イベント

8.23 Fri
人生これからどうする?!会議

※このイベントは終了いたしました。

こんにちは。リトルトーキョーで場の編集者をしている今井です。

突然ですが、みなさん、人生迷ってますか?!(笑)

今の仕事はなんとなく合っていない気がする…。
転職しようかな。
でもあれ、自分がやりたいことってなんだっけ?
どこで働く?都会?田舎?
結婚、子育てとかどうしよう?するのかな?したいのかな…?
大切にしたいことってなんだろう、え?幸せってなんだろう?
え〜、これから人生どうしよう…?!?!

みたいな人、きっと多いですよね。

リトルトーキョーにいると、こんなふうに迷い、悩んでいる人たちに多く出会います。

4月にクラウドファンディングをしたのですが、私が占い師の格好で、真面目に人生相談に乗るという「今井の『仕事占い』コース」が意外と好評で、早い段階で売り切れに。(みなさんご協力ありがとうございました!)

しかも普段はイベントに出ていただくような人たちが、占いコースを選んでくださっていてびっくりしました。

そのうちのお一人、ウェブマガジン「greenz.jp」の元編集長で「勉強家」のよしさんに、悩んでるんですか?と聞いてみたところ「40歳、これからおじさんとしてどう生きればいいのかわからない」とのこと。

おじさんとしてどう生きればいいか…たしかにわかりません(笑)。

私は今26ですが、正しい(?)おばさんになっていけるのか、かなり不安です。良い歳の取り方って、難しいですよね。

私からすると「すごい人」のよしさんですら、聞けば聞くほどお悩みが出てきました。

そこで、「すごい人でも悩んでるんだ…!すごい人たちがどんなことに悩んでるのか聞きたい!」と、このイベントを企画してみた次第です。

タイトルは、その名もずばり「人生これからどうする?!会議」。

我ながら、声に出して読みたいタイトルというか、語呂が良くて気に入っています(笑)。

今回は、よしさんと私、そして以前しごとバー「生きづらさを語らナイト」にも出てくれたLITALICOの鈴木悠平さんにも来てもらいます。それぞれで立場が違う悩みなので、色々聞けるのがとっても楽しみ!

お悩みスペックについてはこんな感じ。う〜ん、悩ましいですねえ。

<よしさん>
40歳。おじさんとしてどう生きればいいのかわからない。体もおじさんになっていく。妻子あり、子供6歳。大学の特任講師の契約がそろそろ切れる。年齢的に転職しづらいし、これから仕事どうしよう…。家買えるくらい安定ってしたほうが良いの?!

<悠平さん>
31歳。ムスメ1歳8ヶ月。物書きと会社員とNPO運営とその他いろいろパラレルすぎるワーカー。比較的自由にやらせてもらってるけど、今後どういう軸足でいくかなー。あとお金とか色々考えなきゃなー、な日々。

<わたし>
26歳。「アラサー」という響き、不安。ヨルタモリの宮沢りえみたいな良い歳の取り方をしたい。結婚出産キャリアとかどうしよう。しっかりしていないのに社歴が長い方になってきてしまっておろおろ。

会議という名前にしているので、お客さんのお悩みにも触れたり、一緒に考えられると嬉しいなあと思っています。もちろん、トークショーとして聞いているだけでも大丈夫です。

みんな悩んでいるとはいえ、あまりにも暗〜く重ためな人ばっかり集まっちゃうとつらいので、モヤモヤレベル高めの、深刻に悩んでいる人はご遠慮いただけると大変有難いです(笑)。

「ちょっとだけ希望見えたかも…!」くらいの、ゆるいゴールに向かってお酒を飲みながら話しましょう。

明るく悩めるみなさまのご参加、お待ちしております!


兼松 佳宏(かねまつ・よしひろ)
勉強家/京都精華大学人文学部 特任講師。1979年生まれ。ウェブデザイナーとしてNPO支援に関わりながら、「デザインは世界を変えられる?」をテーマに世界中のデザイナーへのインタビューを連載。その後、ソーシャルデザインをテーマとするウェブマガジン「greenz.jp」の立ち上げに関わり、10年から15年まで編集長。 2016年、フリーランスの勉強家として独立し、現在は京都精華大学人文学部特任講師として、ソーシャルデザイン教育のためのプログラム開発を手がける。 著書に『beの肩書き』『ソーシャルデザイン』、連載に「空海とソーシャルデザイン」「学び方のレシピ」など。秋田県出身、京都府在住。一児の父。


鈴木 悠平(すずき・ゆうへい)
文筆家/インターミディエイター®。LITALICO社長室チーフエディター。NPO法人soar理事。1987年生まれ。一人ひとりが〈わたし〉の物語を紡いでいける社会を目指して、執筆・編集業を中心に活動。現在は、株式会社LITALICOおよびNPO法人soarでの事業運営や文筆活動を通して、障害や病気、その他さまざまな要因で生きづらさを感じている人たちとかかわりながら、人が物語を通して回復していくプロセス、 〈わたし〉と〈あなた〉の物語が響き合うなかで新たな希望が見出されるプロセスの探求、伴走、創出をこころみています。


今井 夕華(いまい・ゆか) 写真中央
1993年生まれ。リトルトーキョー 場の編集者。美大在学中にフリーマガジンの取材や多数の工場見学を経て、株式会社シゴトヒトに偶然入社。「場の編集者」としてしごとバーを中心にイベントの企画運営、おもしろい人たちのコーディネートなどをしている。写真はマニアフェスタというイベントに「仕事占い」チームとして参加した時のもの。仕事占いは占い風の人生相談なので、本当の占いはできません。

<次回予告>
月1回くらいのペースで定期的に開催していきたいな、と思っています。
次は9/20(金)夜、ゲストは校正・校閲を専門とする会社、株式会社鷗来堂の柳下恭平さんと、編集者の山本梓さんをお招きします!お楽しみに。

日時
2019/08/23 19:00 開場 19:30 開始 21:30 終了
会場
リトルトーキョー2F
参加費
1,500円+1ドリンク制

※このイベントは終了いたしました。

おすすめの記事