TOP>求人>書き綴る、想いのそばに

書き綴る、想いのそばに

※この仕事は募集終了いたしました。ご応募どうもありがとうございました。

「ペンで紙に書く機会が減っている反面、その価値は上がってきていると思うんです。そのときの想いや空気感を閉じ込める、一緒に綴ることができるのが、紙に書くことの意味なんじゃないかって」

書くことの価値を伝えたい。そう話してくれたのは、カキモリの広瀬さんです。

170905_ポスター画像
カキモリは東京・蔵前にある文具店。

表紙や中身、留め具を自由に選ぶオーダーノートや便箋をつくることができたり、好みのインクをつくるインクスタンドを併設していたり。「書く」ことの楽しさを知るきっかけをつくり、その価値を伝えるお店です。

今回募集するのはカキモリの新たな1歩、新しい店舗をつくるため一緒に働く人。

店頭に立ち販売をする人に加えて、店内のディスプレイ制作やイベントの企画、SNSを使った広報など、カキモリを訪れる人とのコミュニケーションを考えていく役割を担う人を探しています。

文房具を販売する、というよりも、書く人の想いを聞く、というほうが似合う仕事だと思います。



カキモリがある東京・蔵前は、古くから手工芸や革製品を扱う職人が集まっている町で、今も下町の雰囲気が漂っている。

最近は雑貨店やカフェが増え、年代も雰囲気もさまざまな人が行き交う姿を見かける。

朝10時。開店準備が進むなか、まずは代表の広瀬さんに話を伺います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
広瀬さんの実家は群馬県高崎市の文具店。デジタル化が進み文房具を使う人が減るなか、書くことの価値を伝えたいと思い7年前にはじめたのがカキモリだった。

「ネットではできないことをやろうと思いました。専門店というよりは、書くことの楽しさを気軽に知ってもらえるような。少しずつですが、多くの方に来てもらえる場所になってきましたね」

店内にはセレクトされた筆記用具のほかに、20分ほどでできるオーダーノートをつくるための用紙や金具、オリジナルインクを使った万年筆などが並んでいる。

それぞれの商品にコメントが添えられていて、自分が使うものをじっくり考えることができる。時間をかけて選ぶから、より大切に使おうと愛着を持てるのかもしれない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「大きな変化は2年前、表参道にポップアップショップを出したことです。思っていたようにいかなくて、失敗からたくさんのことを学びました」

「当時は各地に店舗を増やしていこうと意気込んでいたんですが、売上を伸ばすことが目的になりすぎていたことに気がついたんです。それよりも僕らが大切にしたいのは、書くきっかけをつくること。そして書く価値を伝えていくことなんだって、改めて立ち返ることができました」

書くことの価値、ですか。

「たとえば手紙を読んだとき、書いた人の想いやその雰囲気も伝えることができる。自分で書いたノートを10年後にめくり返したとき、その瞬間に考えていたことを思い出せる。空気感を閉じ込める。紙に書くことで、いちばん大切にしたいところです」

書く人がかたどっていく文字や行間。インクのにじみ具合。選んだ紙の風合いやデザイン。

同じ文字でも、デジタルで打ち込むフォントには表現できない、空気をまとうことができるのが「書く」ということ。

「これは、人にしかできないことなんじゃないかって。この感覚を残していくためにも、書くことの価値をもっと伝えていかないといけないと思っています」

kakimori - 1 (5)
とはいえ、カキモリにやってくる目的は人それぞれ違うもの。書くということよりも、オーダーノートをつくることで満足する人もいると思う。

「そうですね。書くことの価値は、実際に使うことによって実感できるものだと思っています。使うところまで提案できるように、今、新しいお店をつくる準備をしているところなんです」

新しいお店は、今の店舗から歩いて8分ほどの場所に構えることが決まった。

実際に書くことを体験できるワークショップを開いたり、ほかの人のノートの使い方を展示したり。「書くことのきっかけ」をちりばめた空間になるそうだ。

企画として入る人には、商品やサービスの企画に加え、店舗のディスプレイやイベントも考えてもらいたい。カキモリとしてはじめてのことも多いから、教えてもらうというよりは、自分で考えていく日々になると思う。

「店舗をどんどん増やしたいわけではなくて。自分たちのできる範囲で、伝えたいことの純度をより濃いものにしていくための場所をつくりたいんです」

Print

カキモリにある販売などの機能は、すべて新しい店舗に移る予定。今カキモリのある場所でも、並行してあらたな挑戦がはじまるそうだ。

「ここは手紙を切り口にしたお店にしたいと考えています。便箋に手紙を書いて、封をして、投函する。LINEで気軽にメッセージが送れる時代に、手紙は正直めんどうなことも多いですよね。でもそこは、カキモリが一番提案していかなくちゃいけないところだと思っていて」

