TOP>求人>「書く」からうまれるもの

「書く」からうまれるもの

※この仕事は募集終了いたしました。ご応募どうもありがとうございました。

みなさんは最近、手書きで何かを書くことってありますか?

私自身、いまこの文章もパソコンで打ち込んでいて、手書きで何かを書くことはめっきり少なくなりました。

けれども「書く」ということは、自分の気持ちやアイディアを整理したり、書いた人の人となりや感情が伝わってきたり。

書いたものの先にいる人のことを考える時間も、なんだか毎日をあたたかく、豊かにするような気がします。

kakimori01
東京・蔵前にある文具店「カキモリ」での取材は、そんな「書く」ことの価値をあらためて見直すきっかけになりました。

今回は、これからのカキモリを一緒につくっていく人を募集します。



オープン前の朝9時。お店を訪ねると、「おはようございます」と代表の広瀬さんが扉を開けてくれた。

kakimori02
実家は、祖父の代から続く文房具屋。カキモリをオープンしたのは、2010年のことだ。

「オープン当初は、世の中になんでもデジタル化していこうという流れがあって。手書きで書くことの大切さを伝えたいと思っていたんです」

「加えて、文房具業界の専門店がどんどん衰退していくなかで、今の若い人たちに文房具を大切にする気持ちや、文房具が好きだという気持ちを育んでもらいたいと考えていました」

どうすれば文房具に興味を持ち、買ってもらえるのか。

広瀬さんは、「モノに愛着が湧くようなお店」を目指しました。

たとえば、普段触れる機会の少ない万年筆で試し書きができたり、自分で表紙から選んだオリジナルのノートを製本してもらえたり。隣には、万年筆のインクを自分好みに調合できるインクスタンドも併設しています。

kakimori03
実際に使ったり、つくったり。そうやってモノに愛着を持ってもらうことが、書くきっかけになる。それは同時に、蔵前で共に働く生地屋さんや印刷屋さんなど、文房具に関わる職人さんたちの仕事を守ることにもつながっていく。

広瀬さんの話からは、カキモリを起点に良い循環が生まれていることが感じられます。

一方で、オープンから6年以上が経ち、考えは少しずつ変化してきた。

「私自身も、やっぱり書く時間は減ってきていて。書く時間は、日常のなかでも特別な時間になってきています。デジタルで効率化できることはどんどんしてもいい。でも空いた時間にスマホでニュースを見るんじゃなく、そのぶん自分の時間をつくって、書くのがいいのかなと」

kakimori04
「時間は少なくても、自分の考えをまとめるとか友達のことを考えるとか、そういう“人”でしかできないことをやっていくためのツールなのかな、と最近は思っているんです」

“人”でしかできないことをやっていく。

確かに。手書きだとなんだか余白が多いというか、自分の思いに立ち返る時間が増える気がします。

「そうですね。私も昨日の夜、今日の取材に備えて考えを整理していたんですけど。パソコンだとメールとか、別のことに意識がそれちゃったりするんです。でもペンと紙だと、そのことだけに集中できて、頭の中が整理されていく」

「それは人の本質的なところなのかなと思って。AIや新しい技術が現実に迫っているからこそ、自分の発想力とか学び続ける姿勢が大切になってくる。最後は紙とペンだよなって思っています」

そんなカキモリは、今第二の創業期を迎えている。きっかけは、表参道にPOPUPショップを出店したこと。

「外国の方へのアプローチと、国内でもより多くの人にカキモリのことを知ってもらおうという思いから、出店を決めたんです」

kakimori05
ところがお店を開けてみると、訪れる人は少なく、カキモリの良さを伝えきることもできなかった。結果、2年間の出店を予定していたPOPUPショップを、わずか3ヶ月で閉めることになる。

「アクセスのしやすさとかはあまり関係なくて。カキモリの思いや考えは、本店の蔵前に来たほうが伝わる。だったら表参道よりも、蔵前に行こうと考える方が多かったんです」

「それなら蔵前で、しっかりとお客様の声に応えながら、お店をより充実させていくほうがいいんだとわかりました」

今後は、表参道での失敗やお客さんの声を踏まえて、海外への出店も視野に入れているそう。

「最近は海外からのお客様が増えて、自分たちの国にも来てほしい、自分たちで文房具店をはじめるから商品を卸してほしいと言ってくださる方もいるんです。その声に応えていきたい」

