求人 NEW

音に魅せられて
音色を感じ、楽器と向き合う

※この仕事は募集終了いたしました。ご応募どうもありがとうございました。

頭で考えるより先に「いいな」と感じる。

人の心を魅了する音色とは、そういうものなのかもしれません。

弦楽器専門店シャコンヌの創業者・窪田さんは、40年以上、いい音の鳴る楽器とはどのようなものかを探り続けてきました。

目指したのは、17世紀に弦楽器職人ストラディバリによってつくられ、300年以上経った今でも楽器の名器と称される「ストラディバリウス」。

窪田さんはこれまでに550挺(ちょう)以上ものバイオリンを製作してきました。

「楽器の製作・修理・調整の仕事は、いいと思う音かどうかのせめぎ合いの部分を、自分の耳で感じながら手を動かし、はっきりさせていく。その繰り返しです」

働いている人たちに話を伺っても、いい音を目指して感覚を研ぎ澄ませていく姿勢が印象的でした。

弦楽器の販売から、修理・調整、製作まで手がけるシャコンヌで、東京・吉祥寺店の営業事務職と、店舗の技術職を募集します。

 
向かったのは、シャコンヌ本店のある愛知・名古屋。

名古屋駅からは地下鉄東山線に乗り換え、1駅隣の伏見駅で降りる。

白川公園方面へ歩くこと5分ほどで、シャコンヌのお店の入ったビルに到着する。

ビルの2階は、楽器の保管室兼展示ギャラリーと、お客さんが気軽に利用できるサロン。3階は店舗兼工房で、11階も工房になっている。

2階で迎えてくれたのは、冒頭でも紹介した、創業者の窪田さん。

お会いするのは前回の取材から1年ぶり。穏やかな語りを聞くと、そのときの様子を思い出す。

実は窪田さん、もともとバイオリン製作を専門に学んできたわけではないという。

自分で製作をはじめたのは、9年ほど前のこと。

あらためて、これまでについて伺う。

「大学を出て貿易会社に勤めていたとき、ヨーロッパの弦楽器オークションについて知ったんです。経験も何もなかったけれど、とにかく音楽が好きで。どうしても楽器に携わりたいと、ディーラーになるためヨーロッパに渡りました」

何度もオークションに通ううち、弦楽器の製作者や修理者との交流も生まれ、鑑定する眼が養われていった。

安い値段で売られているものの中にも、「いい楽器」が隠れていることがわかるように。

たとえば、1600年代~1800年代初頭につくられたとされるオールドバイオリン。

窪田さんは、オークションでオールドバイオリンを仕入れては解体し、修復していく。

「余分に塗られたニスをはがした状態で楽器を鳴らしてみると、いい音が鳴るんですね。特に低い音は響くような感じがして」

「なぜだろう?と、試しにオールドバイオリンの板面を指の関節で叩いてみると、太鼓の皮のようなボンボンという低い音がする。同じように現代のバイオリンを叩いてみると、カンカンと高い音がする。すごく差があるなと感じたわけです」

現代のバイオリンのつくり方は、ストラディバリウスの形を真似て、板の厚みをミリ単位で計り、それに合わせてつくるのが一般的。

けれど、ストラディバリウスをはじめオールドバイオリンのほうが、いい音がする。単に形を真似ることよりも、もっと本質的なことが根底にあるんじゃないかと、窪田さんは考えた。

「バイオリンは、ひょうたん型のような表板と裏板、横板の箱からなります。非常に複雑な形です」

「ストラディバリウスのつくられた時代に特殊な測定器はないだろうから、機械で測ってつくったとは考えにくい。自分の身の回りにある法則から学びながら製作していたと思うんですね」

そう言って、窪田さんはボールを例に挙げながら話を続ける。

「鞠やボールを最もシンプルな形の箱だとします。同じ強度でできているボールは、よく弾むもの。バイオリンという複雑な形をした箱も、すべての部分が振動しやすくなれば、音が響くようになるはずです」

「ではどうするかというと、木は年輪や節などによって強度が異なるので、板面を叩いたときの音程を合わせて、強度を一定にしていく」

ある理論に則って基準にする音程を決め、板面を叩いて音を聴き、基準の音程より高ければ削る。音程が合うまでそれを繰り返す。

さらに、木はしばらくすると削ったところが酸化して硬くなるため、時間をおいてはまた削り、音を合わせる。そうしてやっと、安定した響きを維持するのだという。

「どこを削っているか目で追いながら、音を感じて、耳でつくるという感じです」

 
もう一つ、大事な要素となるのが、ニス。

ニスを塗って乾いた面は、金属に近いような硬さに変化するから、少量でも音の差に大きな影響が出るのだそう。

シャコンヌでは、松ヤニを煮込み、それを油で溶いたニスを使用している。煮込む時間や油と混ぜる比率など、無限にある組み合わせからベストな状態を研究し、見つけ出したもの。

そのほかにも、改良を重ねてきた。

昨年4月、新しくつくりあげたバイオリンの音を、研究者と協力して測定すると、なんとストラディバリウスの音とデータがほぼ一致するという結果に。

「1年経って、もう一回調整して弾いてみると、遠くまでよく鳴るし、音色もいいし、力を入れなくても弾きやすい。自分でつくったものに対する信頼は、以前よりも安定してきているのかな」