「カキモリがいちばん大切にしていることを、より濃く伝えるスペースにしていきたい。売上だけで見たら、激減すると思うんですけどね(笑)でも、大切なことなんです」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今の店舗で人気なのが、オーダーノートに使う紙に万年筆で試し書きができるスペース。

つるつると滑らかに書ける紙。ざらざらとしていてインクがにじんでいく紙。同じ紙でも、万年筆書くのとペンで書くのとは、文字がまとう空気が変わる。

「気軽に書くたのしさを感じていただけるので、やってよかったなって思いますね」

そう話してくれたのは、このスペースを提案し、実際にデザインをした村田さん。

ディスプレイのほかにも、商品の企画やパッケージデザインなど、店舗を支える役割を幅広く担っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「幼稚園くらいのころから、毎日父親に手紙を書いていました。書いては自分の家のポストに入れる。帰ってきた父がポストを覗いて、ありがとうってちょっとうれしそうにするんです。その顔が見たくて毎日書いていたから、紙を使いすぎて怒られていたんですけどね」

今でも大切な人に手紙を書くのが好きだという村田さんは、もともとお客さんとしてカキモリを訪れていたんだそう。

ホームページでたまたま見かけた募集を見て入社。販売スタッフを経験した後に、商品の企画や店頭のしつらえなどの仕事を中心にするようになった。

具体的にはどんな仕事をしているんだろう。

紹介してくれたのは、オリジナルインクのパッケージをつくったときのこと。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
大切にしたのは、インクの色を表現する部分をベタ塗りの印刷にするのではなく、1つ1つ手書きで線を書いているところ。

「印刷するものはデジタルでつくられるので、もともとのインクの色がわかりにくいんじゃないかって。お客さまが実際に使ったときのことを想像できるのが1番いいと思うんです」



さまざまな仕事をしているけれど、村田さんはこれまでデザインや企画の仕事をした経験があるわけではなかったそう。

「実際に自分がつくったものが、気持ちを伝える道具になったり、お客さま自身のご褒美になる。誰かのうれしい気持ちにつながっていくことを意識して仕事をしています」

「商品をつくっていく上で悩むのは、この商品が数年後のカキモリにとってどうつながっていくかを考えるときですね」

数年後のカキモリ、ですか。

「流行りのようにすぐ売れなくなる商品をつくるのは、あんまり意味がないと思っていて。3年後、5年後の流れを考えたときに、大切にされているものかどうか。なによりも、書くことのきっかけをつくれているかを大切にしていきたいんです」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
村田さんはスタッフとして言われた仕事をしているというよりも、お店のことを考えて、自分から動いているように見える。

自由と言ってしまえばよく聞こえるかもしれないけれど、考えたことを自分で実践していくには、フットワークと勇気がいるようにも思う。

ほかのスタッフも、これまで経験してきたことは人それぞれ。今あるやりかたにとらわれず、お店をよりよくするため、柔軟に変化していく仲間が集まっているそうだ。



積極的に自分の考えたやり方を試している人、として紹介してもらったのが細谷さん。前回の日本仕事百貨での募集をきっかけに入社して、2ヶ月が経つところ。

少し照れながらも、柔らかな口調で話をしてくれる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「小さいころから自分の手を使って、ものをつくることが好きでした。テキスタイルの勉強をしながら、アパレルのアルバイトをして。人と接することも好きなんだと思って、百貨店に就職をしました」

働くうちに考えるようになったのは、商品にもっと自分の手を加えたり、提案をしていく余白が欲しいということ。

カキモリではオーダーノートをつくる行程で相談をされたり、その人に合わせた提案をこちらからすることも少なくないそうだ。

「話を聞いて、お客さんがどういう想いで選んでいるのかがわかっていると、同じ作業でも込める気持ちが変わります。自分にとっても、それがいいなと思って働いています」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
百貨店と聞くときっちりした接客をイメージするけれど、細谷さんはカキモリらしさを考えて、柔らかく声をかけるようにしているそう。

「たとえば『どんなペンをお探しなんですか?』なんて質問はいらないと思っています」

お店に行くと、よく聞かれるフレーズですよね。

「それってお客さまを見ていればわかることなんです。たとえばレターセットを選んでいたら『どんな人に手紙を書くんですか』とか。商品のことではなくて、その人が商品を手にとって、なにを想っているのか聞きたいんです」

先日インクの色を迷っている方に声をかけたところ、「亡くなった大切な人を想像しながら選んでいて」という答えが返ってきたそうだ。

言葉を綴る道具を選ぶということは、言葉にしたい想いがあるということ。

店内がお客さまでいっぱいになるほどいそがしい日もあるけれど、細谷さんはできるだけ想いを聞きながら、言葉を綴る道具を一緒に選んでいきたいそうだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そんな話をしていたところで、開店時間がやってきた。

