TOP>イベント >しごとバー >せとうちディープナイト

せとうちディープナイト


こんにちは!瀬戸内を拠点として、ローカルな暮らしの魅力を体感できるゲストハウス文化を日本に広めた、アースキューブジャパンの中村功芳(あっちゃん)と、広島県福山市で「暮らしの台所 あがりこぐち」というお店を経営している倉田敏宏(くらとし)です。

私たちが暮らしている瀬戸内には、私たちもまだ知らない、ディープな魅力が眠っている場所がたくさんあります。

木造校舎を改装したお花屋さん
地元の人が通う大衆食堂
誰にも知られていない瀬戸内の夕焼けを見られる小さな山

ガイドブックに載っている有名な観光地をまわるだけではなく 、その土地に息づく文化や暮らし、そこで暮らす人たちが大切にしている暮らしに触れるような旅は、とても豊かで、どこか懐かしい気持ちにさせてくれます。

私たちは、そんなまだ発掘されていない瀬戸内の楽しみ方を伝えていく活動をしています。

「せとうちディープナイト」では、ディープな瀬戸内エリアの楽しみ方や、瀬戸内に限らず日本のローカルな暮らしのディープな魅力の見つけ方をざっくばらんにお話できたらと思っています。


中村 功芳(なかむら・あつよし)
NPO 法人アースキューブジャパン代表理事
日本のローカルな暮らしの魅力を伝えていくための活動を全国で行う。主催する「ゲストハウス開業合宿」や「なりわい合宿」では、パグリックな精神を持ったプレイヤーを育成。開業した人が100名を超え、全国モデルになるまちづくり拠点や家族の笑い声がもれる食卓のある生業を生む。自らも空家を活用してカフェやゲストハウスの運営を始め、3年で世界52カ国、12万人以上が集まる地域発信の拠点へと成長させる。2015年観光庁長官からその取組を表彰される。
【ホームページ】
http://earthcube.jp/


倉田 敏宏(くらた・としひろ)
株式会社tahcimachi 代表取締役
1994年広島県福山市沼隈町出身。東京でソーシャルベンチャーでインターンをした後に、地元である広島県福山市に帰り、株式会社tachimachiを設立。耕作放棄地再生プロジェクト「シトラスの谷プロジェクト」の立ち上げやまちづくり企画などを行っている。2018年3月より、福山駅前に「暮らしの台所・あがりこぐち」を開業。 プライベートでは瀬戸内海で釣りやイノシシを捕まえたりして、瀬戸内の自然を満喫している。好物はイノシシのハツ。
【ホームページ】
https://www.facebook.com/agarikoguchi/

※当イベントは事前予約不要ですが、よろしければ下記の「イベントに参加する」より、当イベントのfacebookページにて「参加予定」へのチェックをお願いします。
※なお、SNSを介して発生したトラブルなどの責任は負いかねますこと、あらかじめご了承ください。
※しごとバーでは、特定の思想や宗教、マルチ商法、情報商材の販売などに関わる方の参加はご遠慮いただいております。そのほか、セクハラ行為なども含めて、参加者に不快感を与える行為を目撃した方はお知らせください。

 日時

2018/07/22  20:00 開始
※イベントのメインは22:00くらいまで

 会場

リトルトーキョー2F

 参加費

1ドリンク制

はじめての方へ       求人掲載について       運営会社       プライバシーポリシー       お問い合わせ