イベント

9.30 Thu
BIZIONARY
“めがねのまち“にできる
レンズミュージアムの
アイデア発表会

BIZIONARYは、企業や地域課題の解決を目指すオンラインスクールです。起業・副業・継承・転職に興味をもつ参加者と、課題を解決したい企業や自治体との出会いを提供します。

※このイベントは終了いたしました。

 

BIZIONARYは、今の仕事を続けながら起業・副業・継承・転職の可能性を探る3ヶ月間のオンラインスクールです。第一線で活躍している講師陣とともに、いろいろな企業や地域の課題を考える機会を提供します。

9月にスタートしたプロジェクトの舞台は、“めがねのまち”とも呼ばれる福井県鯖江市。

プロジェクトの内容は、サングラスレンズのメーカー「株式会社 乾レンズ」が新しく手がける新店舗「レンズミュージアム(仮称)」をどんな場所にするのか、具体的なアイデアを考えること。

34名のアイデアのなかから選ばれた5人の代表者は、鯖江市でインタウンデザイナーとして活躍する新山直広さんのアドバイスをもとに、アイデアをさらにブラッシュアップしてきました。

2週間という短期間のなかで、時には参加者同士グループを組みながら、働く合間をぬって事業計画を進めてきた代表者のみなさん。

今回は、最終プレゼンの様子を公開します。

BIZIONARYに参加してみたいと思う方や、開催に興味がある企業さんも、お気軽にご覧ください。

*10/27(水)、12/2(木)には、別プロジェクトの最終プレゼンの様子を生配信する予定です。詳細は、追ってお知らせします。

*BIZIONARYでは、第2回以降の開催も予定しております。参加ご希望の方は、こちらをクリックください。登録いただければ、再募集の際に先行してご案内いたします。

*BIZIONARYでは、参加者が取り組む課題先となる企業を募集しています。企業が持つ課題の解決策を、アイデアベースでもらえることはもちろん、採用や後継者募集にもつながるかもしれません。詳細は、こちらをご覧の上、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

9月担当新山 直広
1985年大阪生まれ京都精華大学デザ学科建築分野卒業2009年福井県鯖江市に移住し鯖江市役所を経て2015年TSUGI llc.を設立創造的な産地をつくるをビジ地域特化型タウデザナーとして主に地場産業のブラグを行っているまた眼鏡素材のアクセサリーブラSur福井のものづくりとデザを体感できる複合施設TOURISTORE産業観光プロジクトRENEWの運営などリサーチと実践を繰り返し領域を横断する活動スタルはアの夜明けに取り上げられるなど全国的に注目を集めているグッドデザ賞等受賞多数京都精華大学伝統産業ノベーシター特別共同研究員https://tsugilab.com

 


ナカムラ ケ
1979年東京生まれ日本仕事百貨を運営する株式会社シゴトヒト代表取締役建築や不動産を経て心地のいい場所にはが欠かせないと思い生きるように働く人の求人サ日本仕事百貨を立ち上げるグッドデザ賞などで審査委員を歴任IFFTテリアラフスタルリビグデレクター東京虎ノ門にリトルトーキを2013年7月オープ現在は東京清澄白河に移転しいろいろな生き方働き方に出会えるしごとバーを企画運営著書生きるように働くミシマ社

 


鈴木 花菜
静岡県富士市生まれ参加した日本仕事百貨主催の『しごとゼミ』を経て株式会社シゴトヒトへ編集者として全国の企業や自治体を取材しいろんな生き方働き方を紹介している小説と漫画が好き

日時
2021/09/30
会場
YouTube
参加費
無料

※このイベントは終了いたしました。