「それに、職人さんが次の代に変わっても仕事を続けてもらうためには、カキモリも成長し続けていなくてはいけない。だからこそ、カキモリに価値を感じてくれる人のところに、どんどん出ていかなくてはと思っています」



前回の募集で入社したお二人にも、お話を聞いてみました。左から、中村さんと菅原さんです。

kakimori06
中村さんは、前職ではアパレルメーカーで営業の仕事をしていた。

「仕事相手はバイヤーさんだったので、自分たちが必死につくった商品を、誰が着ているのかもよくわからなかった。喜んでくれる姿を、直接見たいなと思っていたんです」

そんなときに、日本仕事百貨でカキモリの求人を見つけた。

人と直接関わる仕事はほかにもあるけれど、どうしてカキモリだったのでしょうか。

「自分も、気づけば文房具にこだわっていたなと思って。ちょっとペンやノートを変えるだけで、仕事にやる気が出たりとか」

「すぐに生活の中に取り入れられるのがおもしろいし、そこにカキモリのフィルターを通せばもっとおもしろいことが人に伝わるかなと思って。その身近さにも惹かれました」

kakimori07
入社後は、すぐに表参道のPOPUPショップの店長に抜擢される。大切にしていたのは、お客さんの気持ちや考えに思いを巡らせること。

「3ヶ月の中で、万年筆のラインナップを変えたんです。手にとる人が少なかったので、じゃあ手にとってもらえる万年筆ってなんだろうと。安いものか、かわいいものか。知識もないですけど、みんなに相談しながら」

「実際に変えてみたら、手にとってくれる人が増えた。売り上げに大きく影響したわけではないですが、カキモリ本来の書く楽しさっていうのは、手にとってもらってこそかなと思うので。少しでも伝えられてよかったと思います」

常にお客さんのことを考えながらお店をつくっていくことは、カキモリが創業当初から大切にしていることだ。

蔵前のお店でも、万年筆のインクで絵を描く人のことを考えて退色しにくいインクに変えたり、金額が高くても良いものをつくりたいという声に応えて、オーダーノートの表紙のラインナップを増やしたり。

直接言葉として伝わらないことでも、アンテナを張って感じ取る力が求められます。

現在は蔵前のお店に立って接客をしつつ、今後のカキモリについて考える企画の仕事をメインに担当している中村さん。

今後、蔵前周辺に新たな拠点となる場所をオープンする計画に携わっているそう。

「候補地の下見にも同行しています。最終決定はもちろん広瀬ですけど、自分はどう思っているのか、どうしたいのかっていうことは尊重してくれます」

「発言するからには準備も必要だし、何を根拠にしているのかきちんと考えておく必要があります。自分の興味のあるなしに関わらず、責任を持って仕事をしていきたいですね」



「カキモリのスタッフも、蔵前のまちも、なんだかあたたかみがあるというか。すれ違う人が挨拶をしてくれたり、窓ガラス越しに外から手を振ってくれたりとか。まわりのお店とも相互にいい関係が築けているのは、蔵前独特なのかなって思います」

そう話すのは、蔵前店でサブリーダーとして働く菅原さん。もともとは幼稚園で働いていた方です。

kakimori08
実際に働いてみてどうですか。

「やっぱり想像以上に忙しくて。土日には、100冊くらいノートのオーダーが入ります」

多い日には、店の外に列ができてしまうくらい混雑するのだとか。

「お店自体が変化していくなかで、自分は何ができるかなって考えるのがすごい楽しくて。今のサブリーダーという役割も、リーダーが手一杯になっていた時期にサポートをやりたいと話したら、すぐにやらせてもらえて。やりたいと思ったことは実現しやすいです」

「柔軟なぶん、昨日言っていたことが、今日には変わっていることもあります。今よりも良くなるためなので、しっかり飲み込んでやっていけるといいのかな」

今もかなり大変なはずなのに、菅原さんはそんなことを感じさせない。やわらかな雰囲気だけど、自ら動いて困難をプラスに変えていける人だと思う。

主な仕事は、店頭での接客。ほかにも、商品やオーダーノートのラインナップも決める。お店づくりも含めて、販売スタッフに委ねられている部分は大きい。

kakimori09
印象的だった出来事をたずねると、今も大切にしているという、ある手紙のことを話してくれました。

「以前、万年筆のペン先を買いに来られたお客様がいて、結構悩まれていたんです。『どういうのがいいかな』と相談を受けて、お話を聞きながら一緒に選んでいました」

ところが、最後まで悩んでいたもう一つのペン先を誤って包んでしまったそう。

後日、お客さんからの連絡で間違いに気づき、すぐに新しいものと手書きの謝罪文を送ったといいます。

「そしたらすごくあたたかいお手紙をいただいて。いろいろと相談に乗ってもらえたことがうれしかったし、選ぶ時間が楽しかったのでまた行きますと書いてくださったんです」

「あってはいけないミスなんですけど、パソコンの文字よりも気持ちが伝わりやすかったのかなって。ミスしておしまいではなく、起きたあとにどうするかによって、少しでも良い方向に向かうことができると学びました」

