イベント

7.29 Sun
しごとバー
アートを言い値で買わナイト

いろんな分野で活躍している方をゲストとしてお招きし、お酒を飲みながら、ゲストと一緒に会話するイベントです。気になるテーマやゲストがいたら、気軽に参加してください。

※このイベントは終了いたしました。

こんばんは、芸術家の久保田沙耶と申します。

自己紹介として最近の作品をご紹介させて頂きます。焼いた考古遺物を展示している個展「Time Burns」や、瀬戸内国際芸術祭でのアートプロジェクト「漂流郵便局」などがございます。

さて、芸術家という肩書きをお話しすると「芸術家って食えるの?」というご質問をたくさん頂きます。食えるかどうかはさておき、そのたびに私が思い出すのは2010年につくった「夜の八百屋さん」という作品です。

商店街の八百屋の向かいにある空き店舗を借り、絵一枚と野菜一個を同じ価格で売るという8日間だけの作品でした。

野菜に食べ物としての価値があるように、作品もまた私の人生にとって大きな価値があると言いたい。けれど、商店街の中で作品を野菜と並べて売ることは、やはり、ひやひやする思いでした。その後作品を売る時には、一体野菜何個ぶんくらいかなあ、と考える癖がつきました。

今回は、「アートを言い値で買わナイト」をやろうとおもいます。1日ママとして、お店をお借りして、お酒と絵をお出しさせて頂きます。絵のお代金はお酒で頂戴します。何杯ぶんで絵を一枚、と格好いいこともしたかったですが、お酒に弱いので現金ですみません。1円でも100万円でも言い値でお譲りさせて頂きます。

最近の関心ごとから、その場で描くかもしれないし、過去のものを売るかもしれません。お酒を注文する感覚で、気軽に絵をご注文くださいませ。みなさんにお会いできるのをたのしみにしております。


久保田 沙耶(くぼた・さや)
アーティスト。1987年、茨城県生まれ。筑波大学芸術専門学群構成専攻総合造形、東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻油画修士課程修了、同博士号取得。日々の何気ない光景や人との出会いによって生まれる記憶と言葉、それらを組み合わせることで生まれる新しいイメージやかたちを作品の重要な要素としている。個展「Material Witness」(大和日英基金)や、アートプロジェクト「漂流郵便局」(瀬戸内国際芸術祭2016)など。
【ホームページ】
http://sayakubota.com
【個展情報】
aishonanzuka.com
【漂流郵便局】
http://missing-post-office.com

※当イベントは事前予約不要ですが、よろしければ下記の「イベントに参加する」より、当イベントのfacebookページにて「参加予定」へのチェックをお願いします。
※なお、SNSを介して発生したトラブルなどの責任は負いかねますこと、あらかじめご了承ください。
※しごとバーでは、特定の思想や宗教、マルチ商法、情報商材の販売などに関わる方の参加はご遠慮いただいております。そのほか、セクハラ行為なども含めて、参加者に不快感を与える行為を目撃した方はお知らせください。

日時
2018/07/29 20:00 開始
※イベントのメインは22:00くらいまで
会場
リトルトーキョー2F
参加費
1ドリンク制

※このイベントは終了いたしました。