TOP>求人>真の建築を施工管理で

真の建築を施工管理で

※この仕事は募集終了いたしました。ご応募どうもありがとうございました。

「私は施工管理の仕事が正当に評価されるようになってほしいんです」

これは株式会社TH-1代表の朝倉さんの言葉です。


TH-1は建築家が設計する建物を専門とした施工会社です。

工程や品質などの管理をしっかり行うのはもちろんのこと、業者の選定やディテールにこだわり、難しい納まりにも毎回チャレンジしています。

単なる調整役として終始するのではなく、職人や設計者をも指揮してよりよい建築をつくっていき、仕事の達成感を皆で共有する。そんな施工管理者を募集します。

CAD技術者も募集するので、興味のある人は続けて読んでください。

 

TH-1のオフィスは東京メトロ有楽町線と副都心線の千川駅から歩いて4分ほどにある。

オフィスの内部空間はスキップフロアで構成されていて、屋根はテントなので開放的で明るい。設計したのはTH-1代表の朝倉さんの夫であり建築家の故・朝倉則幸氏。

2階の打ち合わせスペースで朝倉さんに話を伺う。


とてもハキハキとした振る舞いで、明快な方。最初に会ったときは個性の強い人だなぁと思ったけれど、歯に衣着せぬ雰囲気はむしろ心地いいくらいだ。

そんな朝倉さんがTH-1を立ち上げたのは2005年。それ以前は別の施工会社で役員を長年勤め、自身は施工管理者をマネージングする立場で現場を指揮してきたという。

今は女性で施工管理に携わる人は増えはじめているものの、当時は非常にめずらしかったと思う。

「そもそも施工管理という仕事が正当に評価されていなかったんです」

正当に?

「ええ。構造や設備、ファブリックや外構といった建物のすべてを掌握して、その一つひとつを職人やメーカーに振り分けながら、自ら仕切ってまとめあげていく。それってすごいスキルなんだけど、世の中からは低く見られがちで。施工管理に対する評価をできる限り高めたいっていう気持ちがとてもあるんです」

そんな想いを胸に、創業当初から工程管理・品質管理・原価管理・安全管理といった「当たり前のこと」は徹底してやってきたという朝倉さん。

また、レベルの高い施工を行うために、受注する案件は建築家が設計した建物だけに絞ってきた。


TH-1の施工実績を見てみると、フジワラボやマウントフジなど有名な建築設計事務所ばかり。建築家の自邸を施工する機会も多いようだ。

評判は口コミで広がり、営業担当はひとりもいないのに今年の予定は埋まっている状態なのだとか。

人気の秘密は何なのだろう。

「一つは嘘をつかない会社にしたいとの思いを分かっていただけているから。私の目が厳しいこともあるかと」

「さらにTH-1ではきれいな納まりを設計者に提案できるような管理者になってほしいと努力していることもあるかと思います。たとえば簡単な例を出すと…」

そう言いながら、朝倉さんがオフィスの中にある手すりを指差した。

「壁からまるで生えているように手すりをつくるには、どうしたらいいと思います?」


「プレートを使って留める方法は誰にだって考えられる。だけど壁からニョキっと生えるように手すりをつくるにはどうしたらいいのか。設計者は線で描くけど、その線を実現するために納まりを考えるのが私たちの仕事なんです」

「だから、こうやって納めたほうがきれいですよっていう提案をして、美しく納まるように自分たちで施工図をたくさん描くんです」

ためしに施工図を見せてもらうと、建築家が描いた設計図の3倍以上もの量がある。

内容も1分の1スケールで描かれていたり、ビス一つひとつの位置から打つ方向のことまで記されていて実に細かい。職人にきちんと指示できるように、仕上げに影響することは余すことなくすべて記しているのだという。

ここまでの施工図を描く施工会社はなかなかいないだろう。


「うちのスタッフはみんな苦労していると思います。だけど、自分にしかできない仕事にするには、描かなきゃいけないと思うんです」

自分にしかできない仕事。

「そう。単に現場を首尾よく納めますっていうことではなく、設計者も一緒に職人たちをまとめあげて建物をつくる。オーケストラの指揮者のように施工管理をするのです」

「だからスタッフみんなには、いつか独立してほしいって思っています」

 

