求人
自立した地方創生を足元からつくる

自立した地方創生を
足元からつくる

温浴施設などの企画運営

愛媛・今治など、愛媛県内各地 | 〜 2021.3.11

しごとバー

いろんな生き方・働き方との出会いの場!

もっと見る

日々、想うこと

自分の仕事を振り返ると、自分が切実に欲しいと思ったものは、他にも必要としている方がいました。一方で「こういうのがみんな欲しいんじゃないか」という、お節介な感覚で仕事をつくると、あまり必要とされなかったり、自分も楽しめなかったり。

まだ顕在化していないニーズを形にするのはすごいことだと思います。ただ、いろいろな人にインタビューしていると、ゼロから仕事をつくった人たちは「運が良かったから」とか「好きなことをしていたら、たまたま人気が出た」とか、そういうことも多い。

狙って仕事をつくるとはどういうものか。すでに世の中に兆しがあるくらいなので、好きではじめたパイオニアがいます。好きでないのにニーズがあるからやろうとしても、好きこそ物の上手なれ、です。もちろん、大きなニーズがあれば一気に資本を投下して抜き去るということもあるんでしょうけども。

ただ、いろいろな仕事を立ち上げたり、インタビューで話を伺ったりしていると、好きなことで仕事をつくったほうが幸せなんじゃないかなあと感じます。

新しく「小屋屋」をはじめようと思っています。もっと正確に言うと、小屋キット販売事業です。在来工法材でつくろうと思っているので、ブランド名は1尺=303mmから「san maru san」。ロゴは丸太と製材した木材の断面をイメージしています。まだ仮のものできちんとデザインしてもらおうと思います。拠点は茨城県常陸太田市。

せっせと蓼科のHYTTERに通ってリノベーションするくらい小屋が好きです。森の中にある小屋に通って、薪ストーブの火に当たって過ごせたら、どんなに幸せなんだろうと思います。(ナカムラケンタ)

もっと見る
さらに読む