イベント

12.3 Sun
しごとバー
山形の芋煮ナイト2

いろんな分野で活躍している方をゲストとしてお招きし、お酒を飲みながら、ゲストと一緒に会話するイベントです。気になるテーマやゲストがいたら、気軽に参加してください。

※このイベントは終了いたしました。

東京で、山形の芋煮を囲もう。

山形や芋煮文化が大好きな山形在住のデザイナー、町職員、伝承野菜農家の3人が、昨年に続き、山形から特製の芋煮と美味しい地酒を持ち込みます!

今年も芋煮につかう里芋は真室川町の佐藤家に一子相伝で伝えられている伝承野菜、甚五右ヱ門芋(じんごえもんいも)。
あっという間に売り切れた前回を経て、今年は芋煮もお酒もよりパワーアップしてお持ちしたいと思います!

芋煮会文化が気になる人。
山形のことが気になる人。
ただただ山形の芋煮を食べてみたい人。

芋煮会は食べながら飲みながらのんびり話せるイベントです。
初めての方も二回目の方も、お気軽に遊びにおいでください。

須藤 修(すとう・おさむ)
デザイナー
1987年、山形県生まれ。
大学在学中からデザインの考え方を山形で活かす方法として家具の修復をはじめる。他にも2012年から山と人との新しい関わり方を考える「YAMAMORI PROJECT」、2014年から製品開発を通して山形の地を伝える「山の形」で共同代表など、山形を軸にしたデザイン活動を行っている。2017年には、実家の山形座 瀧波にプチUターンし、宿を盛り上げるべく奮闘中。

丹 健一郎(たん ・けんいちろう)
金山町職員
1984年山形県金山町生まれ。
関東の大学卒業後、アパレル業等で勤務したのち、2011年山形県金山町職員になる。
昨年まで農水省林野庁に出向し広報を担当。
地域でものづくりワークショップなどのイベントを開催。
2017年から「kitokito marche」を中心に地域のオススメをまとめたkitokito mapプロジェクトを展開。

佐藤 春樹(さとう・はるき)
伝承野菜栽培農家
1981年、山形県真室川町生まれ。
地元工業高校卒業後、管内の企業に就職。会社に勤めながら2009年に農業大学校の社会人研修を受け、研修中に父方の佐藤家に在来種の里芋「甚五右ヱ門芋(じんごえもんいも)」が伝わっていることを発見。2011年に脱サラし里芋専業農家へ。
2015年には農家民宿を開業し、ワークショップやイベントも開催。2017年から母方の果樹園を受け継ぎ「リンゴリらっぱ」と名前を変え、ジュースやシードルなどの新たな分野にもチャレンジしている。

日時
2017/12/03 20:00 開始
※イベントのメインは22:00くらいまで
会場
リトルトーキョー
参加費
1ドリンク制

※このイベントは終了いたしました。