求人 NEW

つくれないものはない

※この仕事は募集終了いたしました。ご応募どうもありがとうございました。

いろんな会社に取材に行って感じるのは、世の中には本当にたくさんの仕事があって、日常生活の見えないところで支えられているということ。

今回取材に訪れた会社でも、あらためてそのことを感じました。

電車や地下鉄のホームドアから、高速道路のETC、テーマパークのアトラクションまで。人知れず社会を支えているのが、株式会社武杉製作所です。

武杉製作所は、主に錠やかんぬき、蝶番や把手(とって)など、建築金物と呼ばれる部品を製造している会社。

最近では、タンブラーやボトルといった一般ユーザー向けの自社製品づくりにも取り組んでいます。

今回募集するのは、営業と現場での製造にかかわる人。職種上はわかれていますが、小さい会社かつ営業もものづくりの知識が必要なことから、職種をまたいだような働き方になります。

 

武杉製作所は、横浜の鶴見駅からバスと徒歩で15分ほどの場所にある。

こんにちは、と外にいる人に声をかけると、作業場の上の階にある会議室に通してもらった。建物は普通のアパートのような感じだけれど、その壁を取っ払って作業場にしているみたい。

しばらくすると、代表の笠原昇さんが迎えてくれた。

「ここはもともと社員寮として使っていた建物なんです。今はいくつかの部屋をひとつなぎにして、工場や倉庫として使っているんですよ」

もともとは、戦後に大田区でミシンを製造販売したのが会社の始まりだったそう。その後一度廃業し、電機部品をつくる会社として再スタートした。

「単純に部品をつくるだけじゃだめだろうということで、先代がいろいろと考えて。ミシンって、部品に鋳造品を使うんですが、その技術を活用してなにかできないかっていうことで、ロストワックス鋳造というのを始めたんです」

ロストワックスとは、名前の通りワックス(ロウ)をロストする(消す)鋳造方法。

まずロウで原型をつくり、そのまわりを鋳砂や石膏で覆い固める。その後加熱し、ロウを溶かして除去。その空洞に金属を流し込むことで原型とおなじ鋳物ができる、というものだ。

金型で鋳造する通常の方法に比べると、大量生産には向かないものの、精度が高く、また融点にかかわらずさまざまな金属で製品をつくることができるのが強みなのだとか。

「うちの一番のお客さんが、タキゲンっていう金物屋さんなんです。そこは、大手の家電やIT系、官公庁など、幅広く取引をしていて。その一番の製造元がうちなんですよ」

タキゲンの建築金物業界でのシェアは、なんと日本で一番。道路や電車関係の部品から、ディズニーランドのアトラクション用の部品といったものまで、タキゲンが扱う製品の多くを武杉製作所がつくっている。

それだけのシェアがあるというのは、ロストワックス鋳造は簡単に真似できない、むずかしい技術なんでしょうか?

「それがね、たとえば同じものを1万個つくってくれるところはたくさんあるんです。でも10個だけほしいとか、100個を一ヶ月おきに納品してほしいとか。少ない量で細かい希望に応えることは、大手の企業さんではむずかしい。そこに応えているのが、うちの強みなんですよ」

自社で設計もできる武杉製作所。お客さんが「こういうものがほしいんだけど」と相談に来れば、イメージの段階から設計、材質の選定、加工・組み立てまで、一手に引き受けることができる。

 

現在は、台湾や中国にある協力会社でロストワックス鋳造を行い、できた製品を日本で仕上げ・組み立て・検品・発送までしているそう。

具体的にどんなふうにものづくりの過程が進んでいくのか。専務の成晃さんに聞かせてもらう。

社長の昇さんの息子で、通信系の商社で働いたのち、10年前に武杉製作所へ入社した。

「うちの営業スタンスがちょっと変わっていて。お客さんから出てくる話が、ほかと比べていくら安くなるか、みたいな価格ベースであれば、無理して追いかけなくていいよって言ってるんです」

「それよりも、ほかじゃつくれないと言われて困っているとか、そもそもつくれるのかわからない、というものに対して、じゃあ一緒にやっていきましょう、というのを大切にしていて。新規でご依頼いただくのは、大体そういった話が多いですね」

たとえば、と見せてくれたのが、「海外向けのピーラー」だというこの製品。

ピーラー… というには変わった形ですね。

「そうですよね(笑)。僕もなんだろうこれと思って。これをロストワックスでつくってフィリピンで売りたいっていう相談だったんです」

普通に考えると、日本よりフィリピンのほうが物価が安いため、日本でつくってフィリピンで売るのは割高になる。それでも武杉製作所へ相談に来たのには、理由があった。

「よくよく聞くと、実はこれ、本当は闘鶏のための道具で、鶏の足につける武器らしいんです。フィリピンではこれを手作業でつくっているらしくて」

「量産したいけど、日本じゃ前例のないものだし数も中途半端だから、つくってくれるところがないと。闘鶏って聞いてびっくりしましたけど、困っているならじゃあ一緒にやってみましょうって、現地にも行って材質から考えてつくりました」

形や材料も決まり、製品はお客さんにも納得してもらえる仕上がりに。ただ、ちょうどコロナ禍に入ってしまったことで、いまは一旦製造をストップしているのだとか。

「ほかと比べて値段で勝つというのは、うちの規模じゃむずかしい。だからほかじゃできないって言われたものを、形にする。うちにつくれないものはないので、そういうところに価値を感じてくれるお客さんと仕事をしていきたいと思っています」