シャッターを上げると、あっという間に店内はお客さんでいっぱいになる。

たのしそうに友だち同士でオーダーノートの表紙を選ぶ女の子の横では、じっくりとインクを見比べる年配の男性の姿。

ここにいる人たちが、それぞれに書く想いを持っていることを想像してみる。ここは文具店というよりも、大切な時間をすごす空間なんだな、と感じる。

想いを書き綴る人に、そっと手を差し伸べる。そんな仕事だと思います。

(2017/9/14 中嶋希実)

カキモリ(株式会社ほたか)
募集職種 (1) カキモリ・インクスタンド 企画(商品企画・プレス・イベント企画・販売推進等)
(2) カキモリ・インクスタンド 店頭(お客様対応・スタッフ教育・商品選定・店頭整備等)
(3) バックヤード業務(入出荷・検品・商品パッキング等)
雇用形態 (1) 正社員 (6か月間は契約社員。その後正社員転換)
(2) 正社員 (6か月間は契約社員。その後正社員転換)/契約社員
(3) パートタイム
給与 (1) 正社員 190,000円~230,000円
(2) 正社員 180,000円~230,000円 / 契約社員 時給970円~1200円
(3) パートタイム 時給 970円
採用過程を通じ、経験、能力を把握し提示
交通費支給(月3万円まで)
福利厚生 (1) (2) 正社員
・決算賞与年1回
・昇給あり(給与改定年2回)
・社会保険加入(健康保険、雇用保険、厚生年金)
・産休、育休制度
・子育て支援(時短勤務等)

(2) 契約社員
・雇用保険加入
・昇給あり(給与改定年2回)
・社会保険加入(週30時間以上勤務の場合)

(3) パートタイム
・扶養内で働く前提
・雇用保険加入(週20時間以上勤務の場合)
・昇給あり(給与改定年2回)
仕事内容 (1) 企画(商品企画・プレス・イベント企画・販売推進等)
カキモリ・インクスタンドのオリジナル商品の企画や、新サービスの企画を行います。
販売推進のために、イベントの企画、店内POP制作等を行います。
また、SNSやブログアップなどWebを通じたPRや、広報活動も行います。
上記以外も会社の成長に合わせて仕事内容が幅広くなります。
店の事をわからないとできない仕事のため入社後は半年以上は店頭販売になります。

(2) 店頭(お客様対応・スタッフ教育・商品選定・店頭整備等)
カキモリ・インクスタンドの店頭での接客が基本となります。
店を回すために、商品選定、手配、陳列、整備等店に係るあらゆることが業務です。

(3) バックヤード業務(入出荷・検品・商品パッキング等)
お客様への配送や、商品の検品やパッキング作業などカキモリ・インクスタンドを支える作業です。
勤務地 (1) 東京都台東区三筋1-6-2
(2) 東京都台東区蔵前4-20-12 もしくは 東京都台東区三筋1-6-2
(3) 東京都台東区三筋1-6-2
勤務時間 (1) 企画 正社員 10:00-19:00 1日8時間勤務  休憩 1時間
(2) 店舗 正社員 10:00-19:15 1日8時間勤務 休憩 1時間15分
(2) 店舗 契約社員 10:00-19:15 1日6~8時間勤務 休憩 45~1時間15分)
(3) バックヤード パートタイム 10:00-19:15 1日4~8時間勤務 休憩 30~1時間)
休日休暇 (1) 企画 正社員
週休2日制(固定シフト 土日いずれか一日はシフト入ります。)
年間休日105日
慶弔休暇、有給休暇、特別休暇

(2) 店舗 正社員
週休2日制(固定シフト 土日両方シフト入ります。)
年間休日105日
慶弔休暇、有給休暇、特別休暇

(2) 店舗 契約社員
固定シフト 土日いずれか一日は入ります。
有給休暇

(3) バックヤード パートタイム
固定シフト 原則平日のみになります。
応募資格 (1) illustrator・photoshopが使えること。
プレス・商品企画・販売推進などの業務経験がある方を優遇します。

(2) 店頭での接客経験や、営業の経験など、お客様と接する経験がある方を優遇します。
沢山の外国人が来店します。英語ができる方を優遇します。
選考基準 全体
・カキモリのコンセプトに共感し、仕事を通じてお客様にそのコンセプトを伝える気持ちが持てる方。
・お客様の気持ちを汲んで行動し、スタッフ同士でも思いやる気持ちを持つことができる優しい方。
・フラットで風通しがよく、元気な組織を保つために前向きに行動できる方。
・応募前に出来れば一度カキモリに来店し、雰囲気を確認してください。