真摯な対応が良かったんだろうし、そんな想いで働いているからこそ、お客さんもお店で過ごした時間にモノを買う以上の価値を感じたんだと思う。

自分で選び、考える時間を楽しんでほしいから、商品には短文の説明書きが添えられている。一方で、蔵前まで来たからにはスタッフと話したい、もっとお店のことを知りたいという方も増えているそうだ。

入社するまで、万年筆を触ったこともなかったという菅原さん。カキモリで働くようになって、自分自身にも変化が出てきたといいます。

「やっぱり文房具が好きになりましたね。万年筆も買ってみました。休みの日にはスタッフ同士で文房具屋さんめぐりをすることもあります」

kakimori10
隣で聞いていた広瀬さんも、「それって、仕事がお金を稼ぐ手段だったらあり得ない行動だと思う」とうれしそう。

「スタッフが自分の仕事だと思って取り組んでくれているのがうれしいですね。もちろん大変なこともあるけど、今後も自分たちがワクワクするようなことをしていきたいです」


働く人自身も楽しみながら、「書く」ことの価値を伝えていく。

変化を続けるカキモリで、自分も一緒に挑戦していきたいという方をお待ちしています。

(2017/2/17 並木仁美)

カキモリ(株式会社ほたか)
募集職種 ① カキモリ リーダー・サブリーダー候補
② カキモリ・インクスタンド 販売スタッフ
③ カキモリ・インクスタンドバックヤード業務(入出荷・検品・商品パッキング等)
雇用形態 正社員・正社員候補 (正社員候補は半年~1年はパートタイム)
契約社員
パートタイム
給与 180,000円~230,000円(パートタイム時は時給950円~)
時給 950円~
時給 932円~

それぞれ経験、能力に応じ相談し決定。
交通費支給。
福利厚生 正社員
・決算賞与年1回
・昇給あり(給与改定年2回)
・社会保険加入(健康保険、雇用保険、厚生年金)
・産休、育休制度
・子育て支援(時短勤務等)

契約社員
・雇用保険加入
・昇給あり(給与改定年2回)
・社会保険加入(週30時間以上勤務の場合)

パートタイム
・雇用保険加入(週20時間以上勤務の場合)
仕事内容 ① カキモリ リーダー・サブリーダー候補
カキモリを運営するための、あらゆる業務を行います。
店頭でリーダーおよびサブリーダーとなり、主に接客・店頭整備・商品選定・スタッフ研修・お客様対応・取材対応など行います。
(今後の新規出店や新規事業によって地域や部署の異動もあります。異動は、原則本人の希望を聞いた上で判断します。)

② カキモリ・インクスタンド 販売スタッフ
カキモリ:接客を中心に、ノート製作や在庫補充等、店頭業務全般を行います。
インクスタンド:接客を中心に、インク製作や道具の整理等、店頭業務全般を行います。

③ カキモリ・インクスタンドバックヤード業務
オリジナル商品のパッキング、商品の入出荷作業等、バックヤード業務がメインです。
勤務地 東京都台東区蔵前4-20-12
勤務時間 10:00-20:00 1日8時間勤務  休憩1時間~1時間15分

10:00-20:00 1日5-8時間勤務 休憩45分~1時間15分
固定シフト 土日いずれか最低1日を含む週3日~5日
週20時間以上勤務 土日両方出られる方、週4日以上出られる方優遇します。

10:00-18:00 1日4-6時間勤務 休憩45分~1時間
原則 平日出勤 週30時間以下
休日休暇 正社員
週休2日制(固定シフト 土日はシフト入ります。) 年間休日110日 慶弔休暇、有給休暇、特別休暇

②③ 契約社員・パートタイム
固定シフト(自身の都合での休暇やシフト変更は可能)
選考基準 全体
・カキモリのコンセプトに共感し、接客を通じ、お客様にそのコンセプトを伝えることが出来る方。
・お客様の気持ちを汲んで行動し、スタッフ同士でも思いやる気持ちを持つことができる優しい方。
・応募前に出来れば一度カキモリに来店し、雰囲気を確認してください。


