求人 NEW

「やりたい」が連鎖する
子どもと大人が
成長する場

※日本仕事百貨での募集は終了いたしました。再度募集されたときにお知らせをご希望の方は、ページ下部よりご登録ください。

最近、よく耳にする「自分らしさ」という言葉。

それが何か、簡単に答えが出ない人も多いと思います。

もしかしたら、子どものときに持っていた「やりたい」というシンプルな気持ちを大切にすることが、自然と自分らしさにつながっていくのかもしれません。

今回取材をしたキンダリーインターナショナルで働く皆さんは、子どもと一緒に「やりたい」気持ちを大切にしているように感じました。

キンダリーインターナショナルは、小学生の子どもたちが放課後に通うアフタスクール(民間学童施設)を運営しています。

「起業家になろう!」という社会につながる学びや、洋服づくりや演劇などのプロジェクト型学習コースなど、子どもたちの未来を生きる力を育む学習を取り入れています。

今回募集するのは、ここで子どもたちをサポートするスタッフ。東京の勝どき、豊洲、明石日本橋にある3つの校舎を行き来することになります。

教育分野の経験は重要ではありません。子どもと同じ目線でワクワクしながら、自分のやりたいことも見つけていきたい。そんな人にぜひ知ってほしい仕事です。



都営大江戸線の勝どき駅。

駅前の大きな公園を抜けると幼稚園や小学校があって、子どもたちの声が聞こえてきた。

数分歩くと、教育関連の施設が集まるビルが見えてくる。そのビルの2階にキンダリーインターナショナルの勝どき月島校がある。

中へ入ると、週末のハロウィンパーティーに向けて、オレンジを基調とした賑やかな装飾がされていた。

笑顔で迎えてくれたのは、代表理事の森さん。

「前職で海外企業と仕事をしていたときに、海外の方ってしっかりと自己主張するし、すごく自信があるんだなと感じて。どうして、そんな自信をもった人になるんだろうって気になったんです」

教育に興味が湧いて日本の学校教育について調べてみると、自分が子どものころとほとんど変わっていない。時代はどんどん変化しているのに、未来を生きる子どもの教育が変わっていないことに、危機感を覚えた。

とはいえ、一から学校をつくるのは時間がかかりすぎる。放課後の学童保育なら何かできるかもしれないと考え、2012年にキンダリーインターナショナルを創業した。

創業当時は遊びから学ぶワークショップなどを通して、子どもたちが自分の好きなことや、強みに気づくきっかけをつくることを重視していた。

「ただ、コロナ禍になって学童保育の需要がすごく減って。あらためて『生きる力』とは何か? どのように生きる力を育むことができるか? など、事業の価値を見直すきっかけにもなりました」

これまでのプログラムは、単発で終わるものが多く、継続的な学びにつながりにくいという課題があった。

そこで新たに生まれたのが、小学1年生から活動できるプロジェクト型学習や小学3年生から始められる「起業家になろう!」というコース。

「起業家になろう!」ではテキストと動画を組み合わせて、自分なりに考えた事業アイデアをアウトプットしながら、子どもたちが自走して学べる仕組みになっている。

「この間、ぶどうとプラレールが大好きな子どもが、その2つを掛け合わせて『ぶどう農園でプラレールを走らせる様子をYouTubeで生配信する』というアイデアを思いついたんです」

「これ、ビジネス的にも面白いと思って。そんなぶどう農園に行きたいと子どもが言ったら、連れて行く親が絶対いると思うんですよ」

森さんは早速、プラレールの組み立てを仕事にしている人とコンタクトをとった。その人とアイデアを思いついた子どもをオンラインでつないで、話を聞く場を設けたという。

「アイデアがどこまで実現できるかはまだわからないけれど、話すことで好きなことを仕事にできると子どもが実感できるし、自分のアイデアが社会に出ていく喜びも得られると思います」

子どもの主体性を大切にした新しい取り組みは、保護者からの反響も大きく、ここに通う子どもたちの数も増えているそう。

「教育の本質って、社会のなかで自分の居場所を自分で見つけるお手伝いをすることだと思うんです」

子どもにとって、自分の想いに真剣に寄り添ってくれる大人がいることは、きっとうれしいと思う。

「内発的動機から活躍できる人を社会に増やしたい。できるかどうかじゃなくて、やりたいかどうかで行動できる人と一緒に働きたいですね。自分の選択肢を広げたいって人には、すごく向いているんじゃないかな」

「まさにてらっちは、やりたいことをどんどん形にしているスタッフですよ」



と、紹介されたのは「てらっち」こと、入社6年目の寺井さん。

寺井さんの発案から実現したのは、不登校の子どもと関わりの時間を持つこと。現在は火曜日の午前中に、既存のコースを不登校の子どもたちに向けて開講しているのだとか。

「今、新しくやりたいと思っているのは、小学生が参加するポケモンの世界大会に出場する子を育てることですね。まだ1%も実現してないアイデアですけど、親子ともども反応はいいんですよ」