別途下記を選考基準とします。

正社員
・仕事が生活の一部となります。勤務時間以外でも、どうすればカキモリがより良くなるか、自分に何が出来るか、日々の生活でも意識を持てる方を求めています。
・副業は認めておりません。カキモリを成長させる事にフルコミットできる方を求めています。
・正社員はリーダーシップと、あらゆる仕事に対応する柔軟性が必要です。
・自発的に勉強し続ける力が必要です。そのためのサポートは極力行います。
・地域の事を理解し、コミュニティーにも積極的に参画する気持ちが必要です。

契約社員
・笑顔でお客様に接し続けられる方。店頭で接客し続ける体力がある方。
・接客中心ですが、バックヤードでの値札付けや発送業務などを行いうこともあります。
・就業時間内はカキモリ・インクスタンドの色んな仕事があります。柔軟に受け入れる力が必要です。

パートタイム
・お客様の事まで考えて、丁寧なパッキングや作業を正確に早く行える方。
・効率を上げるための工夫や整理整頓が得意な方。
求める人物像 同上
募集期間 2017/09/14〜2017/09/28
採用予定人数 (1) 1名
(2) 2〜3名
(3) 1名
選考プロセス まずは下記よりご応募・お問合せください
 ↓
会社見学会(見学会の際に本応募書類をお渡しします。)
見学会では、店舗以外のオフィスや倉庫などをご覧いただいたり、代表やスタッフから説明や質疑応答をおこないます。
見学会の際に、希望者へ本応募書類をお渡しします。下記日程のいずれかを選択お願いします。
〇9月23日(土)18時30分から ※日程を追加しました
〇9月29日(金)18時30分から
〇9月30日(土)18時30分から
所要時間1時間30分
(人数調整のため可能な方は両方選んでください。)
いずれの日程も難しい方は問い合わせフォーㇺに候補日を記載ください。
 ↓
書類選考
 ↓
面接
 ↓
採用(試用期間1ヶ月程度あり)

・次の選考ステップに進まれる方のみご連絡させていただきます。
・ご応募の順番に選考していきます。決まり次第募集を終了していきますので、お早めにご応募ください。
・取得した個人情報は、採用選考にのみ使用します。
・選考プロセスは変更になる可能性があります。
・不採用理由についての問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。
その他 カキモリを2010年にオープンしてからもうすぐ8年目に入ります。
カキモリがある蔵前は、立上げた頃は閑散と
していましたが、ここ1-2年でお店も随分増え、町を歩く方も増え、
メディアで蔵前が取り上げられる事も増えてきました。

蔵前が盛り上げる一つのきっかけにはなれたかと思っています。

ここで安住をするか、次のステップに行くか、
昨年私たちは後者を選び、表参道POP-UPなどに
挑戦しました。 そして色んな失敗をしました。

その失敗で得たことを元に、やはり次のステップに挑戦していきます。

この1年間で海外からのお客様がとても増えました。
彼らは心からカキモリでの経験を喜んでくれています。
そして、彼らの街へ出店してほしいという声もよくいただきます。

私達は、彼らの声に応え海外への出店に
挑戦していくという大きな目標を決めました。

その上で、やはりベースは国内です。

下町の職人をずっと残していくこと、
ご来店いただくお客様の声をもっと聞いていくこと、
小さな作り手の素敵な文具を伝えていくこと。

そして、何よりも「たのしく、書く人」をもっと増やしていくこと。

これらの大事な事がまだまだ出来ていません。
当面はここに集中していきます。

地に足付け、カキモリの基盤をしっかり固め、
その先の挑戦への道筋をつくっていきたいと思います。

カキモリの現店舗は小さな店らしく、お客様と近い距離で接することが
できました。でも、最近は混雑もあり、その良さが前よりは減ってしまいました。

カキモリは広い空間に引っ越しして、今の場所はカキモリとして大事なのに
やり切れていなかった手紙の店にします。

簡単でシンプルに見えるけど、やる人は大変です。
きっといろんな問題がでると思います。
でもその先を見据えて、全スタッフで一歩ずつ改善していけば、
必ずお客様に認められる店になると信じています。

一緒にカキモリを作り上げていく仲間を待ってます。


よろしければ、こちらもご覧ください。
カキモリ ホームページ
インクスタンド ホームページ
カキモリ 台湾店
Monocleでの動画

過去にもスタッフを募集します。
「カキモリのあるまち」
「『書く』からうまれるもの」
「色鉛筆のように」

※この仕事は募集終了いたしました。ご応募どうもありがとうございました。

同じカテゴリの求人

隣人であるために
目の前の人とも地球の裏側ともいい関係。フェアトレード販売員とデザイナー募集。
京都、兵庫、大阪
   2017/11/22〜12/6
住まいって自由だ
物件の仕入れ、設計、現場管理、販売... 職域の横断が住まいも暮らしも自由にする。
東京・六本木
   2017/11/22〜12/6
はじめての方へ       求人掲載について       運営会社       プライバシーポリシー       お問い合わせ