求人 NEW

布を広げる
暮らしを届ける

※この仕事は募集終了いたしました。ご応募どうもありがとうございました。

部屋を飾るのが好きです。

季節のオーナメントやポストカードを飾ったり、花を生けたり。お気に入りを詰め込んだ部屋は、自分を癒す居心地のいい空間になる。

NAMURA株式会社は、空間を彩るアイテムとして「布」の可能性を探求している会社です。

カーテンやテーブルクロスなど、暮らしのさまざまな場面に取り入れやすい140cm×230cmの布を中心に、テキスタイルの企画・販売をしています。

今回は、NAMURAが営む布の専門店「ieno textile(イエノテキスタイル)」で、商品をお客さんに伝え届ける人を募集します。

接客・ECサイトの運営のほか、SNSでの情報発信や商品企画など、売るだけにとどまらない、幅広い仕事に関わっていくポジションです。

布がある暮らしに、心地よさを覚える。そう思う人には、たまらない職場だと思います。


渋谷駅から井の頭線に乗り15分。浜田山駅で降りると、駅前には商店街が広がっている。平日だけどにぎやかな雰囲気だ。

5分ほどまっすぐ歩きひとつ角を曲がると、マンションの1階部分にieno textileの文字が見えた。

中に入ると、白を基調とした明るい空間に、色とりどりの布が飾られている。

「これらは、『14-23(イチヨンノニイサン)』と呼んでいる布たちです。最近ありがたいことにご注文が増えていて、ちょうど商品をお届けしたところで。いまはだいぶ在庫が少ない状態なんですよ」

そう話しながら現れたのは、NAMURA株式会社代表の南村弾(なむらだん)さん。

ieno textileを立ち上げた、テキスタイルクリエイターでもある。

ieno textileでメインに展開しているのは、140cm×230cmのテキスタイル。

広げてみると、大の字で持ってもまだ余るほど、大きなサイズ。厚みを感じるリネン生地もあれば、光に透かすとキラキラ光る素材のものもある。

これらはどれも「14-23」シリーズとしてつくられたもの。現在では、素材や色味などが異なる30種類前後の定番商品がつくられている。

この140cm×230cmという大きさは、弾さんがクリエイターをはじめてから試行錯誤の末にたどり着いた、“暮らしにちょうどいいサイズ”なんだそう。

「テーブルクロスやソファカバーにも使えるし、空間の間仕切り、端を折ってクリップを付ければカーテンにもなる。普通のカーテンだと何度も付け替えるという発想にはなりづらいですが、一枚の布なら季節や気分によって気軽に取り入れられると思うんです」

カラフルな布とシックな色合いの布を交互に使って、部屋の印象をガラッと変えたり。冬場には透け感のある布を飾ることで、貴重な日光をより楽しめる空間にしたり。

シンプルな一枚の布だからこそ、自由な発想で空間を彩ることができる。

「加えて、無駄がないのも良くて。使い方が自由なぶん、長く使うことができる。たとえば引っ越し先でのカーテン。窓の大きさが違っていて、使えないことも多いでしょう。14-23なら、窓に合わせて折り返すだけで新しい場所でも利用できるんです」

生地幅いっぱいで裁断できるので、ハギレも少なくて済む。14-23はつくり手としても無駄が少なく魅力的なのだとか。

「カーテンといえば、窓ごとにサイズを測って、きっちり合うものを仕立てることが一般的です。そういう価値観のなかでは、一枚の布の魅力を伝えていくことがなかなか難しい」

ならば、自分で会社を立ち上げようと、2019年10月に会社を設立。翌年の1月末には、現在の店舗をオープンした。

店舗では、訪れた人の暮らしぶりをヒアリングして、布の使い方や色の組み合わせを一緒に考えて、体験しながら商品を選んでもらうことを大切にしている。営業日は水・木・金の週3日。予約制にしていて、じっくり時間を使えるようにしているという。

店舗と同じ頃から運営しているECサイトでは、弾さん自身が一つひとつ、商品説明文を作成しているそう。

「僕はテキスタイルクリエイターとして、暮らしにどう布を取り入れていただくかを、広く提案していきたいと思っています。そのためには、店舗でもECサイトでもお客さんに布の使い方を知っていただくこと、特にECサイトでは手にとっているように買い物できることも、大切なんです」

今回新しく加わる人には、店舗での接客やECサイトの運営など、まずはieno textileのことを知り、お客さんと接点を持つことからはじめてもらいたい。

並行して、SNSで情報発信をしたり、ユーザーの暮らしぶりを取材したりと、ieno textileを広く知ってもらうための仕事にも取り組んでいく。将来的には工場の職人さんとのやりとりや、BtoBの仕事にも関わることになる。

現在、NAMURAで働くメンバーは弾さんを含めて4人。ただ、限られた人数だから幅広い業務を担当してもらいたい、というわけではないそう。

「入口から出口まで、責任をもって仕事をしようと日頃から話しています。布のある暮らしを届けるためにはたくさんの情報が必要で。すべての仕事がそれにつながっていると思うんです。だからこそ誰がどこまでやる、っていう明確な境界はないようにも感じていて」

「なので、これからも仕事の進め方は変わらないし、事業をむやみに広げていくこともないです。布とインテリアが好きで、仕事の考え方に共感する方に来ていただけるとうれしいですね」


