求人 NEW

戦略的にエリアの
ブランド価値を上げる
コミュニティ・マネージャー

※この仕事は募集終了いたしました。ご応募どうもありがとうございました。

「地域のコミュニティをマネジメントするって、失礼なことだと思うんですよ。僕らがやっているのは、マーケティングの視点から、そのエリアの新しい価値を戦略的に高めていくことなんです」

株式会社PODは、小さな店舗の開発から都心の大規模な再開発、エリアマネジメントまで、広く「まちづくり」に取り組む会社です。

建築の設計・デザインなどのハード面に関わることもありますが、主に担当するのはソフトの部分。その場所のブランド価値を高めていくことで、オフィスを構えたい、お店を出したいと思えるようなまちをつくっています。

中野、京橋、田町など関わるエリアが増えるなか、今回は施設のマネジメント・運営担当として一緒に動いていく仲間を募集します。これまでにメディアや施設、イベントの運営を経験してきた人、より広く地域や場づくりに関わっていきたい人を探しているそう。

自分が前に出るというよりも、仕組みづくりをつくるところから裏方として動くことが得意な人に向いている仕事だと思います。
 
 
PODのスタッフは、それぞれ担当するエリアのコワーキングスペースなどで働いていることも多いそう。

この日は自分たちで運営するシェアオフィスにスタッフが集まっていると聞き、東京・神田へ。

扉を開けると、代表の神河さんが出迎えてくれた。

「まちづくりって人によって捉え方が違うので、うまくいかないことが多いんです。我々はまちづくりが意味するところ全部をやろうと思っていません。密に関わりながら、クライアントの施設や、そのエリアのブランド価値を高めていくことが大きなミッションです」

代表的な仕事のひとつが、中野駅前の「中野セントラルパーク」。大きなオフィスビルの横に広々とした広場と公園があり、のびのびと遊ぶ子どもたちもいれば、ゆっくり昼休みを過ごすサラリーマンもいる。

PODは開発の途中段階からここに関わり、このビルに入居する会社や店舗にとって、より価値のあるエリアになるための場づくりを行ってきた。

「最近、米国のコミュニティ・マーケティングという言葉に出会いました。それが、僕らがやってきたことそのものじゃないかって。ようやくぴったりくる言葉を見つけた感じです」

コミュニティ・マーケティングとは、オンラインゲームなどの世界で生まれた言葉。つくり手側が新しいサービスや製品を黙々とつくって発表するだけではなく、おもしろがって使ってくれる利用者のコミュニティと連携し、さまざまな人の意見を取り入れながら、製品やサービスを発展させていくというもの。

「つまり、従来からの地域にあるコミュニティだけでなく、積極的にまちに外から来る人などの新しいユーザーの使い勝手も含めて、まちについてともに考えていくんです」

「たとえばいろいろな人が使える広場がオフィスの目の前にあれば、そこで新商品をPRできる。その企画を手伝う僕らコミュニティ・マネージャーがいる。そんな環境が、企業が移転先や拠点を決める大きなポイントになってきていると思います」

2013年に中野へ本社機能を移転してきたキリングループも、そうした地域との関係性づくりができることも入居のきっかけの一つになったそう。

ランチタイムで広場にオフィスで働く人、子どもとピクニックをする人などが集う時間に新商品に触れ合えるイベントを開催したり。飲食テナントと一緒にビアガーデンを開催して、老若男女が訪れる風景をつくったり。

「まちづくり」という言葉はふわっとしたイメージを持たれることもあるけれど、PODではプロとして仕事を担えるよう、体系的に考えながらプランニングや運営を行っている。

「鉄道会社とか大手の不動産会社、行政など、プラットフォーマーと一緒に仕事をしています。みんな、まちに関わったほうがいいってわかってるんだけど、具体的な方法を考えあぐねたり、慎重にならざるを得ない部分があったりします。そういうときに我々が参加して、体系的な仕組みづくりと現場の実践を担ってます」

2020年は人の生活が変わり、空間への考え方が変わった年でもあると思う。都市にあるオフィスは、これからどうなると思いますか。

「ここにきて、不動産の意味合いが深まったと思うんです」

意味合いが深まった。

「はい。オンラインでいろいろなことができるようになった一方で、ニュアンスを伝えるとか文化を共有するとか、リアルじゃないとできないこともわかってきましたよね」

「わざわざみんな出社したんだから、リアルでしかできないディスカッションをしましょうってことになったり。もしくは偶然の出会いを生むような仕組みが求められたり。その場所の価値を高めていくことが求められている。僕らはイベント会社ではなくて、施設の価値全体に関わる制作担当なので、新しい場づくりには、僕らのような役割がより必要になっていくと思います」
 
 
入社して5年が経ったという本多さんは、中野セントラルパークの担当を経て、今はいくつかのプロジェクトに横断的に関わっている。

以前はIT系の仕事をしていたという本多さん。システムをつくって納品したら関係が終わってしまうことに違和感があったそう。

PODの仕事は未経験で飛び込んだけれど、関係が続いていくことが楽しいという。

「中野セントラルパークで開催した盆踊りは、印象に残っていることのひとつです。地元の人たちが自主的にやるイベントだから予算もそんなにないし、人がたくさん集まるから安全面に配慮しないといけない。運営は大変でしたが、やってみたら大成功で。地域の方やオフィスで働く方も一緒になって盛り上がったんです」