この仕事について約8年目。主任の平川さんは将来的に独立することを思い描いているという。

「ほかの会社の1年とここの1年って全然違うんですよ。すごく濃いから経験値を早く上げられる。そのぶん苦しさも倍ですけどね(笑)」


平川さんは以前、施工図を専門とする会社で働いていたそう。

図面を描くだけでなくその後の施工にも携わりたい。そんな想いからTH-1に転職したのだという。

「この会社の特徴は特殊物件ができること。建売の現場管理者にはできないような建築家の建物をつくっていくので、要望された納まりは基本的に何でもチャレンジします」

たとえば、建築家の自邸。

床に使うデッキプレートの中に、ダウンライトの照明器具を埋め込んだことがあったそうだ。

「特殊物件では毎回必ずやったことのないような納まりが発生します。しかもここは建築家の自邸なので、実験を兼ねた大胆なチャレンジでした」

どう実現したのですか?

「まずできるのかどうかを調べるために、現物のサンプルをとって実験しました。電気屋さんにも協力してもらい、どうやったら配線用の管を通せるのか、作業するときに職人の工具や拳は入るのか、すべてのことを検証するんです」


納まりを考える際、設計者が描いた図面は参考図として見てゼロから考えるのだという。

結果的にどのように見せたいのかを必ず聞くことで、設計の意図を崩さないようにしている。

「設計者が求めているイメージはそのまま、美しく強度のある下地をつくる。けど、それを両立させるのはなかなか難しいことだし、やっぱり特殊物件だとすべてにおいて変わったことをやるので、必ずどこかでリスクが出てきたりします」

「だから設計側にはメリットとデメリットをきちんと提示します。適当なことは一切しません。全部きちんと考えるんです」

このくらいでいいだろう、といった少しの気の緩みから思わぬリスクが生まれるというのは平川さんの経験則だ。

だから諦めずに、一つひとつを突き詰めていく。

それは決して容易なことではないだろうけど、自分に嘘偽りのない納得のいく仕事ができるのだと思う。

「職人さんからは『こんな面倒な納まりをつくるのかよ…』って思われたりすることもありますよ。それをどうにかして説得させるというよりは、日頃からきちんと職人さんとコミュニケーションをとることが大事で」

「それに自分が何も知らなかったら職人さんから相手にされないんですよ。自分たちは手を動かさないけど、建築・電気・設備すべてにおいて知識を持ってないといけないんです」


平川さんはこの会社に転職するまで施工図を描いた経験しかなかったため、分からないことばかりだったという。

施主や建築家との接し方、道具の使い方など、先輩や職人さんに聞きながら一つずつ学んできた。

知識を貯めるだけでもなかなかに大変そうだ。平川さん自身、まだまだ1人前になったとは感じていないという。

「大変ですよ、本当に。若いうちは死ぬまで働くぞってくらいじゃないとこの仕事はできないです」

はじめのころは夜遅くまで働くこともありましたか?

「そうですね。もちろん会社に言われてじゃないですよ。自分も部下に同じことをやれとは言わないし、遅くまで働いたからいいわけでもないけど。そのくらいの意気込みを持ってないと続かないと思うんです」

平川さんはどんな人に来てほしいですか?

「施工管理者なので、やっぱりリーダーシップのある人がいいですね。歳が若いとか、技術的に劣っているとかは関係ないと思います。そういうのは後からいくらでも身に付けていけばいいので」

 

たとえ実務経験がなくても大丈夫だという。CADにまったく触れたことがなかったり、建築の基礎知識がまったくないのは難しいだろうから、建築学科を卒業していることだけ必須条件だ。

今年で入社2年目になる五十嵐さんは横浜国立大学院まで建築設計を学び、TH-1には新卒で入社した。


実家が工務店ということもあり、仕事に就くなら施工に携わりたいとTH-1を選んだのだという。

入社したばかりのころは先輩が担当する現場に同行し、ゴミ出しや資材運びを手伝うところからのスタートだったそう。

「現場に慣れてきたら、すぐに1つの案件を任されました。もちろん上司はつくんですけど、けっこう急だなぁと思って。分からないことだらけだったので不安でしたけど、やってみるしかないなって」

