TOP>イベント >しごとバー >佐渡がすきナイト

佐渡がすきナイト

shigotobar - 2
日本海の離島「佐渡島」にどんなイメージをお持ちで?
田舎?寒そう?う~んよくわかんない人、大歓迎!

佐渡市地域おこし協力隊3名・・
「あなたの佐渡島のイメージを造りに」東京へ舞い降ります!

熱く語り合うためのサポート体制は万全。
島を走りまわって佐渡の全酒蔵より日本酒を手に入れ、
棚田BOYプレゼンツの棚田米にぎりめしや、
和装女将が佐渡の酒に合うつまみもご用意。

とりあず、飲んで語って佐渡を好きになる夜へいらっしゃい
きっとこの夏、佐渡に来たくなるっちゃ!


★棚田BOY(岩崎隊員)
専門学校で製菓を学び上京。が、しかしあっけなく撃沈!
関東で模索するものの考えついた場所は「佐渡を若い力で盛り上げたい!」ということで、
生まれ故郷佐渡の地域おこし協力隊を受け、現在に至る。
農業支援・中山間地の情報発信などを担当。「棚田を未来へ」を合言葉におっちゃんたちと日々奮闘中!!

★和装女将(熊野隊員)
佐渡にたった1度の旅行で移住を決めてしまった暴走女将。女将というか、ただの着物好き酒好き。
「みんな佐渡好きになったらえぇねーん!」と移住・定住支援を担当。
佐渡の大自然と人情にすっかり溶け込み、関西弁を忘れ佐渡弁になるほどに・・・。
「都会暮らしでは毎日15円のもやしを買ってたのに、今では鯛すらお裾分け!嗚呼、佐渡暮らし幸せ♡」

★新米女子(斉藤隊員)
今年3月着任の新米ガール。東京で商品PRや企業広報の仕事をやっていた経験を活かし、
佐渡をあらゆる角度・切り口で、PRしつつ、ゆくゆくは沖縄を抜く島ブランドを作り上げたいと構想中。
シャッター商店街の活性を中心に、佐渡の産業振興のサポートを実施。
「終電が当たり前だった東京の生活では考えられない、20時就寝でお肌と心が生き返ってきました。」


「佐渡市 地域おこし協力隊」
トキと暮らす山里は、新潟県佐渡市にて現在16名で活動中。
<協力隊ブログ>http://sado-chiiki-okoshi.blog.jp/

【イベントFBページ】
https://www.facebook.com/events/492749090890137/492943257537387/

 日時

2015/07/31  19:00

 会場

リトルトーキョー

 参加費

1ドリンク制

はじめての方へ       求人掲載について       運営会社       プライバシーポリシー       お問い合わせ