TOP>イベント >しごとバー >海と生きる女達ナイト

海と生きる女達ナイト

ama
海人(ウミンチュー)写真家の古谷(ふるや)千佳子と申します。

シングルマザーであり、写真家業と母業、2足のわらじを履きながら歩んでおります。

現在、「海女さんの笑い声が聞こえる豊かな海を後世に繋いでいきたい!」 という想いで、現役の海女さんの仕事や暮らしを記録する「全国海女撮影プロジェクト」を2011年にスタート、クラウドファウンディングを活用しながら撮影を続けておりますが、まだまだ終わりそうにありません。

沖縄の海人を追い続けて学んだ事、それは景観が違えば漁が変わる、そして人の気質まで変わる事。

「海人」をひとくくりにできない事を体感してきました。だからこそ、「海女さん」と一言で言い切れない事、彼女たちがいる全国の海に共に潜る事が必要だと感じ撮影を続けてきました。

そうして、全国の海の違いと海女の違いを肌で感じる事が出来た事で、次のステップも見えてきましたので、これまでの集大成としての写真集を製作する事に決めました。2018年秋の発行を目指しております。

今回、縁あって「しごとバー」で1日バーテンダーを務めさせていただくこととなりました。

私がこれまで共に潜ることで見えてきた「海女さん」のことなどを中心に、スライドで写真を見ていただきながら、色々お話ししてみたいと思います。

皆様のお越しをお待ちしております。


furuya-01B 古谷 千佳子(ふるや・ちかこ)
東京生まれ、沖縄現住。
命と向き合い、裸一貫で海で仕事をする沖縄の漁師(海人:うみんちゅー)に惹かれ、沖縄へ移住。
潜水漁業など海の仕事に就いた後、写真家となる。
1998年より本格的に海人の仕事ぶりを撮り続け、2007年に『情熱大陸』で「海人写真家」として取り上げられた。
2010年より、全国に点在する海女の撮影を開始。
海辺の仕事や暮らしの中に見える「様々な原点」を撮り続けている。

【ホームページ】
http://www.chikakofuruya.com/
【クラウドファンディング】
「母+写真家、二足の草鞋で歩かせてください」カウントダウン!-全国海女撮影プロジェクト-

※当イベントは事前予約不要ですが、よろしければ下記の「イベントに参加する」より、当イベントのfacebookページにて「参加予定」へのチェックをお願いします。
※なお、SNSを介して発生したトラブルなどの責任は負いかねますこと、あらかじめご了承ください。

 日時

2017/09/13  20:00 開始
※イベントのメインは22:00くらいまで

 会場

リトルトーキョー

 参加費

1ドリンク制

はじめての方へ       求人掲載について       運営会社       プライバシーポリシー       お問い合わせ