求人 NEW

瀬戸内から
持続可能な社会をつくる

※日本仕事百貨での募集は終了いたしました。再度募集されたときにお知らせをご希望の方は、ページ下部よりご登録ください。

瀬戸内海に浮かぶ、豊島(てしま)。

日本で初めて国立公園に指定された瀬戸内海国立公園の一部で、穏やかな気候と豊かな自然に恵まれた人口およそ700人の島です。 

瀬戸内芸術祭の会場のひとつでもあり、会期中はおよそ14万人が訪れる「アートの島」としても有名になりつつあります。

ここで起きた「豊島事件」をご存知でしょうか。

いまから50年ほど前、自動車の破砕くずや廃油入りのドラム缶など、大量の有害産業廃棄物が豊島に不法投棄される事件が起こりました。

住民の激しい反対にもかかわらず、県はその状況を黙認し、産廃業者は何年間にもわたり大量の廃棄物を搬入。さらにそれらを野焼きしたことで、住民のなかには健康被害を訴える人も現れました。

住民たちは、ことの発端となった行政を相手に、廃棄物の撤去を求める公害調停を起こし、調停申立から7年近くかけて、調停を成立させました。

この豊島事件をきっかけに設立されたのが、認定NPO法人瀬戸内オリーブ基金です。

「豊島事件の背後にあるのは、経済優先の大量廃棄社会」だったと、理事長の岩城さんは言います。

同じ過ちが二度と繰り返されないように。瀬戸内オリーブ基金では、豊島事件を語り継ぐ活動のほか、豊島をはじめとする瀬戸内地域の環境保全に関わる活動を展開しています。

今回募集するのは、基金の活動を支える事務局スタッフ。豊島に住みながら、あるいは半分以上居住するような形で働く人を求めています。

持続可能な社会づくりに興味がある。環境を守っていく仕事をしたい。そう思う人がいたら、瀬戸内オリーブ基金での仕事はひとつの手がかりになるかもしれません。

 

瀬戸内オリーブ基金の事務所の最寄りは、豊島の家浦港。岡山にある宇野港と、高松港からのルートがあり、今回は岡山から向かうことに。

穏やかな海の様子に癒されて過ごしていると、あっという間に港へ到着。

船を降り、スタッフの方と合流して向かったのはオリーブ基金の事務所。古民家を改装した建物で、港からすぐそばにある。

最初に話を聞いたのはオリーブ基金の理事長、岩城さん。

弁護士として働いていて、普段は大阪にいるそう。この日もオンラインでつないでもらった。

豊島事件の公害調停において、住民側の弁護団のひとりだった岩城さん。オリーブ基金が発足した2000年から関わってきた。

「豊島での出来事はある意味、象徴的な未来だと思っていて」

象徴的な未来?

「自然を破壊するのはこんなに簡単で、元に戻すのはこんなにむずかしいということです。5年前にようやく豊島からすべての廃棄物が撤去されましたが、植生はすぐには戻らない。100年とか200年とか、そのくらいの時間が必要で」

「いまの大量消費社会も、豊島事件と構造は一緒です。便利だから、と後先考えずものを使っては捨てて、環境に負荷をかけている。無自覚な行動が、どこかの誰かを苦しめているかもしれない。そして最後には、そのつけが人間社会全体に回ってくるんです」

便利で快適と感じる日々の生活は、本当に持続可能なものなのか。豊島事件をただ語り継ぐだけでなく、学びとすることで、その原因となった社会のあり方自体を問い直していく。

設立以来、継続している環境保全活動への助成事業に加えて、ここ数年力を入れて取り組んでいる事業のひとつが「ゆたかな海プロジェクト」。

世界中で問題になっている海洋プラスチックごみを回収し、啓発活動をおこなうもの。なかでも、スポーツソーシャルイニシアチブが推進する、スポーツとごみ拾いを掛け合わせた「スポGOMI」という活動を、瀬戸内エリアのNPO団体と連携して推進している。

ごみ拾いにゲーム性が加わったことで、地元の子どもや学生といった若い世代にも、より気軽に海洋プラごみ問題に触れてもらえるようになりつつある。

「私たちはいわば地域に特化したNPOなので、事業の影響が見えやすいと思うんです」

「地球規模で環境問題を論じるのはむずかしいじゃないですか。地域に密着した活動を通して、スポGOMIみたいな新しい活動も提案していけるかもしれない。地域限定っていうのは制約であり、長所とも言えます」

今回募集するのは、オリーブ基金の日々の活動を支える事務局のスタッフ。

岩城さんをはじめとする8名の運営委員や、事業をともにおこなう関連団体、活動を支える豊島の住民などと密に関わりながら事業を進めていく。

「コミュニケーションを厭わない方に来ていただきたいですね。とくに意思決定機関である運営委員会と事務局はオンラインでのやり取りがほとんどなので、失敗も包み隠さず、きちんと報告していただくことがとても大切です」

「NPOって給料がいいわけでもない。私たち運営委員もほかの仕事とかけもちしながら無給でやっていますが、会議のたびに新しい事業のアイデアを持ち寄るような、モチベーション高いメンバーばかりです。やる気を出せば出すほどいそがしくなって自分を苦しめるのに…(笑)」

それでも活動に前のめりなのは、「『この活動をすることに意味がある』と、各々が心から思えているから」だと岩城さんは話していた。

 

次に話を聞いたのは、事務局スタッフの清水さん。隣で岩城さんの話を聞いているときも、「これ、参考資料です」と報告書を渡してくれるなど、気づかいが心地いい方。

お父さんが豊島事件の弁護団の一員で、小さいころから豊島をよく訪れていたという清水さん。オリーブ基金へは新卒で加わった。

「入社して4年経ちましたが、関わる人が面白い方ばかりなので、もっと一緒に新しいことをしてみたいって気持ちでいますね。基金の事業を確実に進めることで手一杯なところもあるんですけど、いまある取り組みを自分色に染めることはできると思っていて」