イベントを企画・運営する主体はあくまでも地元の人。本多さんは安全に、そして気持ちよくスペースを使ってもらえるようサポート役に徹していた。

「その後、関わった人たちが一緒になって、中野でイベント会社をつくったんです。個人的にはそれがすごくうれしくて。自分が成果をあげるというより、周りの人たちが自然にうまくいくサポートができて、よかったなって」

そんな中野での経験を活かして関わっているエリアのひとつが、田町駅前の再開発。今はさまざまな地域の人や店舗・企業にインタビューを重ね、意見交換をしているところ。

新しく建ったタワーマンションに引っ越してきた人もいれば、古くからの由緒あるお家もある地域。地価がまだ高くなかったころに住み始めた地元の方もいて、ごちゃまぜになっているのが特徴的な場所なんだそう。

「施設内の様々なスペースをどういう場所にすべきか、どう使ってもらえるといいのか、施策を立てている最中です。入居者にはオフィスやお店を構えてよかった、地域からは良い施設ができてよかったと思ってもらうには、なにができるだろうって考えています」

あたらしく入る人も、本多さんのように1つのプロジェクトにじっくり関わるところから仕事をはじめてもらう予定。どのエリアを担当してもらうかは、お互いにできることを確認しつつ、相談しながら決めていきたい。

「関わる人たちが動きやすいように、人の話をよく聞いて動くようにしています。メディアの編集や、イベント、場づくりといった経験が活かせる仕事だと思います」

「もっといろいろな人を巻き込んで、オフィスを構える人にとっても、暮らしている人にとってもいい関係を育んでいきたいです」
 
 
最後に紹介する飯島さんは、雑誌の編集や地方物産のブランディングなどさまざまな経験を経てPODに入社した方。

振り返ると、ブランディングを手掛ける会社での経験が今につながっているという。

「有田焼の産地で、つくり手のみなさんに話を聞いたり、一緒になってまちのことを話したり。その時間がすごく楽しかったんですよね」

もっとまちづくりに関わってみたい。そう考えていたとき、日本仕事百貨で掲載していたPODの記事を見つけた。

「正直、オフィスビルのブランディングって言われても最初はピンと来ませんでした。面接で話を聞いているうちに、京橋エリアにすごく興味が湧いてきて。骨董通りと呼ばれるあたりには、画廊やギャラリーが150軒くらい集まっているんですね。まだまだ世の中に知られていない価値を広げていくことに携われたらおもしろいんじゃないかって」

担当になったのは、京橋にある東京スクエアガーデンを中心としたエリアのブランディング。なかでも大きな仕事のひとつが、地域情報のWebメディア「東京街人」を運営することだった。

「このエリアの価値を発信して、オフィスビル・エリアとしてのブランドをつくっていくのが目的です。どんな人がいるのか紹介したり、地域の歴史を紹介するコンテンツを掲載したり」

コツコツと取材を続けることで、この地域の情報が詰まったメディアに育ってきた。今では、「東京街人」をきっかけにテレビや新聞など大きなメディアの取材も増えてきて、エリアの魅力がさまざまな角度から認識されるようになってきた。

「たくさんのお金をかけてプロモーションするのではなくて、京橋の価値を見えるようにしていく。持続的なエコシステム、仕組みをつくることが私のミッションですね」

「あとは取材を通じて、一緒に“コト”づくりをしてくださる相手を探しているというか。まちの人に出会いながら、仲間づくりをしているような感じがあります。取材先として関わりができた旅行会社さんと一緒に、京橋から見る星空ツアーを企画したこともあるんです」

メディアの運営を通じて、地域で顔見知りも増えてきたという飯島さん。ときには「こんなことやってみたいんだけど」と相談ごとを持ちかけられることも少なくない。

うれしい状況ではあるものの、いい循環ができるほど仕事が増えてしまうような気もする。

「そうですね。最初のころは、私もついやりすぎてしまって。ただ、いい循環であれば仕事が増えるというよりも、効率良く次の、よりおもしろい取り組みができるという感覚です。クライアントとも一緒に、成果と稼働日数のバランスは振り返るようにしています」

日々慌ただしくしている様子の飯島さんだけれど、入社して半年ほどは余裕を持って過ごしていたという話が印象的だった。

「その時期は先輩の打ち合わせについていきながら、すごく観察をしていました。クライアントや関わる人たちのことをよく知った上で、仕事の構造や自分のポジショニングを見極めていくような時間だったんだと思います」

役割はあくまでもサポート役。クライアントであるビルオーナー、地域で働く人、催しに参加してくれる人など、文化や考え方の違う人たちが気持ちよく関われるように、周りをよく見るのが仕事をうまく進めるコツなんだそう。

「たくさんの人が関わることなので、プランが大きく変わっていくこともあります。そこで生まれる化学反応のような、想像もつかなかったことをおもしろいと思えるから、続けているんだと思います」

「まちづくり」や「ブランディング」と言うと大きな話に聞こえるけれど、まずは地道に自分の役割を担い、信頼を積み重ねていくことからはじまる仕事だと思います。

縁の下の力持ちからのご応募、お待ちしています。

(2021/2/9 取材 中嶋希実)

この企業の再募集通知を受ける

おすすめの記事