TOP>イベント >しごとバー >熱海のつかいかたナイト

熱海のつかいかたナイト


はじめまして。東京から近い温泉地、熱海に住んで毎日温泉に入っている、市来広一郎です。

11年前に、熱海の街をなんとかしたいと思い、Uターンして帰ってから、まちづくりをしています。

いまはゲストハウス、guest house MARUYAを運営するなど、主に空き店舗だらけになった熱海のまちなかの再生をしています。

長らく衰退していた熱海もいまはV字回復と言われ、賑わってきています。熱海の街は観光客が増えてきているだけでなく、続々と面白い人が入ってきています。

移住する人だけでなく、熱海に週末暮らしたりと二拠点居住をする人、あるいは月に1回熱海に滞在する方などなど、その関わり方は様々。

熱海で起業する人も出てきていますが、中には二拠点居住しながらの起業する人も。

昔から人が訪れる街だからこそ、地元の人も、ヨソモノも、境目のないようなコミュニティができてきています。

僕自身も東京にいた10年ほどの間も月に1回ほど熱海に通っていました。

昭和のままときが止まったような街並み、目の前にある海や山、そして温泉、週末をゆったりここで過ごすと、忙しい都会の暮らしにもいいアクセントになりました。

都会に暮らす人にとっても、一人ひとりにとっての「熱海のつかいかた」があるんじゃないかと思っています。

ここまで10年以上、まちづくりの活動をしてきて変わってきた熱海の街。熱海で今何が起こっているのか?熱海暮らしって?その他、現在進行中のまちづくりプロジェクト…などなどお話したいと思います。

今回、これまでのまちづくりの活動をまとめた本「熱海の奇跡」を出版しました。それも記念しての熱海について語る会を開催です。

熱海や地方で「暮らす」「働く」「起業する」に興味がある方 、まちづくりに興味がある方、熱海って行ったことないけど……って方でも、熱海が気になる方は誰でも歓迎です。

ぜひお気軽に遊びに来てください。


市来 広一郎(いちき・こういちろう)
株式会社machimori代表取締役/NPO法人atamista代表理事
熱海生まれ、熱海育ち。2007年、地元をなんとかしたいと思いUターンし、ゼロから地域づくりに取り組み始める。空き店舗をリノベーションし、宿泊施設「guest house MARUYA」やコワーキングスペース「naedoco」などを運営。シャッター街となってしまったエリアを再生している。熱海で創業支援プログラムも運営し、街を担うプレイヤーも増やしている。
【ホームページ】
http://machimori.jp/

※当イベントは事前予約不要ですが、よろしければ下記の「イベントに参加する」より、当イベントのfacebookページにて「参加予定」へのチェックをお願いします。
※なお、SNSを介して発生したトラブルなどの責任は負いかねますこと、あらかじめご了承ください。
※しごとバーでは、特定の思想や宗教、マルチ商法、情報商材の販売などに関わる方の参加はご遠慮いただいております。そのほか、セクハラ行為なども含めて、参加者に不快感を与える行為を目撃した方はお知らせください。

 日時

2018/07/20  20:00 開始
※イベントのメインは22:00くらいまで

 会場

リトルトーキョー2F

 参加費

1ドリンク制

はじめての方へ       求人掲載について       運営会社       プライバシーポリシー       お問い合わせ