すべての仕事はつながっている。まさにそんな思いで仕事をしているのが、デザイナーの早坂さん。

店舗やECサイトの対応から、国内外の工場とのやりとりまで。ieno textileにまつわる仕事を幅広く担当している。

今回仲間に加わる人にとっては、一番身近な先輩になると思う。

大学時代はテキスタイルを学んでいた早坂さん。前職の会社で弾さんと出会い、独立のタイミングで声をかけられて、共に立ち上げから関わってきた。

「私自身、14-23をたくさん売りたい、というよりも、14-23をきっかけに布が持つさまざまな可能性を楽しんでほしいという気持ちで日々お客さまと接しています」

たとえば、と見せてくれたのは、リネンで織られた「14-23 Re.nen」。

「キャロットやイエローみたいな色って、インテリアに取り入れづらいと感じるかもしれないけれど、ベージュやホワイトなど、ベースの色と組み合わせると全体が落ち着いた雰囲気になるので、おすすめなんです」

「明るい色って、一色取り入れるだけでお部屋の印象がぱっと華やぐと思うんです。お家で過ごす時間が増える梅雨時期や冬でも、一枚取り入れるだけで簡単に気分転換できます。落ち着きたいときはベーシックな色でシックに仕上げてもいいですしね」

布だけでなく、クリップやタッセル、上部に飾るカーテンバランスを組み合わせることで、さらにたくさんのコーディネートを楽しむことができる。

カーテンって頻繁に替える印象のないアイテムだけど、たしかに布一枚と小物なら暮らしに取入れるハードルが低くなるように思います。

「そうなんです。洋服のように季節や気分に合わせて、空間に布を取り入れられたら、きっと気持ちがいい。そんな布のある暮らしを提案できたらと思うんです」

店舗では早坂さんが接客することが多いそう。最近はSNSを通じてお客さんから感想をもらえることが増えたのだとか。

「『部屋のイメージにぴったりでした』とか、『思い切って明るい色を取り入れたらすごくかわいい空間になりました』とか。魅力が伝わったんだと感じてうれしくなります。単に買っていただくだけじゃなく、実際の暮らしに取り入れてもらってこそなので」

店舗では直接布の楽しみ方を伝えられるぶん、ECサイトで商品を購入したお客さんへは、商品と一緒に手書きのメッセージを入れてコミュニケーションしているそう。

「店舗もECサイトも、どちらも大切なお客さまで。14-23を知ってもらうこともそうだし、どうやったら暮らしに取り入れたくなるか、使い続けたくなるか、ということを常に想像して動いています」

最近取り組みはじめたのが、お客さんのお宅を訪ねて、14-23の暮らしへの取り入れ方を共有するコラム。

ieno textileのみなさん自身、自分たちの商品が暮らしのなかでどんな表情をしているのか知りたいという気持ちが以前からあったそう。

「素敵な暮らしをされている方にお声がけして14-23を使っていただいたり、すでに愛用していただいているお客さまに使い方を見せてもらったり」

「これまで自分たちから使い方を発信することはあったけれど、実際に使われている場面を目にしたことは少なくて。お客さまの声を直接聞くのはうれしいし、新たな発見も多いです。はじまったばかりの企画ですが、これからも力を入れていきたいですね」

今後は月1回のペースで更新する予定。1年後、12本の記事を集めて1冊の本にする計画なんだとか。

「14-23の可能性を伝えるために何ができるだろう、と考えながら手を動かせると、楽しい仕事だと思います。裏を返せば、数を売りたい、実務に淡々と取り組みたい人には向いていないかもしれません」


弾さん、早坂さんの話を聞いていると、「布のある暮らしの心地よさを届けたい」「布の可能性を伝えたい」という想いを強く感じる。

ここまで一致しているのはなぜなんだろう。

マネジメントを担当している南村茜さんに、普段の会社の様子を教えてもらう。

「毎朝朝礼をしていて。その日どんな仕事をするのかを共有しつつ、悩みがあったらその場で話す。企画ひとつに対しても、それぞれにものの見方があるので、各々の意見に耳を傾ける。そういった時間をつくっているから、方向性がブレないのかもしれません」

困りごとの相談もあれば、1年後の展示会に向けた相談、今後企画したいこと、会社のビジョンの話など。

人数が少ないぶん、それぞれの声を掬い上げる時間があることで、みんなが安心して働くことができるのかもしれない。

「今すぐ実現できないことでも、まずはみんなで意見を出し合うことが大切だと思っていて」

「お客さまのお宅をたずねる企画も、朝礼での話から生まれたんです。相談が長引いたり、ときには脱線したりすることもあるけれど、この時間はどこかで仕事に還元されるものだと思っています」

朝礼は、お互いが気持ちよく仕事をするための大切な場。困ったことから、やってみたいことまで。新しく入る人も、きっとなんでも相談できる環境なんだと思う。


取材のなかで、弾さんはこんなことを言っていました。

「自分たちがどういうことをしたいのか。広く届けていく先に、何をみるのか。しっかりと考えて続けていきたいと思います。布のある暮らしを、文化と言えるくらいのものにしたいですよね」

新しい暮らし方を広く届けていくには、まだまだ時間が必要かもしれません。

まずは自分自身が布に触れ、暮らしのなかに取り入れてみる。「なんだか心地いい」という感覚を、お客さんと共有する。その機会をつくり続ける。

その繰り返しが、目指す未来につながっていくんだと思います。

(2021/12/7取材 阿部夏海)
※撮影時はマスクを外していただきました。

この企業の再募集通知を受ける

おすすめの記事