事業の柱となっている部品製造。それに加えて最近新たに取り組んでいるのが、一般ユーザー向けの自社製品だ。

「一番は、面白いことをやってみたいという思いからで。それで考えたのが、チタンを使ったタンブラーでした」

「たとえばこれがステンレスだったら、ほかの会社でも比較的簡単につくれるんですよ。チタンって素材自体も高価だし、すぐに酸化してしまったり、加工中に割れやすかったりと、高い加工技術が必要な素材なんです。だからこそやってみる価値があるんじゃないかって」

CADで図面をつくり、3Dプリンターで試作品を製作。その後ロストワックス鋳造で実物をつくり、改良を重ねていった。

持ちやすい形状で、底面にはゴム素材がつけられているので、置いたときに動きにくい親切設計。

なによりこの青がすごくきれいですね。

「表面処理はこだわりのポイントなんです。化学研磨っていうんですが、薬液につけて電気を流すことで発色をコントロールしていて。金属そのものの色なので、メッキのように剥がれることもない」

「クラウドファウンディングでも250万円ほど支援をいただくことができました。手にしてくれた人からも、軽くて色がきれいだと、いい感想をいただいています」

現在はECサイトで販売中。日本酒が飲める小さいサイズのものやボトルサイズのものも試作していて、随時販売していきたいと考えているそう。

とはいえ、自社製品づくりに興味がある人も、まずは製品の組み立てや品質検査といった現場の仕事を経験して、知識を増やしていくことが必須になる。

そのなかで、自分のできることを少しずつ広げてほしい、と成晃さん。

「うちはコツコツタイプが多いような気がします。ものづくりってやっぱり知識が大事なので。一つひとつ地道に階段を登ってくれるような方がいいかなと」

「あともう一個伝えたいのは、僕たちがつくったものはそのまま完成品として世の中に出て、電車や高速道路といったインフラを支えている、ということ。これは目に見えるやりがいでもあるし、同時に責任でもあります。しっかりしたものをつくる。そこはちゃんと意識してもらいたいですね」

 

最後に話を聞いたのは、昨年の4月から働いている宮崎さん。

聞くと、前職で同期だった人が武杉製作所に入り、その人の誘いで入社を決めたそう。

「誘われたときは迷いましたね。チタンタンブラーとか新しいことにチャレンジできるのが面白そうだなと思ったのと、決め手はやっぱり、『つくれないものはないから、一緒にチャレンジしようよ』って言ってもらったことでした」

それは、力強い… かっこいい誘い文句ですね。

「かっこよかったです(笑)。ものづくりは未経験でしたけど、その言葉で自分もやる気になりました」

入社後は、まず現場に入り、製品の組み立てや品質確認などの仕事に。

「最初つくったのがなんだったっけな、1372だから… ETCのセーフボックスの鍵ですね。一番右のやつ」

高速道路にある料金所のETCレーン。そこにある制御ボックスの鍵がこれなのだそう。

というか、品番で覚えているんですね。

「僕はまだまだ自分が触ったことのあるものくらいしかわからないですが、先輩方は品番でこの部品だってすぐわかるから、すごいなと思います」

部品の品番は、大まかにABCというアルファベットと、4桁の数字でわけられている。品番で形が思い浮かぶようになったら大したもんだね、と社長の昇さん。

品番のほかにも、覚えることはたくさんある。たとえば、と見せてくれたのは、黒い部品。サーバーなどの機械を入れるボックスの鍵なのだそう。

「これは表面がメッキなんですけど、なんで黒いかっていうと、防衛省関係のパーツだからなんです。つまり、ピカピカ光っちゃうと敵に見つかってよくないと。だから全部黒にする」

塗装も、アクリル塗装や粉体塗装、静電塗装など。製品を使用する環境によって、適切な塗装方法が変わるそう。その知識も、一緒に仕事をしながら覚えていってもらえたらと成晃さん。

みなさんとても丁寧に説明してくれるので、初めてでも理解しやすい。新しく入る人も、こんなふうに少しずつ知識を広げていったらいいのだろうな。

作業場にはパートで入っている近所の女性が多くて、朗らかな雰囲気。取材中も気さくに話しかけてくれた。

「アットホームな雰囲気は、入社したときすごく感じました。わからないこともみなさん親切に教えてくれるし、社長や専務も現場にいることが多いので、風通しよくいろんなことを聞けるのはいいなと思います」

また、機械用のプログラミングをやってみたいという人には経費で研修に行ってもらったり、CADを勉強して3Dプリンターでなにかつくってみたいという人には、自由につくらせてみたり。

スタッフの学びたいという思いや、つくってみたいという思い。それを大切にして、伸ばしてくれるような環境でもある。

「明るく元気な方に来てほしいですね。やっぱりみんなで協力してやっていかないといけないので。自分のことだけじゃなく、まわりをちゃんと見て気を遣えるような人だったらいいなと思います」

 

目立たなくても、自分たちの仕事が社会を支えている。その静かな誇りと自信が、働いている人それぞれから感じられるような取材でした。

つくれないものはない。その言葉とともに、飛び込んでみてください。

(2021/12/9 取材 稲本琢仙)

この企業の再募集通知を受ける

おすすめの記事