求人 NEW

そこに存在し続ける
石を通して
純粋な感覚を届けていく

※この仕事は募集終了いたしました。ご応募どうもありがとうございました。

「そこに存在し続ける石を通して、内面的な感覚を蘇らせる。古代の人々がそうだったように、ピュアな気持ちで自然と向き合う感覚の大切さを、石を通して感じてほしいと思っています」

これは、大蔵山スタジオ代表の山田さんの言葉です。

大蔵山スタジオは、宮城県丸森町にある標高300メートルの里山・大蔵山に本社を構える会社。

墓石やモニュメント、灯籠などを製作する「石塔事業」、アート・デザイン・建築の専門家と協業し、プロダクトをつくる「デザイン事業」など。大蔵山でしか採れない「伊達冠石」を採石し、加工から空間に落とし込むまで、一貫したものづくりを展開してきました。

2015年に「山田石材計画」から社名を変え、事業の幅も広がりつつある大蔵山スタジオ。これから日本全国、さらには世界へ伊達冠石の個性や石の持つ力を発信していこうと、新たな取り組みもはじめています。

そこで今回は、石の加工や設置を行う職人と営業に携わる人を募集します。

いずれもスキルや経験の有無にかかわらず、石や山への興味関心を持って仕事に取り組める人に来てほしいとのこと。土地や風土に結びついた仕事に関心のある人、丁寧なものづくりに携わりたい人にぜひ知ってほしい仕事です。

(取材はオンラインで行いました。写真は提供いただいたものを使用しています)

以前、日本仕事百貨で大蔵山スタジオを紹介したのは6年前。

社名が「山田石材計画」から大蔵山スタジオに変更されたばかりの頃だった。

当時専務取締役だった山田能資さんは、2017年から父・政博さんの跡を継ぎ、現在は代表取締役を務めている。

今回はオンラインで話を聞くことに。

「大量生産的ではなく、工房のように製作するもの一つひとつを大切にお客さまに届けたい。そう考えて『スタジオ』という言葉を社名に取り入れたんです」

そんな想いに沿って、会社の事業内容も変化してきた。

以前はお墓の製造の割合がほとんどだったものの、建築関係などのデザイン事業が拡大。現在では全体の半分を占めるほどにまで増えてきているという。

「理由のひとつは、お墓の需要が減っていることにあります。地元から離れて暮らす人が増え、供養のあり方が多様化したことで、そもそもお墓を持つ人が減っていて」

「その一方でホテルやマンションなどの建築分野では、伊達冠石を使った家具などの需要が増えています。『本物の素材』を吟味した空間をつくろうとする建築家の方などから、石を使いたいと相談をいただくことが多いですね。そこで僕たちは、石についての提案を行っています」

提案というと、具体的にはどんなことを?

「たとえば…」と山田さんが画面を共有して見せてくれたのは、伊達冠石を使ったベンチ。

「伊達冠石は本当に一つひとつの個性が強い石なので、実物が近くにないと加工のイメージがしにくいんです。このベンチも、ただ素材として石を提供するのではなく、デザインの段階から関わっていて。黒い箇所のように磨いた部分もありながら、石の表情を残している箇所もある。そんなふうに、素材の個性に合わせた加工を、伊達冠石のプロとして提案しています」

大蔵山スタジオがこれまでに手掛けてきたプロダクトは、カウンターテーブルや洗面台、ドアハンドルなどさまざま。

設計事務所から相談を受けたら、まずは施工現場を確認し、サイズ感の合う石を施主や設計士とともに選ぶ。そしてその個性を活かすように図面を描き、加工する。

石の持つ表情を引き出せるのは、日常的に扱っている大蔵山スタジオのみなさんだからこそ。建築でもプロダクトでも、多くの場合、山田さんのドローイングをそのまま採用してもらえるという。

「僕の提案は少し変わっていて、石の割れをそのまま使うこともあります。割れているからだめ、というのは人間が勝手に決めていること。割れた面から自然の摂理を感じられるのも、石の豊かさだと思っているので。あえてそうしたデザインを提案することもありますね」

「僕たちは美術的な感覚を持って石を扱う、コーディネーター的な役割を担っていると思っています。そこがたぶんほかの石屋さんと違うところですね」

そもそも、伊達冠石が多くの建築家やデザイナーに認知されるようになったのは、芸術家のイサム・ノグチが自らの作品に好んで使ったことがきっかけ。それは大蔵山スタジオにとっても、大きな追い風となった。

同じように、新たなプロジェクトや仕事がはじまるとき、「人との出会いがきっかけになることが多い」と山田さん。

6年前に初めてイタリアを訪れたとき、現地でたまたま知り合ったイスラエル人のデザイナーとパリの展示会に参加したり、ミラノで出会った韓国人のアーティストとは、これからヨーロッパで開かれる展示会に向けての作品制作に取り組んでいたり。何かと人の縁から仕事が生まれているという。

