TOP>イベント >文章で生きるゼミ

文章で生きるゼミ

first_logo
しごとゼミはいろんな分野のプロフェッショナルの講師とともに、既存プロジェクトの実績を惜しげもなく公開しながら、ケーススタディを通して学ぶゼミナール形式のスクールです。

講師はゼミで教えながら、一緒に働ける人との出会いも期待しています。受講者は生きた知識を得るとともに、働く機会も得られるかもしれません。働くつもりがない人であっても、もちろん講師は本気で教えます。

今回は「文章で生きるゼミ」を開催します。文章を書くことを仕事にしたい方はぜひ参加ください。希望者は日本仕事百貨で自分の書いた文章を掲載することも可能です。

※今回の募集は終了しました。ご応募ありがとうございました。

underline

文章を書くことを仕事にしたい。自分のメディアを持ちたい。そう考える方もいらっしゃると思います。

もしくは今の自分の仕事をする上で、文章が必要な方もいるかもしれません。たとえば、ホームページやSNSで商品を紹介したり、自分の仕事のことをブログなどで書いてみたり。

まったく新しい仕事をつくることだってできると思います。

映像やVR、音声など、情報を伝達する手段が増えたり進化したとしても、言葉でコミュニケーションすることはなくならないと思います。

そのときに大切なことは、伝えるよりも伝わること。

インターネット上では、いかに多くの人に読んでもらうか、ということも目的になりがちですが、このゼミでは細かなニュアンスも含めて、しっかりと思いを伝えるにはどうしたらいいか考えていきます。

大切なことは、話し手、読み手、そして書き手自身の気持ちに寄り添うことです。

nakamura_pr
日本仕事百貨代表/株式会社シゴトヒト代表取締役

1979年東京生まれ。明治大学大学院建築学専攻卒業後、不動産会社株式会社ザイマックスを経て、生きるように働く人の求人サイト「日本仕事百貨」を企画運営。シブヤ大学しごと課ディレクター、シゴトヒト文庫ディレクター、グッドデザイン賞審査員・フォーカス・イシュー・ディレクター、リノベーションスクールユニットマスターなどを務め、東京の真ん中に小さなまちをつくるプロジェクト「リトルトーキョー」や「しごとバー」の企画・デザインを監修。現在はだれでも映画を上映できる仕組み「popcorn」の準備中。著書「シゴトとヒトの間を考える(シゴトヒト文庫)」。


underline

話し手のことを考える

文章を書くときにもっとも大切なことは、アウトプットよりもインプットです。

つまり、聞くことであり、正確に情報を集めることです。

もしインタビューをするなら、話し手が考えることをいかに引き出せるか。それがもっとも大切なことになると思います。

まずは話を聞くこと、そして聞かれることとはどういうことなのか考える時間をつくります。

読み手のことを考える

テープ起こししたものをそのまま読んでもよくわからないことがあります。会話では成立するものも、そのまま文章にしたら理解できないことはたくさんあります。

ニュアンスを変えることなく、生き生きとした会話を再現するために、編集することは大切な能力です。

このときに考えなければいけないことは、どこまで読み手のことを想像できるかです。

はじめて文章を読んだ読み手はどう感じるのか?そこに感情移入して文章を書いていきます。

書き手のことを考える

話し手から言葉を引き出して、読み手のことも考えたら、最後に自分自身が文章と向き合っていきます。

話し手→読み手→書き手の順番に書きましたが、慣れていくとその三者を同時に存在させることができます。

三者の視点で話を聞き、文章にしていくことを実践していきます。

underline

ゼミスケジュール

第1回 2/3(金)19:30〜21:30
「話を聞く、話してみる」
まずは人の会話を聞きながら、どう感じるか考えてみます。
参加者同士でインタビューをしてもらいます。

第2回 2/17(金)19:30〜21:30
「文字にして失われるものを考える」
インタビューしたものを、そのまま文字に起こして読んでみます。会話なら分かるのに、文章にしてみるとわかりづらい。
なぜそうなるのか一緒に考えていきます。

(補講1) 3/1(水) 19:30〜21:00
時間が足りない方、個別に相談したい方は、ここで時間が許す限り、補講を行います。同時開催の「場の編集ゼミ」参加者と合同になります。

第3回 3/3(金)19:30〜21:30
「インタビューを文章にする」
インタビューした内容をまとめて、相手を紹介する文章を書いてもらいます。

第4回 3/24(金)19:30〜21:30
「それぞれが書きたい文章を書いてみる」
自分はどういう文章を書きたいのか考えてみて、実際に書いてもらいます。

(補講2) 4/7(金) 19:30〜21:00
時間が足りない方、個別に相談したい方は、ここで時間が許す限り、補講を行います。同時開催の「場の編集ゼミ」参加者と合同になります。

第5回 4/8(土)16:00〜18:30
「発表」
みなさんの文章を発表してください。19時から「場の編集ゼミ」と合同で懇親会を開催します。

場所
東京都江東区三好1-7-14 リトルトーキョー2階
※場所が変更になることがあります。

参加費
¥37,800(税込・5回分+補講)

定員
12名程

募集期間
2017年1/4(水)まで。応募者多数の場合は選考させていただきます。

概要

  • しごとゼミは実際のケースを通じて仕事への取り組み方や考え方を学ぶ場です。
  • 仕事のスタンスや考え方に共感できる人と出会うことができます。過去のゼミ生ともつながります。
  • 講師側は仕事の仲間探しを、受講生は共感できれば求人に応募もできます。
  • 一緒に働く働かないに関わらず、講師側は本気で伝え、教えます。
  • 本気なので、普段言えない話もありますし、秘密も守ってもらいます。
  • 基本的に毎回、課題を仕上げてきていただきます。
  • 希望者は内容によっては日本仕事百貨へ自分の文章を掲載することも可能です。
  • 同時開催の「場の編集ゼミ(文章で生きるゼミ前日、19:30〜21:30)」の聴講も可能です。


対象の方

  • 文章を書く仕事をしたい。
  • 日本仕事百貨で働きたい。
  • 今の仕事に活かしたい。
  • 自分の本を出版したい。
  • 自分のメディアを持ちたい。



 日時

2017/02/03  19:30

 会場

リトルトーキョー

 参加費

¥37,800

はじめての方へ       求人掲載について       運営会社       プライバシーポリシー       お問い合わせ