TOP>イベント >しごとバー >これからの祭りナイト

これからの祭りナイト

はじめまして。「日本の祭り研究者」の西嶋 一泰と申します。

みなさんは「祭り」が好きですか?

日本各地に伝わる祭り。みなさんが生まれ育った町にも、きっとあったと思います。

20403377_1681832871828260_1012550545_n
祭りの魅力はいくつもありますが、たとえば「お囃子」。

山車に乗ったりして町中を練り歩きながら、1日中演奏をし続け、360度町中を祝祭空間に塗り替えます。

何十年も演奏をし続けてきた面々が奏でる音は、ひとりひとりの細かな工夫があり、たとえ同じ曲でも聴いていて飽きることはありません。

亡き父の想いを継いで演奏するおじさん、長年のライバルを超える表現を目指すおじいさん、技を盗み取ろうと必死にくらいつく若者…。

地域や、仲間のストーリーがひしめきあい、偶然の出会いやその場の条件でアレンジしながら進行する。

祭りの場は、その地域の濃厚な魅力で満たされた、とてつもなくエキサイティングな空間です。


全国各地のいろんな祭りをまわったり、祭り好きを集めて祭りの専門誌をつくったり、映像上映会を企画したり。

そんな活動をしていましたが、研究者として一回の調査で訪れてわかることは、ほんのひとかけら。

地域の「ハレの日」にしか顔をださない「風の人」という立場がもどかしく感じられ、試行錯誤、紆余曲折のすえIターン先の島根に移住。

今は「地の人」として、地域から新しい祭りの見方を模索しているところです。

21729665_1728761570468723_264590960_o
当日は、「風の人」としての立場を突き詰めて、祭りに関わろうという活動をはじめた大原 学さんと一緒におじゃまします。

彼は、今まで地の人しか関われなかったディープな祭りに、東京から体験型ツーリズムを企画。

都市と地方との継続的な関係をつくっていこう!という試み「マツリズム」を動かし始めました。


地域に若い人たちが減って、活気や自由奔放さがなくなり、むしろ地域に残った人々の重荷となってしまっている、というのも祭りの現実。

今回は、これからの祭りをどうしていけばいいか。西嶋、大原を道先案内人にゆるゆると考えながら、みなさんの地域の祭り自慢や祭りお悩み相談をお聞きできればと思います。

ぜひお気軽にお越しください!


20447458_1681832885161592_2052309461_o 西嶋 一泰(にしじま・かずひろ)
日本の祭り研究者。
島根県大田市地域おこし協力隊、山村留学担当。ライター。
祭り好きたちによる日本の祭り応援マガジン「MATSURIsta!」元編集長。
今はゆっくりと、初めて出会う島根の祭りに参加中。
【ホームページ】
https://sanbekodama.tumblr.com/


20447234_1681832908494923_2137156974_o 大原 学(おおはら・まなぶ)
一般社団法人マツリズム代表理事・マツリテーター。
1983年神奈川県生まれ。
大学在学中に祭りの魅力に目覚め、米国留学時にはソーラン節の普及を行う。
日本GE株式会社、NPO法人クロスフィールズでの勤務を経て、2016年に退職、祭り体験型ツーリズム、マツリズムを設立。
【ホームページ】
http://ma-tourism.strikingly.com/

※当イベントは事前予約不要ですが、よろしければ下記の「イベントに参加する」より、当イベントのfacebookページにて「参加予定」へのチェックをお願いします。
※なお、SNSを介して発生したトラブルなどの責任は負いかねますこと、あらかじめご了承ください。

 日時

2017/09/29  20:00 開始
※イベントのメインは22:00くらいまで

 会場

リトルトーキョー

 参加費

1ドリンク制

はじめての方へ       求人掲載について       運営会社       プライバシーポリシー       お問い合わせ