求人 NEW

持ちつ持たれつ
暮らしとともに歩む
高原トマトの後継者

※この仕事は募集終了いたしました。ご応募どうもありがとうございました。

全国には、その土地土地に根づいた産業があります。

農業もそのひとつ。担い手の高齢化や人手不足が進むなか、新しく就農したい人をサポートする仕組みがあまり表立って知られていない現状があります。

興味はあるけれど、どうやって関わり始めたらいいかわからない。

そんな人にとって、今回紹介する仕事は一歩踏み出すきっかけになるかもしれません。

奈良県宇陀郡曽爾村(そにむら)。

奈良と三重の間に位置するこの村で、地域おこし協力隊として働く人を募集します。

募集するのは、村の特産品である高原トマト農家の後継者。そして、農林業の担い手の育成や商品開発など、さまざまな面から村の農林業をサポートする、農林業公社のスタッフです。

田舎で生業を持って暮らしていきたい。そんな思いを持っている人にはぴったりの仕事だと思います。



曽爾村へは、三重県の名張駅からバスで1時間ほど。東京方面からだと遠く感じるけれど、大阪からだと2時間弱で行くことができる。

山あいの道をバスに揺られ、曽爾村役場前で下車。役場へ入ると、地域おこし協力隊のサポートを担当している高松さんが迎えてくれた。

「曽爾村では、昔から農業と林業が盛んで。特に農業では、高原野菜としてトマトなどを他県に売り出してるんですよ」

曽爾村は、標高約400メートルの山あいに位置し、水も豊か。寒暖差の大きい気候ときれいな湧き水のおかげで、味の濃いトマトが育つそう。

トマトの栽培は50年ほど前から始まり、最盛期にはトマト農家だけで60軒ほどあったものの、農家の高齢化や後継者不足により、一時は5軒ほどにまで減少してしまった。

そこで、トマト農家をはじめ、村の農林業全体を底上げしていこうと4年前に組織されたのが、曽爾村農林業公社。

農家の育成や農産物のブランド化といった農業振興のほかに、林業の振興や村でとれる薬草を利用した商品開発、村の特産品づくりなども行なっている。

今回募集するトマト農家の後継者は、農業振興を現場で担っていくことになる。



「まずはトマト農家の先輩に会いにいきましょうか」と、連れて行ってもらったのは、ハウスがずらっと並んだトマト畑。

2016年に地域おこし協力隊として曽爾村にやってきた中野さんが、雪がちらつくほどの寒さのなかで作業していた。

1年前に協力隊期間を終えて独立した中野さん。

「以前は大阪の銀行で、営業をしていました。土地活用の仕事に関わっていたんですけど、空き家が増えている今の日本で、必要かどうかわからない建物をつくり続けるのって、未来のためにならないんじゃないかと疑問に思うことがあって」

「それよりも、野菜を育てて食べものをつくる農業のほうが、未来のために土地を活かす一番の方法なんじゃないかって思ったんですよね。自分の手で食べるものをつくるって、すごい仕事だなって」

農業を始めるため、移住フェアや地域おこし協力隊の説明会へと足を運ぶうちに、曽爾村のことを知った。

「地元の大阪からも車で2時間弱の距離やし、任期の3年間で農業を学べて、その後の独立に向けたサポートもしてくれる。これはええなって思いました」

曽爾村では、就農を希望する地域おこし協力隊に対して、3年間の育成プログラムを組んでいる。

1年目は、奈良県にある農業大学の短期研修に通いつつ、先輩農家のもとで基本的な作業を学ぶ。2年目になると、先輩農家のハウスを一部まかせてもらいながら、1年間を通じて実践。

そして3年目に自分の畑を持ち、先輩に見守られながら自力で栽培をしていくそう。

「土地も農林業公社の人が一緒に探してくれて、ビニールハウスも建ててくれるんですよ。費用は独立後に補助をいただきながらリース契約で支払っていけばいいので、初期費用がだいぶ抑えられる」

「農業を始めるのに一番大変なことって、農地の準備とハウスの初期投資なんですよね。それをクリアできるように村が集中的にサポートしてくれているのは、すごくありがたいです」

トマト栽培は、3月の種まきからスタート。5月に定植し、7月頭から10月ごろまでは収穫が続く。栽培期間中は、ほぼ毎日畑の管理や収穫作業などを行なっているそう。

一方で冬の期間は、ハウスの片付けや土づくりなど、次の年へ向けた準備の時期。畑でずっと作業があるわけではないので、中野さんは別の仕事をしながら、合間で畑仕事をしているという。

「冬は、和歌山のみかん農家や、奈良県内の酒蔵に行ってお手伝いをしています。農閑期に収入を得るっていうのはもちろん、トマト栽培にも活かせることが多いと思っていて」

たとえば、みかん農家ではおいしいみかんをつくるための土づくりの工夫。酒蔵では、発酵のプロセスを肌で学び、土の環境をよくするためのヒントを得ているそう。

新しく来る人も、農閑期には中野さんのように別の仕事にチャレンジしてみるのもいいかもしれない。中野さんも、自分次第で柔軟な働き方ができるところに惹かれてトマト農家を選んだという。

