求人 NEW

移動販売でどう生きる

※この仕事は募集終了いたしました。ご応募どうもありがとうございました。

田舎には仕事がないというけれど、本当にそうなのだろうか。

いろんな地域に滞在してみると、仕事の種になりそうな地域の困りごとに出会うことがあります。繁忙期だけ人が足りないとか、獣害が多いとか、町にパン屋さんがないとか、買い物に行けないとか。

課題ばかりに目が行きがちだけど、それって仕事を生み出すチャンスでもあるのかもしれない。

目の前で困っている人のために何かできたら、それは充実した仕事になっていくと思います。

今回募集するのは、人口約4500人の長野県小海町で移動販売を担う地域おこし協力隊。

ただ、現状は移動販売だけで生計を立てるのは難しく、ほかにも仕事をもつ必要があります。どこかの会社と雇用関係を結んでもいいし、自分で新たに仕事をつくってもいい。業務委託の形をとるので、自由度は高いです。

さまざまな仕事を組み合わせて生きていきたい人には、ぴったりの環境だと思います。

 

小海町へは東京から車で3時間ほど。町の中心には千曲川が流れ、それと並走するようにJR小海線が走っている。

冬晴れのこの日、空気が澄んで気持ちいいけれど、川からの風はとても冷たい。冬になると、最高気温でも0℃を下回る日も多いそう。

まず小海駅の近くにある町役場でお話を聞いたのは、地域おこし協力隊担当の篠原さん。

小海町には篠原という名字が多いので、役場では下の名前で呼び合うことが多いそう。それもあってか、役場は和気あいあいとした雰囲気を感じる。

「ぼくは制度設計をしているときが一番楽しいんですよ。誰か一人が困っていることは、ほかにも困ってる人がいるんです。その問題の本質はどこで、具体的な課題はどこで、何が足りないんだろうって考えるのが楽しいですね」

そんな篠原さんが準備段階から関わってきた移動販売事業。始まったのは2019年のこと。

「この町にもだんだん買い物弱者が増えてきて、以前はいかに店舗をつくるかっていう対策だったんですけど、最近はその店舗にも自分で行けない方が多くなってきました」

「免許返納や公共交通網も脆弱になっているのが現状で、主に高齢者の生活の一助になればと、移動販売をすることになったんです」

移動販売の役割は、買い物の機会を提供するだけではない。

住民とよく話すことになるので、役場への要望や困りごとなど、いろんな意見を聞く機会が多くなる。

「毎週同じ時間に、同じ場所を回るので、お客さんの顔を覚えるんですよね。とくにご高齢のお客さんが多いので、見守り的な役割も果たしていると思います」

地域で一定の役割は果たしているものの、利用者も限られており、移動販売だけで生計を立てるのは難しいのが現状。

これから入る人は3年後の独立を念頭に、それまでは地域おこし協力隊として町から年440万円の委託費をもらいながら活動していく。

3年後に移動販売だけで生活していけるように試行錯誤するのもいいし、ほかの仕事との複業をしてもいい。

「福祉との相性はとてもいいので、見守りの仕事を請け負いながら、移動販売をするのもいいと思います」

移動販売で地域の人と話すなかで、新たな仕事のヒントが得られることもあるかもしれない。

とはいえ、大切なのは買い物へ行けない人に、買い物の楽しみや商品を届けること。

はじめは移動販売に専念するのが良さそう。

「初めての土地で3年で独立って、結構大変だと思うんですよ。ましてや町が何年もかけて解決できていない問題なので。地域に馴染むだけで1年くらいかかるんじゃないかな。まずは仲良くなることから始められるといいですね」

そのためには小海町のことを知ることも大切。

今でも町には、さまざまな郷土料理をつくる人が多いので、季節ごとの商品の需要もある。

「たとえば、フキが採れる時期にはホタルイカと一緒に煮て食べるんです。だからそのタイミングでホタルイカを仕入れるとか。そういう小海の暮らしに根ざしたものを売ってほしいですね」