学校教育ではできないアイデアでも、キンダリーだからできることがある。その土壌があるからこそ、スタッフ側も子どもと一緒にやりたいことが湧いてくるのかもしれない。

寺井さんは普段、起業家になろう!や探究型学習を主に担当しているという。

探究型学習とは、身近な自然や人体のことなど、あらゆるテーマについてテキストをもとに基本的な知識を学び、そこから自分なりに考えた問いを探究していくコース。

たとえば土がテーマのとき。土は有機物で、有機物とは燃やすと炭素と結びついて、二酸化炭素となって空気中に出ることを学ぶ。

すると「土を燃やしたら中の炭素が空気中に行くから、土の重さが軽くなるんじゃないか」と、子どもから問いが出た。

実際に確かめてみようとフライパンで土を燃やす。結果、減ったのは2gのみ。

「その子は『思っていたほど軽くならなかった』と言ってました。そこで止まる子もいるし、さらに問いを立てて深掘りする子もいます」

スタッフは手助けするけれど、正解を教えることはしない。

「キンダリーで使っているテキストは、外部の方とスタッフが一緒につくっています。毎年、現場スタッフの声をもとに内容を変えるんですが、数年前からそのファシリテーターを僕が担当していて」

「長く働いていても、やることがどんどん変わっていくので面白いです。子どもたちのためにこういうことがしたい!っていうのを、森さんも応援してくれるので。そこは、動きやすい環境があるのかなと思います」



次に話を聞いたのは、入社4年目の小山田さん。

学生時代、就活や勉強、サークルなど、すべてを頑張りすぎて塞ぎ込んでしまったときに、気分転換として誘われたのが、キンダリーでのインターンだった。

「子どもと関わる楽しさを感じて。こんな仕事をしたいと思いました」

インターンののち、キンダリーに入社。入社当初は、目の前の子どもの想いを受け入れようと全力で仕事に取り組んだ。

体を動かすのが好きな子どもと長時間遊んだり、頼まれたらずっとおんぶをしてあげたり。子どもの願いを叶えようと思うあまり、疲れていても無理することもあった。

「そんな僕を見ていたてらっちに、『それだと子どもは大人の気持ちがわからない。大人も正直な気持ちを伝えることが大切だよ』と教えてもらいました」

大人も子どもと同じように、素直に気持ちを表現することも大事なのかもしれない。

現在、小山田さんが担当しているコースのひとつが、プロジェクト型学習。工務店、洋服屋、劇団という3つのグループに分かれて、チームでものづくりをする学習なのだとか。

たとえば工務店コースでは、ノコギリで木を切ったり、トンカチで釘を打ち込んだりなど、はじめはスキルを身につけるために個人でものづくりをしていく。

だんだんと集団作業が増えていき、3学期になるころには、キンダリーのみんなで使うものをチームで形にしていく。

昨年までにつくってきたのは、キッチンの棚や、新しく入る友だちにキンダリーを知ってもらうすごろくなど。どれも子どもたちのアイデアがもとになっている。

「今は、工務店コースで使う工具箱をつくっています。ただ昨日、数人の子どもから『なんでつくっているのかわからない』という声があがって」

どうしたらいいだろうかと悩んだ小山田さんは先輩に相談。チームのこれまでを振り返りつつ、対応を考えていったそう。

「そもそも工具箱をつくることになったのは、散らかる工具をまとめたい、みんながすぐに見つけやすい工具箱をつくりたい、という子どもたちの意見からスタートしたんです」

「ただ、つくることに目が向いてしまって、自分も子どもたちと目的を共有できていなかったかもしれないと気づいて。つくったあとのゴールを、時折子どもたちと再確認することも大事だとわかりました」

現在、嘱託職員の小山田さんは、さらなるステップアップのため、次年度より正社員として勤務するという。

「キンダリーで子どもたちの成長をサポートしていたら、自分ももっと成長していきたいと思うようになりましたね」



最後に話を聞いたのは、入社3年目の岡崎さん。日本仕事百貨の記事をきっかけに働きはじめた方で、普段は、明石日本橋校舎でプロジェクト型学習を中心に担当している。

「洋服屋コースを担当していて。はじめのころは、活動の声かけや道具の準備を大人が先導していたんですが、今では全部子どもたちがやるんですよ」

ほかにも、作業中に困っている友だちがいたら、やり方を教えたり、代わりにやってあげたり。

子どもたちは継続的な学習活動を通して、ものづくりのスキル以外にコミュニケーション力も自然と身につけていくという。

美術大学出身の岡崎さん。キンダリーで働くうちに、自分が好きなアートを活かして子どもたちと何かできないかと考え、今年の夏休みにはアートプロジェクトという企画を実施した。

参加した親子や同僚から好評で、現在は通常の学童保育の時間外で行なっているという。

来年度からアートに関わる別の仕事をすることも考えていて、キンダリーに関わりながら多様な働き方を模索している。

「子どもだけでなく、自分のやりたいことを常に見つけようとする探究心のある方と一緒に働きたいですね」

子どもの「やりたい」に寄り添いながら、大人も一緒にワクワクする。キンダリーでは、そんな良い相乗効果が生まれているように感じました。

今はまだやりたいことが見つかっていなくても大丈夫。

まっすぐに目の前のことを楽しむ子どもたちと関わるうちに、自分のやりたいことも見つかっていくかもしれません。

(2022/10/25 取材、2023/1/13 更新 小河彩菜)

※撮影時はマスクを外していただきました。

この企業の再募集通知を受ける

おすすめの記事