イベント

3.28 Thu
しごとバー
漁村でライターしナイト

いろんな分野で活躍している方をゲストとしてお招きし、お酒を飲みながら、ゲストと一緒に会話するイベントです。気になるテーマやゲストがいたら、気軽に参加してください。

こんにちは。漁師の伊澤峻希です。

大学卒業後すぐに東京から三重の漁師町へ移住し、真鯛の養殖屋で働いています。

“食べ物の生産現場で暮らす”という夢を叶えている最中ですが、今回の僕の肩書きはそっちじゃなくて……。もう一度、自己紹介しますね。

こんにちは。ライターの伊澤峻希です!

漁師の傍ら、“町内の魅力を発信するライター”として南伊勢町で地域おこし協力隊をやっております。卒業後はフリーでお仕事をもらうことが目標です。

南伊勢は一次産業の町で、とくに水揚げ量は全国で四番目に多い漁業の町。海沿いにはみかん畑が広がり、地元の人の多くが自分の田んぼでお米を作っています。

それがこの町の魅力であって、
僕はそんな自然豊かな土地に惹かれてやってきました。

でも、これからじぶんが住み続けるためには足りないものがある。

それは、ライター活動のための作業場がないこと。

東京だったら、スタバやマックで深夜まで仕事ができたのに。僕がいま住んでいる町には、公共の場で自由にコンセントが使える場所すら見当たりません。

今年、町内の協力隊やフリーランスが集まって、文化を持ち寄り、つくり、伝える「BUNKAJIN PROJECT」が始動しました。その第一弾として、町内にコワーキングスペースをつくることになり、現在一緒にスペースを運営してくれる仲間を探しています。

今回は南伊勢で想いをもって働くプロジェクトの仲間と、これからの働き方、地方での暮らし方についてお話したいと思います。

海が好きな人、フリーランスに興味がある人、美味しい「肴」が食べたい人……。そんなみなさんとお会いできるのを楽しみにしています。


伊澤 峻希(いざわ・しゅんき)
1996年神奈川生まれ。早稲田大学法学部卒業。2018年4月に三重県南伊勢町に移住。町内の真鯛の養殖屋に社員として身を置く傍ら、地域おこし協力隊としてライター活動を行っている。漁村の魅力にどっぷりハマっている。

※当イベントは事前予約不要ですが、よろしければ下記の「イベントに参加する」より、当イベントのfacebookページにて「参加予定」へのチェックをお願いします。
※なお、SNSを介して発生したトラブルなどの責任は負いかねますこと、あらかじめご了承ください。
※しごとバーでは、特定の思想や宗教、マルチ商法、情報商材の販売などに関わる方の参加はご遠慮いただいております。そのほか、セクハラ行為なども含めて、参加者に不快感を与える行為を目撃した方はお知らせください。

日時
2019/03/28 20:00 開始
※イベントのメインは22:00まで
会場
リトルトーキョー2F
参加費
1ドリンク以上オーダー
facebookイベントページをみる