「会った人、会った人と一緒に仕事できるような状況が続いています。それも、もともとはビジネスの話をするために知り合ったんじゃなくて、家に招待してもらって一緒にご飯を食べるようなことから何かがはじまることがほとんどです」

「そうした出会い方だからこそ、自分のことをちゃんと理解してもらって、お互いに仲間のような感覚を持ちながら一つひとつのプロジェクトを進めることができているんだと思います」

気軽さや便利さが求められることも多いなかで、重くて無骨な石は、ある意味現代の流れとは逆行した素材とも言える。そんな石に魅力を感じた人たち同士が、同じ釜の飯を食う。

お話を聞いていてふと、原始的な「食事」の風景が頭に浮かびました。

「古代の人達がストーンサークルに集まって、祭祀をしていた感覚にも近いのかもしれません。今、伊達冠石を中心に集まった人たちと一緒にプロダクトをつくっているのも、同じようなことかなと」

「そうした大昔の人たちと通じるような部分が、僕らのなかですごく重要で。『美しい』とか『大きい』とか、石に触れたときに生まれる純粋な感覚を、僕らの提案するプロダクトを通して知ってほしいと思っています」

山田さんは今後、県外、さらには海外での仕事がより増えていくことを想定しているという。

今はそのちょうど変わり目の段階。

「石に関して、世界一の審美眼を持った職人集団のような会社になっていくといいですね。今の会社のポテンシャルを考えれば、目指していけると思っています」

今回募集するのは、職人と営業の2職種。それぞれどんな仕事なのだろう。

まずは工場長を務める清水さんに話を聞いた。

大蔵山スタジオの仕事は、山田さんや営業担当のスタッフがクライアントの要望や条件などをヒアリングするところからはじまる。

職人は注文の詳細を把握し、それをもとに石を加工。現場での施工まで行う。

大蔵山スタジオでは、工房での加工と現場での施工を分担していない。加工と施工、両方の現場を経験することが、いい仕事につながると考えているからだ。

入社16年目になる清水さんは、営業や職人など、さまざまな立場で石を扱ってきたなかで、感じていることがあるという。

「素材一つひとつの個性を生かした加工ができるように心がけています。ミリ単位で調整する仕事も多いので、作業中は気を引き締めなければいけない」

「それからよく感じているのは、石は人の想いをよく吸ってくれる素材だということです」

想いを吸う素材。

「石を加工していると、やっぱり手をかければかけるほど、出来上がったものにちゃんとあたたかみが備わっていく感覚があるんです。時間をかけてつくったものは佇まいや存在感が違うんですよね」

「手を合わせる対象として石に字を刻みますよね。きっとそれは、そこに存在し続けてほしいという願いから、石という素材が選ばれていると思うんです。そうした日本人的な感覚から、僕は石を余計に想いのこもった素材だと感じているのかもしれません」

大蔵山スタジオが製作する墓石や家具は、長い時間その場や空間に存在し続けるもの。

いいものをつくれば大事にし続けてもらえるし、どこかで妥協すればそれが残り続けてしまう。やりがいの反面、責任も伴う仕事のように感じる。

写真は苦手ということで紹介できないのだけど、清水さんと一緒にお話を聞いた営業担当の方は、伊達冠石のことを「山の恵」とも呼んでいた。

「丸森町のキャッチフレーズは『水と緑のかがやくまち』。町内面積の約7割を占める森林のなかに、この環境がある。ここでしか採れない石を使っているというのが、やっぱり一番の強みだと思っています」

今回募集する営業担当は、まずは墓石を中心に担当してほしいとのこと。宮城県内の寺社を訪ね回るところからのスタートになる。

現担当の方は、前に事務機器などの営業をしていたそう。同じ営業でも、扱うものが変われば仕事の質も大きく変わるように感じているという。

「墓石は人の死に関わるもの。単純にものを売るのと違って、想いや魂をすごく感じる仕事だと思っています」

一度買ったら、買い換えることのない墓石をお客さんは慎重に選ぶ。だからこそ、購入前にどんなコミュニケーションをとるかが重要になる。

「営業先は、お寺の住職さんや家族を亡くしたばかりの方たち。その方々に用意した営業トークをしても、心に響かないことが多いです。特に住職さんには心を見透かされているような感覚を持つときもありますね」

「本当に営業の原点だと思うんですが、『お客さまのために対応する』気持ちをしっかりと持つことが大切だと思っています」

石という自然物と向き合いながら、その個性や力を尊重して、ものづくりに落とし込んでいく。山田さんや清水さん、大蔵山スタジオで働くみなさんの言葉からは、静かな誇りが伝わってきました。

本社のすぐそばには、およそ50ヘクタールの採石場が広がっていて、石を祀った場所や石舞台の野外劇場もあるそうです。今、石や山に対して抱いている興味のままに大蔵山を訪れて、みなさんと話してみてください。

(2021/4/7 オンライン取材 宮本拓海)

この企業の再募集通知を受ける

おすすめの記事