イベント

12.13 Thu
しごとバー
ビレッジプライドナイト

いろんな分野で活躍している方をゲストとしてお招きし、お酒を飲みながら、ゲストと一緒に会話するイベントです。気になるテーマやゲストがいたら、気軽に参加してください。

皆さんはじめまして。寺本英仁といいます。

私は島根県にあります邑南町(おおなんちょう)という町の役場に勤めている地方公務員です。

今回は先月11月にブックマン社より出版されました著書「ビレッジプライド」の出版記念をふまえ、制作裏話なども交えながら、僕が考える地域おこしのポイント、そして僕の故郷である邑南町のお話しなどをさせていただきたいと思います。

今回の著書を出版するきっかけは、実は以前、こちらの「しごとバー」にてイベントを行った時に、たまたま参加していたライターさんが、実は僕が通っていた高校(広島新庄高校)の先輩だったという偶然のきっかけから生まれたんですよ(笑)。 

この本は今から約15年前、限界集落と言われた町の復活をかけ、町のみんなと奮闘してきた物語。もちろん成功談ばかりではなく、すんなり進んだ話は一つもないノンフィクションです。

そして2018年11月9日、『ビレッジプライド「0円起業」の町をつくった公務員の物語』は出版されました。

皆さん、しごとバーでお待ちしてます!


寺本 英仁(てらもと・えいじ) 
地方公務員。1971年島根県生まれ、東京農業大学農学部卒業後、1994年4月島根県石見町役場入庁。邑南町での産業おこしの取り組み(道の駅瑞穂の運営・インターネットサイトみずほスタイルの取り組み・邑南町発の全国公募型特産品コンテスト「Oh!セレクション」の立ち上げなどを担当したことが評価され、小泉内閣発足時に発足した「地域産業おこしに燃える人」の第3期メンバーに選出。2012年、邑南町が掲げるA級グルメ構想を担当したことが評価され、総務省地域力創造アドバイザーに就任。
TV:2016年9月 NHKプロフェッショナル仕事の流儀他、NHKスペシャル、アサちゃん、スッキリ等
著書:2018年11月『ビレッジプライド「0円起業」の町をつくった公務員の物語』

※当イベントは事前予約不要ですが、よろしければ下記の「イベントに参加する」より、当イベントのfacebookページにて「参加予定」へのチェックをお願いします。
※なお、SNSを介して発生したトラブルなどの責任は負いかねますこと、あらかじめご了承ください。
※しごとバーでは、特定の思想や宗教、マルチ商法、情報商材の販売などに関わる方の参加はご遠慮いただいております。そのほか、セクハラ行為なども含めて、参加者に不快感を与える行為を目撃した方はお知らせください。

日時
2018/12/13 20:00 開始
※イベントのメインは22:00まで
会場
リトルトーキョー2F
参加費
1ドリンク以上オーダー
facebookイベントページをみる

おすすめの記事