TOP>コラム >島で生きる

島で生きる



以前、日本仕事百貨では鹿児島の離島「口永良部島」に移住される方を募集いたしました。ちょうど噴火する前日も、日本仕事百貨のスタッフが取材で訪れていました。

島のことをあらためて共有したいと思い、コラムに再掲いたします。

屋久島町ではボランティアの募集もしているそうです。ぜひこちらもご覧ください。

2015.6.1 ナカムラケンタ

・・・・・・・・・・・・・・・・

口永良部島への移住者を募集します。

ただ、今回は普通の求人というわけではありません。具体的に仕事があるわけではないのです。

島に住んでいる方は、公務員や小学校の先生、郵便局員などでなければ、たくさんの仕事を組み合わせながら生きています。

たとえば、水道のメンテナンス、道路の清掃、鹿の駆除、民宿、伊勢エビ漁、畜産など。

そこで今回はどんな島か確認していただきながら、どのように生きていくことができるか一緒に考える機会をつくろうと考えました。島の方々のインタビューを掲載するとともに、ワークショップなどのイベントへの参加を通して、じっくり島のことを考えることができれば、と考えています。






最新のコラム

移り住む人たち − 高松編 − 第3回「全力な人」
移住した人たちは何をきっかけに移り住み、その地で暮らすのだろう。香川県高松市を訪ねました。
2018.1.18
移り住む人たち − 高松編 − 第2回「境目のない人」
移住した人たちは何をきっかけに移り住み、その地で暮らすのだろう。香川県高松市を訪ねました。
2018.1.11
はじめての方へ       求人掲載について       運営会社       プライバシーポリシー       お問い合わせ