イベント

9.14 Fri
しごとバー
月に庭をつくらナイト

いろんな分野で活躍している方をゲストとしてお招きし、お酒を飲みながら、ゲストと一緒に会話するイベントです。気になるテーマやゲストがいたら、気軽に参加してください。

※このイベントは終了いたしました。

こんにちは、西海園芸の山口陽介です。長崎の波佐見で植木屋をしています。

田舎の庭師ですが、先月はシンガポールとドイツ、今月はタイに行って庭づくりをしています。日本の各地に呼んでもらったり、波佐見では山をデザインするプロジェクトにも取り組んでいます。

夢は月で枯山水の世界をつくること。

日本人らしいスピリットを突き詰めて、月で砂紋を書きたいと本気で思っています。

庭の世界にのめり込むきっかけは、植物は命だと教えてもらったことでした。それから京都やロンドンで修行して、今は波佐見を拠点に活動しています。

自然と人の架け橋になるために、人間よりも寿命の長い植物とか、何万光年もかけてつくられた石を組み合わせる。庭をつくるというより、空気をつくることが仕事です。

よりあたらしい世界を開拓するために、ぜんぜん違う業界で働いている人や、いろいろな考え方をしている人と会いたいと思っています。

酒を飲むのが好きなので、植物が好きな人ならどんな方でも歓迎です。みなさんと会えるのを楽しみにしています。

このタイミングで、日本仕事百貨で求人もしています。庭師と空間デザイナー、生花店の販売スタッフとして働くことに興味がある方も、まずは一緒に飲みましょう。

山口陽介(やまぐち・ようすけ)
1980年長崎県波佐見町生まれ。高校卒業後京都の庭師の元で作庭を修行し、ガーデニングを学ぶためイギリスに渡る。王立植物園KEW内の日本庭園を担当しつつ、イギリスの生活に根ざしたガーデニングを学ぶ。帰国後、日本の長崎に拠点を置き日本と世界で作庭する。帰国後、日本の長崎に拠点を置き、 日本全国と世界で作庭や町おこしや、 ワークショップ、講演会など活動。
僕の立ち位置(庭の思い)
草木も人も「イノチ」がある。 草木に感謝し接してれば、草木が教えてくれる。 みんな、場所と草木に活かされてる。 だから・・・僕は庭師ではなく、庭と共に育つただの人でありたい。 -庭人 山口陽介-

西海園芸HP

求人記事「セッションする庭師 伝統をアップデートして月に庭をつくる

※当イベントは事前予約不要ですが、よろしければ下記の「イベントに参加する」より、当イベントのfacebookページにて「参加予定」へのチェックをお願いします。
※なお、SNSを介して発生したトラブルなどの責任は負いかねますこと、あらかじめご了承ください。
※しごとバーでは、特定の思想や宗教、マルチ商法、情報商材の販売などに関わる方の参加はご遠慮いただいております。そのほか、セクハラ行為なども含めて、参加者に不快感を与える行為を目撃した方はお知らせください。 

日時
2018/09/14 20:00 開始
※イベントのメインは22:00くらいまで
会場
リトルトーキョー2F
参加費
1ドリンク制

※このイベントは終了いたしました。

おすすめの記事