イベント

9.21 Fri
しごとバー
琵琶に触れてみナイト!

いろんな分野で活躍している方をゲストとしてお招きし、お酒を飲みながら、ゲストと一緒に会話するイベントです。気になるテーマやゲストがいたら、気軽に参加してください。

※このイベントは終了いたしました。

みなさん、こんにちわ!琵琶奏者の川嶋信子と申します。

仕事は琵琶を弾いてます。そして歌います。はい、歌うのです。琵琶は一人で物語を弾き語る楽器ですから。

琵琶と云えば、多くの人がまず思い浮かべるのは“耳なし芳一”ではないでしょうか?
その影響か"琵琶法師さん!"とよく声を掛けられます。決してお坊さんではないのに……。

“えーっと、ビルマのやつだよね?” (何で、ビルマの竪琴と間違えるの?)
“沖縄の楽器でしょ?” (それは三線です!)
“女子12楽坊のやつでしょ?” (間違いではないけど、中国の琵琶と日本の琵琶は違う!!)
“枇杷なら食べた事あるけどね~。” (おやじギャグ聞き飽きた!!)

演奏活動を始めて10年が過ぎましたが、琵琶の地位は一向に上がりません(笑)。日本古来の日本にしかない表現なのに、なぜこんなにも苦しい立場なのでしょうか?

よくも悪くも一人で成立する事。よくも悪くも楽器が使い勝手が悪い事。ほかにも、さまざまな要因が重なり合っております。

この状況を打ち破るためには、やはり基本中の基本、多くの方に琵琶を知ってもらう必要があります。

日本独自の“語る”という表現。職人さんが手間暇掛けて作る美しい楽器。平家物語などの古典文学。他の弦楽器との相違。etc……。

琵琶を通して伝えたい事がたくさんあるのです。

川嶋 信子(かわしま・のぶこ)
桐朋学園大学短期大学部芸術学科卒業。役者として活躍した後、薩摩琵琶を鶴田流/岩佐鶴丈に師事。平家ゆかりの地など各所で琵琶の魅力を伝えながら、無声映画に楽師としての参加や琵琶2人のユニット「谷中琵琶Style」や琵琶と講談の会「bi-dan」を自ら企画。また、琵琶の語りの重要性を説くため「創作語りシリーズ」を開始。寺山修司やシェイクスピアをテーマに作品を発表している。1日体験教室「まなびわ」を毎月開講中。NHK邦楽オーディション合格。NHK・FM「邦楽のひととき」出演。
川嶋信子HP

※当イベントは事前予約不要ですが、よろしければ下記の「イベントに参加する」より、当イベントのfacebookページにて「参加予定」へのチェックをお願いします。
※なお、SNSを介して発生したトラブルなどの責任は負いかねますこと、あらかじめご了承ください。
※しごとバーでは、特定の思想や宗教、マルチ商法、情報商材の販売などに関わる方の参加はご遠慮いただいております。そのほか、セクハラ行為なども含めて、参加者に不快感を与える行為を目撃した方はお知らせください。 

日時
2018/09/21 20:00 開始
※イベントのメインは22:00まで
会場
リトルトーキョー2F
参加費
1ドリンク以上オーダー

※このイベントは終了いたしました。

おすすめの記事