その姿勢は2年目になった今でも変わらないという。毎回が今までやったことのない納まりだから、ずっとチャレンジの気持ちだ。

「この会社は個人をすごく尊重してくれるところがいいなと思っています。こんな若い人間に仕事を任せてくれるし、きっと自分のように働いている人って世の中にあまりいないと思うんです」

「自分にしかできない仕事だと思っていて。すごくやりがいを感じながらやってます」

 

「ここではかなりいい経験ができているなって感じます」

そう話すのは、昨年に入社したばかりの小松さん。


以前は設計事務所に約4年勤めていたという。

どうしてTH-1に転職したのだろう。

「設計事務所では基本的なことが学べたので、将来的なことを考えたら施工も学んでおいたほうがよりいいものをつくれるのかなって。ゆくゆくは独立することも考えています」

設計者から施工管理者に変わって、どうですか?

「設計をやっていたときはつくる過程があまり見えなかったけど、ここは現実的にゼロからつくらなきゃいけない。それって結構大変なんですけど、しっかり身につけていけば設計も納まりもできる人間になれると思うので。将来に向けて本当にいい経験ができていますね」

TH-1の仕事は決して簡単なものではないと思います。

まずは担当する建物一つひとつを丁寧に。経験を積み重ねていくことで、ほかの人には真似できない自分だけの仕事になるのだと思います。

(2018/3/8 取材 森田曜光)

株式会社TH-1
募集職種 (1) 建築施工管理者・見習い
(2) 建築CAD技術者・見習い
雇用形態 正社員(契約期間の定めなし)、契約社員
給与 (1)(2) 月給220,000円〜500,000円

・基本給 200,000円
・固定残業手当(時間外労働の有無に関わらず、20時間分の 時間外手当として20,000円を支給)
福利厚生 ・賞与年2回
・保険(健康保険、雇用保険)
・年金(厚生年金)
・子育てフレックスタイム支援
仕事内容 (1) 建築施工管理者・見習い
・施工管理(建築家が設計した建物、RC造・ 造・W造・混構造)

(2) 建築CAD技術者・見習い
・AutoCAD、JW CADにより施工図の作成
勤務地 東京都豊島区要町3-50-7
*現場により現場事務所勤務あり
勤務時間 8:00〜18:00(休憩時間12:00〜13:00)
休日休暇 隔週2日制(土・日)、年間休日120日
祝日、GW、夏季休暇、年末年始、慶弔休暇、有給休暇、 特別休暇
応募資格 建築学科卒業

<優遇>
1・2級建築施工管理技士、1・2級建築士取得者
選考基準 ・建築が大好きな方
・コミュニケーションスキルのある方
求める人物像 ・明るい方
・心身健全な方
募集期間 2018/04/06〜2018/05/11
採用予定人数 若干名
選考プロセス まずは下記よりご応募・お問合せください
 ↓
面接
 ↓
採用(試用期間1ヶ月あり)

・次の選考ステップに進まれる方のみご連絡させていただきます。
・取得した個人情報は、採用選考にのみ使用します。
・選考プロセスは変更になる可能性があります。
・不採用理由についての問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。
その他 よろしければ下記をご覧ください。
・TH-1ホームページ

また、事前お問い合わせにご対応致します。
03-5966-1879

※この仕事は募集終了いたしました。ご応募どうもありがとうございました。

同じカテゴリの求人

この指とまれ
この社長となら!そんな熱意がかたちになった、広島版・無印良品の家。
広島市・西区
   2018/6/20〜7/4
埋もれた砂をはらって
住まいと人は、もっと出会える。自分の視点で賃貸物件を発掘し、届ける仕事です。
東京・目黒 荻窪、埼玉・大宮
   2018/6/19〜7/3
はじめての方へ       求人掲載について       運営会社       プライバシーポリシー       お問い合わせ