イベント

6.12 Wed
しごとバー
ビールの向こうを考えナイト

いろんな分野で活躍している方をゲストとしてお招きし、お酒を飲みながら、ゲストと一緒に会話するイベントです。気になるテーマやゲストがいたら、気軽に参加してください。
しごとバーに関する詳細はこちら

※このイベントは終了いたしました。

こんにちは。宮城県石巻市でビールの素材となるホップを育てたり、農家さんのお手伝いをしているイシノマキ・ファームで働く加納です。 突然ですが、みなさんビールはお好きですか?(かくいう私はもちろん好きです!) 最近ではクラフトビールブームもあって、ブルワリーも増え、「とりあえず生!」だけではない、ビールの楽しみ、可能性が広がっているような感覚もあり、ビール好きの一人としてうれしく思う日々です。 一方で、ブームが広がる反面、ビールの素材であり農作物である「麦」や「ホップ」を作る農家さんの思いや苦労、そして素材にどんな魅力があるのか意外と知られていない現状に、もったいなさも感じています。 私の勤めるイシノマキ・ファームでも2017年から「ホップ」の栽培をしています。私自身も昨年初めて栽培作業に携わったり、夏にはホップ栽培の花形!「収穫」をしました。 そこで初めて分かったことは、ホップの香りのすばらしさと、苦さです。 ホップってビールの苦味、香り、そして泡立ちの役割を果たすのですが、ビールを好きな人や造る人でも、生のホップに触れたことのある人は限られているのが現状です。(収穫したその日中に乾燥や真空・冷凍処理をしないと風味が飛んでしまうのです!) これでは、「ホップが!」と謳うビールを飲んでも、この香り、味わい、苦味がホップなのか!とわかる人が(想像はできても)いないのも当然だ、と当たり前のことにお恥ずかしながら驚いたのでした。 収穫まではまだひと月ほどあるので、生のホップの魅力を体感いただくのは難しいのですが、ホップの栽培に関して、ホップそのものに関して等々、写真や言葉を通じて、その魅力や可能性をみなさんとお話したいな、と思っております。 こんなビールが好きだ!ビールにはこのつまみが良い!なんてお話もぜひしましょう。もちろん私たちのホップで造ったビールもご提供。 ビール好き、農業好き、田舎暮らし好き、No残業デーな水曜に美味しく飲みたい!そんな皆様ぜひぜひお越し下さいませ! 加納 実久(かのう・みく) 1986年愛知生まれ、慶應義塾大学大学院経済学研究科修士課程修了。2013年石巻に移住。2017年に地元・愛知県豊田市にUターンしたと見せかけて、2018年より石巻と豊田の二拠点暮らし中。美味しいものがある場所が大好きです。 【ホームページ】https://www.ishinomaki-farm.com/ 日本仕事百貨でも求人記事を掲載しています。よろしければご覧ください。 「石巻、なんだかいいまち 農と人のある 暮らしを見つける」

トーク部分はYouTubeでも配信中!

※当イベントは事前予約不要ですが、よろしければ下記の「イベントに参加する」より、当イベントのfacebookページにて「参加予定」へのチェックをお願いします。
※なお、SNSを介して発生したトラブルなどの責任は負いかねますこと、あらかじめご了承ください。
※しごとバーでは、特定の思想や宗教、マルチ商法、情報商材の販売などに関わる方の参加はご遠慮いただいております。そのほか、セクハラ行為なども含めて、参加者に不快感を与える行為を目撃した方はお知らせください。

日時
2019/06/12 20:00 開始
※イベントのメインは22:00まで
会場
リトルトーキョー2F
参加費
1ドリンク以上オーダー

※このイベントは終了いたしました。

おすすめの記事