「それでもやっぱり、未だに製作していると行き詰まって苦しいときもあって。ちゃんとやるということは、本当に時間のかかることだからね」

 
これからは、今までつくってきた楽器と同じレベルのものを、どれだけ多く世に送り出すかが重要だと、窪田さん。

そのためにも、技術を受け継いでいく人を社内で育てていきたい。

新しく技術職の一員となる人は、研修を経て、楽器の修理や調整を手がけていくことになる。

「楽器は繊細なもので、つくって終わりではなく、楽器の持つ能力を維持させることが大切。まずその技術をつけることが先決です」

使用するうちに、摩擦でつやがなくなっていく弓の毛を替えたり、パーツを差し込む穴の歪みを直したり。

駒と魂柱というパーツは、形の精密さはもちろん、取り付ける位置関係も音の鳴り方に大きく影響するのだそう。だから、いちばんいい音のなる位置がどこかをきちんと確かめていく。

どの仕事も、緻密で正確さを求められるもの。

わからないことがあればどんどん先輩に質問したりアドバイスをもらいながら、粘り強く、技術を自分のものにしていくことになるのだと思う。

 
「この仕事をしていて感じるのは、自分の未熟さです。良く言い換えれば、伸びる余地があるということなのかな。経験豊富な人たちからいろんなことを吸収して、前向きに仕事をしていきたいと思っています」

そう話すのは、入社5年目の川上さん。

小学生のころからバイオリンの音が好きで、一生かけてやるのなら好きなことを仕事にしたいと考え、シャコンヌに入社。

「修理の仕事をはじめたときは、自分の思い描く形と音はあるのに、うまくできなくて。『なんでできないんだろう!』と、つらく感じることもありました」

それでも、この仕事を選ばなければよかったと考えたことは一度もないという。

根っこには「音楽が好き」という気持ちがあると、川上さん。

2〜3年ほど前からは、ニスを煮込む工程を任されている。

「どんな仕事かというと、松ヤニの硬度を決定します。まずは窪田会長に基本の手順を教わり、そのうえで実際にやりながら工夫していきました」

ストラディバリウスなど古い名器の資料や写真を見ながら、出したいニスの色を頭に思い描く。

「煮込みが足りないと薄くなってしまうし、煮込みすぎると焦げて黒っぽい色になってしまうので。悩みながらも自分の勘を鋭くして、ちょうどいい状態を見つけていきます」

勘を鋭くする。

「はい。たとえば、鍋で煮ていると最初は松ヤニの樹液らしい匂いだったのが、だんだんと酸味がかった匂いになってきます。変化を捉えながら、このくらいかなと思えば、取り出します。冷ましたものを指で潰して、そのときの感触や色を見極めていくんです」

ニスの煮込み一つとっても、身体のいろんな感覚を使うんですね。

「そうなんです。それでも、本当にいいものがつくれたかどうかわかるのは100年、200年後のこと」

「僕がいなくなった後も自分の仕事が残っていくと考えたら、面白いですよね」

 
最後に紹介するのは、名古屋本店で営業事務職を務める松田さん。

「就職活動中に、自分のやりたい仕事がわからずにいて。そんなとき日本仕事百貨でシャコンヌの記事を見つけたんですね」

「小学生のころから大学入試に臨むまで、バイオリンを趣味に弾いてきたので。今からでも関わることができたらうれしいなと思って、応募しました」

今年4月に新卒で入社。

基本の仕事は、来店したお客さんに楽器を紹介すること。

ほかにも楽譜の管理や電話問い合わせの対応など、さまざまな役割を柔軟に担っている。

「入社して少しずつ仕事を覚えながら、慣れてきたらどんどんやってみようという感じだったので。自分で仕事を見つけて動いていかないといけないなと、すごく感じました」

具体的にはどんなふうに?

「そうですね。楽器のことを知っていないと自信をもって紹介できないので。時間のあるときには製作された時代や土地、歴史についての資料を見たり、わからないことがあれば技術職の方に質問したり」

「それから、お店にある楽器を自分で弾いて、どういう特徴の音だなと考えながら、人に伝えられるように意識しています。たとえ経験がなくても、そういうことに興味を持てる人は向いていると思います」

来店するお客さんは、これから楽器をはじめるビギナーもいれば、プロで活動している演奏家もいる。

「初心者のお客さまだと、何を基準に選べばいいかわからないと思います。そのなかでも、これがいい!と思って買ってもらいたくて」

「どんな楽器か紹介しながら実際に触ってもらったり、必要であれば私が音を鳴らしたりしながら、お客さまの話を聞いていきます。楽器を購入したあとの調整や修理についてもご紹介して。その日買ってもらわなくても、シャコンヌを選んでもらえたらなと思って接しています」

普段のお店での業務に加えて、春と秋の年に2回、全国各地で開催する楽器の展示会にも出向く。

ほかにも、学生オーケストラやバイオリン教室をひらいている先生のところへ楽器の点検に行ったり、弦の販売に行くこともあるそう。

最初はわからないことも多いと思うけれど、東京・吉祥寺店には頼りになる先輩もいる。というのも、今働いているのは、長年技術職と営業職を兼ねてきた人たちだから。

どうやって楽器がつくられているか、気になることはどんどん聞いていける環境だと思う。営業の仕事にも活かせるはず。

いい楽器と、職人の仕事に触れる。

そして日々学びながら、自分のものにしていく。

ここでなら、地に足つけて、いい音に向き合えると思います。

(2018/08/03 取材 後藤響子)

この企業の再募集通知を受ける

おすすめの記事