別途各職種で下記を選考基準とします。
① カキモリ リーダー・サブリーダー候補
・海外のお客様がかなり多くなる想定のため、英会話が多少でも出来ること。英語が得意な方は優遇します。
・仕事が生活の一部となります。勤務時間以外でも、どうすればカキモリがより良くなるか、自分に何が出来るか、日々の生活でも意識を持てる方を求めています。
・副業は認めておりません。カキモリを成長させる事にフルコミットできる方を求めています。

② カキモリ・インクスタンド 販売スタッフ
・笑顔でお客様に接し続けられる方。店頭で接客する体力がある方。
・接客中心ですが、バックヤードでの値札付けや発送業務などもあります。色んな仕事を積極的に受け入れる気持ちが必要です。
・接客業の経験は優遇します。経験がなくても、人と接することが好きで、お客様を喜ばせたいと心から思える方。

③ カキモリ・インクスタンドバックヤード業務(入出荷・検品・商品パッキング等)
・カキモリやインクスタンドが扱う文具が好きで、商品を丁寧に取り扱いできる事。
求める人物像 同上
募集期間 2017/2/17〜2017/3/3
採用予定人数 1〜2名
2〜3名
1名
選考プロセス まずは下記よりご応募・お問合せください
 ↓
会社見学会(見学会の際に本応募書類をお渡しします。)
 ↓
書類選考
 ↓
面接
 ↓
採用(試用期間1ヶ月程度あり)

・次の選考ステップに進まれる方のみご連絡させていただきます。
・ご応募の順番に選考していきます。決まり次第募集を終了していきますので、お早めにご応募ください。
・取得した個人情報は、採用選考にのみ使用します。
・選考プロセスは変更になる可能性があります。
・不採用理由についての問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。
その他 カキモリを2010年にオープンしてから7年目に入りました。
カキモリがある蔵前は、立上げた頃は閑散としていましたが、
ここ1-2年でお店も随分増え、町を歩く方も増え、
メディアで蔵前が取り上げられる事も増えてきました。

蔵前が盛り上げる一つのきっかけにはなれたかと思っています。

ここで安住をするか、次のステップに行くか、
昨年私たちは後者を選び、表参道POP-UPなどに
挑戦しました。そして色んな失敗をしました。

その失敗で得たことを元に、やはり次のステップに挑戦していきます。

この1年間で海外からのお客様がとても増えました。
彼らは心からカキモリでの経験を喜んでくれています。
そして、彼らの街へ出店してほしいという声もよくいただきます。

私達は、彼らの声に応え海外への出店に
挑戦していくという大きな目標を決めました。

その上で、やはりベースは国内です。

下町の職人をずっと残していくこと、
ご来店いただくお客様の声をもっと聞いていくこと、
小さな作り手の素敵な文具を伝えていくこと。

そして、何よりも「たのしく、書く人」をもっと増やしていくこと。

これらの大事な事がまだまだ出来ていません。
当面はここに集中していきます。

地に足付け、カキモリの基盤をしっかり固め、
その先の挑戦への道筋をつくっていきたいと思います。

カキモリは、第二の創業期に入り、外からみたらゆっくりだけど、
中では大きな変化を起こしていきます。

この熱く変わる時を、一緒に乗り越えていく方をお待ちしています。


◼︎会社見学会について◼︎
見学会では、店舗以外のオフィスや倉庫などをご覧いただいたり、代表やスタッフから説明や質疑応答をおこないます。
見学会の際に、希望者へ本応募書類をお渡しします。下記日程のいずれかを選択お願いします。

・2月22日(水) 19:00-
・2月24日(金) 19:00-
・3月1日(水) 19:00-
・3月3日(金) 19:00-


よろしければこちらもご覧ください。
カキモリ ホームページ
インクスタンド ホームページ
カキモリ 台湾店
Monocleでの動画

※この仕事は募集終了いたしました。ご応募どうもありがとうございました。

同じカテゴリの求人

自然のとなりで働く
蓼科湖畔のロッジとキャビン、そして茅野駅前のコワーキングスペースが職場です。
長野・茅野
   2017/12/12〜1/9
ここで自分にできること
地域の人のことを知ることこそ、暮らしづくり・仕事づくりにつながっていく。
長野・筑北
   2017/12/11〜12/29
はじめての方へ       求人掲載について       運営会社       プライバシーポリシー       お問い合わせ