を出したりとか、まかないからこれ商品化できるんじゃない?とか。社長と料理長が日ごろ成長を見守ってくれている、っていうのは感じます。なんだか学校のクラスみたいですね(笑)」

見守ってくれる人がいるから、挑戦できる。

白倉さんにとっての社長や大石さんがそうであったように、後輩にとっての白倉さんもそんな存在になりつつあるようだ。

昨年6月からここで働く中山さんが、あるエピソードについて話してくれた。

P1510456
「わたしがここに入って1ヶ月ぐらいのとき、白倉さんに『このかぼちゃを使って何かつくってみて』って言っていただいて。使う器から何から、すべて白紙の状態なんです。でも、任せてもらえたことがうれしくて、いろいろ考えて」

最初はかぼちゃのプリンやアイスを思い浮かべたけれど、もうちょっと印象に残るものにしたい。なおかつおいしくて、日々たくさんつくっていけるものがいい。

1から自分で考えるプロセスが勉強になったという。

「結局、おしるこをつくりました。スタッフのみんなに食べてもらって、おいしいと言ってもらえただけでもうれしかったんですけど、コースのデザートとして売り出そうということで、そのおしるこの写真が入ったポスターをリゾート内に張り出してもらって」

「入って間もないなか、こんなに自由につくっていいんだ!と思える経験をさせてもらえたので、わたしにとってあのおしるこはすごく印象に残っていますね」

新作デザート盛り
中山さんの話を聞いた白倉さんがぽつり。

「あれは本当においしかった。未だに味が思い出せるぐらい」

なぜ、1ヶ月の時点で任せてみようと思ったんですか?

「…感覚です(笑)。絶対に何かつくると思ったから。やってくれる感がありましたね」

たしかに。まだ入って1年経っていないとは思えない雰囲気がある中山さん。

普段は大石さんとともにカウンターに立って、魚を捌いたり、お造りを盛ったりしているという。

「父が和食の料理人で、職人さんという感じの人なんですけど。小さいころ、父のお店に食べに行った記憶がうっすらと残っているんです。それがいつしか自分の夢になっていて、気づけば自分も料理人になって。前だけ見て進んできた感じですね」

ここまで突き進んできたように見える中山さん。

実際に働いてみて、大変なことってありますか。

「前は大阪の料理店でも働いてましたけど、都会に比べて大変なことは圧倒的に多いと思います。自家農園からは土のついたままの野菜が大量に届いたり、生きたままのおっきな魚を捌いたり。持ち運ぶのは重いし、怪我をすることもあります」

P1510411
「一方でわたしにとっては刺激にもなっていて。都会の料理店では絶対に体験できないことが楽しいし、わたしはいい部分かなと思います」

聞けば、休みの日にも近くの牧場や農園を訪ねては、自宅で料理をつくったりしているという中山さん。誰よりもこの丹後を味わうからこそ、表現できる料理があるのかもしれない。


日も沈んだ取材後、料理をいただくことに。

カウンターの向こうには、大石さんと中山さんの姿が。インカムをつけて、厨房の人ともしばしばコミュニケーションをとっている。

P1510128
和食をベースに、フレンチやイタリアンなどさまざまなテイストが盛り込まれた料理の数々。

魚介類は地元の漁港で水揚げされたものばかりだし、野菜はほとんど自家農園でつくっている。

丹後をまるごといただく。そんな満足感とともに、気取らないやさしさを感じた。

P1510112
「いろんなところからいろんな人が集まったら面白いだろうな」と中山さん。

和食以外の料理人の方でもいいし、飲食経験がなくても大丈夫。何か自分なりに好きなことを追い求めてきた人であれば、ここでノウハウは身につけていける。

挑戦したいと思ったらぜひ応募を。決して楽ではないけれど、いろんな想いや悩みも素直に伝えれば、真摯に向き合ってくれる人たちが丹後で待っていますよ。

(2017/3/11 中川晃輔)

