TOP>イベント >しごとバー >能楽観てみナイト

能楽観てみナイト

hosho_souke_butai2
はじめまして。

私、能楽師で、宝生流第二十世宗家の宝生 和英(ほうしょう・かずふさ)と申します。

「能楽」「伝統芸能」「宗家」などと聞くと、良い意味でも悪い意味でも、とても格式の高いようなイメージがあるかと思います。

でも実は、能楽の仕事には、現代の仕事に通ずることが多くあるのです。

能楽は600年以上続く伝統芸能ですが、その時代時代の人たちが、その時の「今」に向けてイノベーションをし、進化を遂げて現在に至っている、そういう経緯があります。

能楽のイノベーションがなければ、昔のままであれば、600年も続かなかったかもしれません。

_D500272 (1)
当日は、能楽について、能楽師の仕事について、ご紹介しながら、どのように現代社会でイノベーションしていくのか、私なりに考えていること、行動していることをお伝えできればと思っております。

また、能楽ってどう見ればいいのかわからない、という方に、気軽な鑑賞のきっかけをご用意したいと思います。

自分のこの仕事を通じて、今の現代社会で働く方々に、逆に新たなメッセージが届けばと思っております。

どうぞよろしくお願いいたします。


hosho_souke_butai1 宝生 和英(ほうしょう・かずふさ)
1986年生まれ。宝生流第二十世宗家。
東京藝術大学音楽学部邦楽科卒業。
祖父・故宝生英雄、十九世宗家宝生英照に師事。
1991年初舞台、1995年初シテ。
2008年二十世宝生流宗家継承、継承披露能にて「翁」を披く。
これまでに「鷺」「石橋」「道成寺」「乱」一子相伝「弱法師 雙調ノ舞」を披く。
能楽の普及のため、若年層向けの企画「和の会」を主宰。
伝統的な能楽に重きを置き公演活動を行う一方で、異流競演や復曲、マネジメント業務も行う。
海外ではイタリア、香港を中心に文化交流事業を手がけている。

【和の会】
http://www.hosho-wanokai.com
【能プラスワン】
http://www.hosho.or.jp/noh_plus_one/
【宝生会】
http://www.hosho.or.jp
【宝生和英オフィシャルサイト】
http://hosho-kazufusa.tumblr.com/profile
【過去の取材記事】(2015年 産経新聞「花形出番です」)
http://www.sankei.com/entertainments/news/151108/ent1511080011-n1.html


※当イベントは事前予約不要ですが、よろしかったら下記の「イベントに参加する」より、当イベントのfacebookページにて「参加予定」としてください。
※なお、SNSを介して発生したトラブルなどの責任は負いかねますこと、あらかじめご了承ください。


 日時

2017/06/15  19:00 開場 / 20:00 開始
※イベントのメインは22:00くらいまで

 会場

リトルトーキョー

 参加費

1ドリンク制

はじめての方へ       求人掲載について       運営会社       プライバシーポリシー       お問い合わせ