TOP>イベント >しごとバー >はじめての自給自足ナイト

はじめての自給自足ナイト


四国の地方都市から上京して15年あまり。
「東京を手放す」と宣言したのちにたどり着いたのは、
九州山地のど真ん中、秘境と呼ばれる村でした。

・・・・・

はじめまして。村上健太です。
去年の4月から、宮崎県の椎葉村というところに引っ越して、
移住コーディネーターという仕事をしています。

椎葉村は、平家の隠れ里だったという伝説が残り、
日本三大秘境に数えられる山深い村です。
世界農業遺産や「日本で最も美しい村」連合にも認定され、
焼畑を始めとした日本の原風景が残るこの村で、
たくましくも愉快な人たちと日々を過ごしています。

ここでの暮らしが2年目を迎えた今、
都会と田舎が関わり合う場として、
コンセプト型シェアハウスを作ろうと思い立ちました。
テーマは「自給自足2.0」。
誰もが知っていて、憧れる人も多いのに、
いざ実践となれば尻込みしがちな「自給自足」という暮らしかた。
それを、都会と田舎、昔と今の両面から再構築し、
アップデートする取組みです。


自給自足、と言うと
「うさん臭い」「3K」「新興宗教?」などと、
ネガティブなイメージを持たれることが少なくありません。
田舎のおじいちゃんおばあちゃんに話を聞いてみても、
あんなしんどい生活に戻りたくはないという声が大半です(笑)

僕の場合は、家事とか、生きることに直結する仕事が好きで、
お金を稼いでアウトソーシングするのでなく、
自分の手で暮らしを形作っていくことが楽しくて、
自分のことは自分でまかないたい、という想いを突き詰めると
自給自足というキーワードにたどりついた、という感じです。


おじいちゃんおばあちゃんが経験してきた、
「強いられる」自給自足から、
蓄積された知恵と技と、現代のテクノロジーが融合した
「自ら選び取る」自給自足2.0へ。

「小さな暮らし」「持たない暮らし」「丁寧な暮らし」
そんな新しい言葉たちが象徴するように、
働きかただけでなく、暮らしかたとも向き合う人が増えつつある、
と感じているのは、きっと僕だけじゃないはず。

これからの暮らしかたについて、
自然豊かな秘境の村でどんな挑戦ができるのか、
みんなで一緒に考える時間になればと思っています。


村上 健太(むらかみ・けんた:写真右)
愛媛県松山市出身の37歳独男。上京するも舞台俳優という夢に挫折。生きてる手応えを求めて旅を続け、アイルランド、スコットランド、北海道・余市、岡山・西粟倉などに滞在。TINY HOUSE Workshop一期生。企画制作とコーディネートが主戦場。マイブームは将棋とプロレス。

椎葉 豊(しいば・ゆたか:写真左)
生まれも育ちも椎葉村の椎葉ネイティブ。役場職員でありながら行政っぽくない企画を連発する二女の父。担当として呼び込んだ地域おこし協力隊の数は二桁を超える。酒の好みは焼酎よりもウイスキー。

▼よろしければこちらもご覧ください
・日本仕事百貨にてローカルラボ椎葉のメンバーを募集中
「秘境で探る生き方」
ローカルラボ椎葉 募集要項
福岡移住計画「椎葉村について」




※当イベントは事前予約不要ですが、よろしければ下記の「イベントに参加する」より、当イベントのfacebookページにて「参加予定」へのチェックをお願いします。
※なお、SNSを介して発生したトラブルなどの責任は負いかねますこと、あらかじめご了承ください。
※しごとバーでは、特定の思想や宗教、マルチ商法、情報商材の販売などに関わる方の参加はご遠慮いただいております。そのほか、セクハラ行為なども含めて、参加者に不快感を与える行為を目撃した方はお知らせください。

 日時

2018/05/23  20:00 開始
※イベントのメインは22:00くらいまで

 会場

リトルトーキョー

 参加費

1ドリンク制

はじめての方へ       求人掲載について       運営会社       プライバシーポリシー       お問い合わせ