「やっていることの多くは、はたから見ると地味な作業なんですよ。たとえば、トマトが成長していく段階で出てくる脇芽を、手作業で一つずつ取っていくとか」

「そういう地味な作業を、どれだけコツコツやっていけるかやと思うんですよね。ちゃんと一手間をかけてあげられるかどうか。それが結果としてトマトの味にあらわれてくると思っているので」

真っ赤な色に、甘味と酸味のほどよいバランス。コクがあって、トマトらしいしっかりした味わいが、お客さんから評判だそう。

「箱に詰めると、開けたときにトマトの青っぽい香りがするんですよ。注文してくれる人のなかには、味はもちろん、僕の働き方とか、ほかの分野から取り入れた工夫とか、いろんな要素を踏まえて選んでくれる人もいるんです。それはすごくやりがいになりますね」



ここで中野さんが、「親方」と呼ぶトマト農家の先輩、寺前さんを紹介してくれた。

両親からトマト農家を引き継ぎ、20年以上トマト栽培に携わっている。JAのトマト部会の部会長も務めている方だ。

「曽爾村も過疎化が進んでるし、後継者がいないっていうのは大きな問題やと思うんよ。ただ、何かしていかなあかんっていう思いはあっても、一農家だけやとできることも限られてくる」

「だから国の制度を活用して、外から人が来てくれるのはええことやなって。学校の先生じゃないから100%の正解を教えられるわけじゃないけど、今まではこんなふうにやってきたよっていう経験は伝えることができるから」

栽培の細かいやり方は、それぞれの農家によってさまざま。伝えられたことを受け止めて、自分はどうやって実践していくか。それを考え続けることが大切なのだと思う。

「農家って、『農業が好き』だけではやっていけない、シビアな世界なんよ。ちゃんと収穫できたら収入もしっかりあるけど、逆のときもある。趣味とはちがうっていうことは覚悟して来てほしいかな」

「あとは、曽爾村で暮らすことを楽しんでくれたら、どんな人でもええと思うよ。お祭りとか近所づきあいとか、持ちつ持たれつの関係があってこそ暮らしが成り立つ場所やから。役場も俺らも、最大限受け入れる気持ちがあるからね。そこに溶け込んでくれたらええよね」



今回はトマト農家の後継者とあわせて、農林業公社のスタッフも募集している。農林業の担い手のサポートや新商品の企画、販路の開拓など、横断的な役割を担うことになるそう。

そんな農林業公社のスタッフとして働いているのが、昨年に地域おこし協力隊としてやってきた小高さん。

「はじめて曽爾村に来たときに、町や山の雰囲気がすごくいいなって思ったんですよね。風景もきれいだし、役場で対応してくれた人もすごく親切で。ここで暮らしたいなっていう直感で、来ることを決めました」

小高さんは現在、役場の企画課に席を置き、農林業公社の仕事をしている。担当は主に林業振興事業。間伐材の活用方法を日々考えているという。

「最近だと、生木を削ってスプーンや椅子をつくるワークショップを開いたんです。間伐してそのまま放置されている木を使ってものづくりをして」

「ただ、小物だけだと使える木の量はまだまだ少ないので、今後はウッドデッキとか、大きいものをつくるようなワークショップを開けたらいいなと思ってます」

今回募集する人は、農林業公社の事業のなかでも特に、商品開発や販路開拓といった、地域商社的な活動を担うことになる。

たとえば、小高さんと一緒にワークショップを企画するなかで、新しい特産品を生み出せるかもしれないし、中野さんたちのトマトを使って、商品開発にチャレンジしてみるのもいいかもしれない。

ほかにも、曽爾村産のゆずやカヤの実を使った加工品など、すでに商品化に向けて動いているものもあるので、それらを村外へPRする方法も考えていくことになる。

自身のアイデアやスキルを活かしながら、できるだけ自由な発想で取り組んでほしいとのこと。

「村の規模が大きくないからこそ、やりたいことをやらせてもらいやすい環境やと感じていて。いい意味でみんな止めないんですよね(笑)。ちょっと迷っているときも、こうしたらいいんじゃない?って、前向きに考えてくれる」

「ほかにも、地域の人との関わり方について、役場のみなさんが地元の人目線でサポートしてくれたりして。僕のように外から来た地域おこし協力隊にとっては、すごくありがたいですね」

取材に伺ったこの日も、10名ほどの移住者と役場の職員で、村の住み心地をよくするためのワークショップが開かれていた。

曽爾村に住んでみていいと感じたところ、よくないと感じたところ。あってほしいものや、できればなくしたいもの。

中野さんや小高さんも参加し、それぞれ素直な思いを付箋に書いて、可視化していく。

「お祭りや地域の人とのつながりが曽爾村のいいところ」「人工林がほとんどだから広葉樹の森を広げたい」など。これから回を重ね、移住者の声をかたちにしていきたいそう。

一時的に力を貸してもらうだけではなく、曽爾村で長く暮らしたいと思ってもらえるように。

そんな土壌があるからこそ、移り住んできた人たちは、自分ごととして村の暮らしに向き合っていけるのだと思います。

興味がある人は、ぜひ一度訪れてみてください。もしかしたら、その一歩が村の未来を支えていくきっかけになるかもしれません。

(2020/2/6 取材 稲本琢仙)

この企業の再募集通知を受ける

おすすめの記事