マリントピアリゾート
募集職種 リゾート旅館 「星音~ほしのおと~」
(1) キッチン(調理)
(2) フロント兼フロアスタッフ
雇用形態 正社員、パートタイム、アルバイト
給与 (1) キッチン:月給250,000円~489,000円
(2) フロント兼フロアスタッフ:月給280,000円~450,000円
(1)(2)共通 パート・アルバイト:時給850円~(業務内容により変わる)
福利厚生 昇給(年1回)
賞与(年2回・実績)
決算賞与
毎月ごとに売上賞与(インセンティブ)あり
交通費支給(規定内)
各種社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)
役職手当
制服貸与
社員寮あり(新築女子寮、男子寮、ファミリー寮)
まかないあり
研修制度あり
独立支援制度
従業員持ち株会
退職金制度
財形貯蓄制度
資格取得支援
自己啓発援助
別荘や温泉など運営施設の無料利用
会社保有のクルーザーの無料利用
仕事内容 (1) キッチン
・和洋中にとらわれない、創作料理。仕込み、調理。
・漁港へ行って自分たちの目で見て仕入れる魚の仕入れ。
・農園の野菜や果樹園のフルーツを活かしての調理。

(2) フロント兼フロアスタッフ
・予約管理、レストラン客室の清掃、ドリンクや料理をお客様へ提供。
・誠実に、笑顔で、お客様へ喜んでもらいたいという気持ちで仕事をできる方。

レストランスタッフとして担当部署はありますが、「調理は調理だけ」「ホールはホールだけ」ではなく
時にはお客様を客室まで案内したり、客室の清掃をしたり、
他部署の業務も皆で力を合わせてやっていくスタイルを目指します。
スタッフ1人1人の想いを込めて作り上げる旅館でありたいと思っています。
勤務地 京都府宮津市日置4230 マリントピアリゾート敷地内
勤務時間 7:00~22:00(担当部署により勤務時間・休憩時間が異なります)
1ヶ月単位の変形労働時間制(シフト勤務)
休日休暇 週休2日制、有給休暇、慶弔休暇、年間休日105日
応募資格 ◎当社は人物重視です
◎貴方の「やる気」をしっかり評価します
(ご経験や資格等をお持ちの方は優遇)
◎未経験者も大歓迎
求める人物像 ・(洋食・和食などの調理ジャンルを問わず)これまでの経験やスキルを活かしたい方
・安心して働ける職場へ転職したい方
・素直で協調性のある方
募集期間 2017/03/11〜2017/04/08
採用予定人数 (1) キッチン:3~5名
(2) フロント兼フロアスタッフ:3名
選考プロセス まずは下記応募フォームよりご応募ください。
 ↓
下記住所へ、履歴書と職務経歴書を「マリントピアリゾート レストラン運営部 採用担当」へ郵送でお送り下さい。
※応募受付の完了は履歴書が届き次第となります。
【受付】
京都府宮津市日置2686 マリントピア8号館1F 天香(そらのかおり)
採用担当あて
0772-27-1811
 ↓
書類選考
 ↓
面接
 ↓
採用(試用期間3ヶ月あり)

・次の選考ステップに進まれる方のみご連絡させていただきます。
・取得した個人情報は、採用選考にのみ使用します。
・選考プロセスは変更になる可能性があります。
・不採用理由についての問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。
その他 ・若いメンバーが多く、皆が切磋琢磨して技術を磨き、助け合う職場です。※レストランスタッフの大半が女性(平均年齢23才)
・旅館の開業後、すぐ(今夏前)に新しいレストラン(イタリアン割烹)のオープンや直営店のリニューアルなど開設予定があり、要職(昇給)についたり、新しい仕事にどんどんチャレンジするチャンスがあります。
・年間を通じて、ほぼ週休2日(連休)の勤務体系です。(夏期と年末年始が繁忙期となり、その時期は不定休となります)
・家族を勤務地に招待(宿泊可能)したり、遠く離れた家族とのコミュニケーションも取りやすさを重視した職場です。

・アルバイトの交通費:あり(規定内)

よろしければこちらもご覧ください。
・天香(そらのかおり)Facebookページ
 https://www.facebook.com/sora.no.kaori

同じカテゴリの求人

まちに灯りがともるとき
常連さんも、はじめての人も。今宵も気軽に集まるワインビストロがあります。
千葉・千葉
   2017/3/31〜4/14
モデルハウスでトライする
昼はモデルハウス、夜は宿泊施設。新たな形でライフスタイルを提案する。
長野・軽井沢、蓼科、愛知・蒲郡
   2017/3/27〜4/10
はじめての方へ       求人掲載について       運営会社       プライバシーポリシー       お問い合わせ