たとえば、と話してくれたのは、基金が販売しているオリーブ石鹸。

オリーブ基金では豊島の住民から委託された土地でオリーブを栽培していて、収穫した実は食用オリーブオイルにして販売している。あるとき、「食用オイルに使えないオリーブオイルをどうにか活用できないか」考えてほしいと運営委員から話があったそう。

「もちろん商品企画の経験はないので、どんなものをつくるか、デザインにするのか、全部自分で調べながら企画書をつくって」

「本業で広報を務める運営委員の方に企画のアドバイスをもらったり、会計士さんには価格設定のことを相談したり。完成品ができたときには、売れるか不安もあったけれど、すごく達成感がありましたね」

取り組む事業の幅が広い分、従来の仕事と並行して新しいことを始めるのはなかなかむずかしいかもしれない。運営委員のアイデアを形にしたり、日々の気づきを発信したりするなかで、自分なりの視点も広がっていくように思う。

 

「一緒に働くなら、オリーブ基金が取り組む事業のなかで『これに興味がある!』という人もいいかもしれません。ただ、それだけでは事務局の仕事は回っていかない。バランス感は大事だと思います」

そう話に加わってくれたのは、もうひとりの事務局スタッフ、西尾さん。

新卒入社から20年以上務めてきた会社を退職して、今年の4月から事務局に加わった。

現在は清水さんと西尾さんで業務を分担している。明確に担当が決まっているわけではないので、新しく加わる人は、ふたりとコミュニケーションをとりながら広く事業に関わっていくことになる。

「NPOや環境関連の活動って、続けることに意味があって。そのためにはやっぱりお金が必要なんですね。オリーブ基金の理念は大切にしつつ、裏側でしっかり事業を回していく。そのなかで新しいことへの挑戦も楽しめるような人に来てもらえるとうれしいです」

清水さんと西尾さんはそれぞれ、岡山と高松から豊島に通っている。

「オリーブ基金は豊島から始まった団体だし、オリーブ栽培など住民の方と協力しながら取り組んでいる事業もあります。ハードルは高いと思うけれど、やっぱり豊島に住みながら働く人がいるとうれしいですね」と、ふたりは話していた。

 

新しく加わる人と地域をつなげる存在になりそうなのが、最後に話を聞いた安岐(あき)さん。

事務所のすぐ隣の家に暮らしていて、豊島事件の公害調停に住民として長年関わってこられた方。オリーブ基金の活動にも発足当初から関わっている。

「豊島に来たからには、ぜひ見てほしい」と、豊島事件の資料を集めた資料館に案内してもらう。

「これは、公害調停するときに立ち上がったご家族の代表名。黒い喪章がついてるのは、残念ながらこれまでに亡くなった方です。もう、だんだんと事件のことを語れる人がおらんようになっていっとる」

「ここに全部黒い喪章がついたら廃棄物の問題が終わるのか?って、終わりませんよ。記憶が風化していくにつれてますます危うくなる。核兵器と一緒ですよ。我々が経験した思いを二度と、どこの誰にも経験させない。我々がいなくなっても、資料が事実を正しく語り継ぐ。そのためにオリーブ基金と協力してこの資料館をつくったんです」

資料館には、当時の新聞記事や事件の年表が壁一面に貼られている。何より目を引くのが、産廃の剥ぎ取り断面。特殊加工されたものが当時の様子のまま、展示されている。

「ここにあるのは3mほどやけど、平均で10mはあったからね。一番高いところでは40m。それだけ積み重なったものを撤去しても、自然は元に戻らんのよ。有害物質が水に溶け込んで土壌を汚しているから、いまはそれの処理。それも何年かかることか」

第二の豊島をつくらない。安岐さんの話は、言葉一つひとつに重みがあって、力がある。

それに突き動かされた人たちもいる。

「100人以上の廃棄物業者を前にして事件のことを話したことがあったのよ。そしたら、講演終わった後にある業者が『安岐さん、私たちになにかできることありませんか』って言うわけよ」

「その業者は、廃車になった車から使える部品を回収していて。『自分たちの親世代のものが豊島に行き着いて、事件に加担していたかもしれない』って。業者にとったら都合の悪い話かもしれんのに、真摯に受け止めてくれてな」

そう話す安岐さんの表情が少し和らぐ。その業者さんからの寄付で資料館の外壁をリニューアルしたり、ともにオリーブの木を植えたりと、少しずつ関わりを広げているそうだ。

安岐さんは、どんな人に来てもらいたいですか。

「自分の目で見て、耳で聞いて。自分なりに考えて手足を動かせる人。下手でもいいからよ。事務局を見ていても思うもん。なんでも率直に伝える関係のふたりが頑張っているから、どんどん事業が良い方向に進んでる感じがする」

「暮らしも同じ。飾らなんだらいいんや。あんまり小さいことを気にせんほうがええんじゃないかなって。評価なんて時間経ってみなんだらわからんだろう?長い目で見て、価値のあることだと思えるなら、やってみたらええと思うよ」

 

帰り道、島を案内してもらうなかで、あちこちでオリーブの木を見かけました。

オリーブの花言葉は、平和と知恵。

豊島の痛みを祈りに、そして社会がより良くなるように。力を発揮したいという人を、お待ちしています。

(2022/7/7取材 阿部夏海)

※撮影時はマスクを外していただきました。

この企業の再募集通知を受ける

おすすめの記事