自分でも暮らしを楽しみながら、お客さんからいろんな情報を聞くうちに、仕入れの精度もだんだん高くなっていくと思う。

 

実際にはどんな仕事をするのだろう。

現在、移動販売を担当している地域おこし協力隊の大金さんに話を聞いた。この日は営業日だったので、移動販売のトラックに同乗させてもらうことに。

「横浜出身で20年ほど福祉の仕事をしていたんですけど、もともと田舎暮らしとか、自然に興味があったんです。それで移住先を探しているときに見つけたのが、小海町の移動販売の仕事で。人と接するのも好きだし、面白そうだと思って応募しました」

家庭の事情もあり、3年間の任期を終える3月いっぱいで、地元に帰ることになっている。

車は大通りを進み、民家が並ぶ細い道に入ると、音楽を流し始める。この地域に昔からある「小海音頭」が移動販売の合図だ。

大金さんが商品を準備するとすぐに、一人の常連さんがやってきた。

「この前買ったあれ、もう一個ほしいのよ! 天ぷらのやつ、なんだっけあれ」

大金さんも一緒に思い出すが、なかなか出てこない。

そんなことに笑い合いながら、和やかな空気で買い物が終わる。お客さんが帰ると、いつの間にか大金さんの手にはお茶菓子が。

「あの方はいつもお茶とお茶菓子を用意してくれるんですよ。ありがたいです。ここはもともと、お客さんが3人いたんですけど、今は1人になってしまいました」

以前はお客さんが来ていた場所も、だんだん人数が減ってきている。利用していたお客さんのなかには、亡くなった方や福祉施設に入った方もいるそう。

「はじめはもっとお客さんもいると思ってたんですけど、なかなか厳しいですね。移動販売だけで生活するのは、正直難しいのが現状です。地域の人との交流だけを目的にして来ると大変だと思います」

主に買い物に行けない人のための事業とはいえ、それ以外の町民を含めて、新規のお客さんを開拓する努力も必要になってくる。

一日の仕事はどんなふうに進んでいくんですか。

「まずは朝8時すぎに事務所へ行って、地域の商店さんが納品してくれた商品に値付けをします。そのあとトラックに積み込んで10時に出発です。だいたい一日で7か所くらい回りますね。忙しい曜日だとお昼も仕入れにいったりして慌ただしいです」

曜日によって回るルートと時間は決まっていて、現在は火曜日の午後から金曜日の夕方まで営業している。

「事務所に戻ってきてからは、今の時期だと水物は凍っちゃうので、トラックから降ろしたり、商品の整理をしたり。そのあとはお金の清算をして、翌日に仕入れたい商品を各商店にFAXして終わりです」

地域振興になればという思いから、商品はなるべく地域の商店から仕入れている。ただその分、商品の値段が高くなるのも事実。

新しく移動販売を担う人は、ルートも仕入れ先もすべて自分で決めることができる。大金さんが3年間で築いた関係もうまく活かしながら、試行錯誤していくのが良さそうだ。

町には、県外からもお客さんが買いに訪れる人気のパイ屋さんや、農家がはじめたケーキ屋さんなどもある。そういうお店から期間限定で商品を仕入れるのも面白そう。

料理が得意であれば、道の駅の厨房を借りて、お弁当やデリをつくって移動販売してもいい。

あとは篠原さんが言うように、移動販売と福祉の仕事をかけ合わせることもできる。

地域にすでにあるものや潜在的なニーズに目を向けることで、何か見えてくるものがあるかもしれない。

 

最後に話を聞いたのは、昨年度から地域おこし協力隊として活動する松澤さん。

後継者のいなかった小海町の「小山豆腐店」を引き継ぎ、特産の鞍掛豆を使ったお豆腐をつくっている。松澤さんと一緒にできることもあると思う。

小海町では8人の協力隊が活動していて、担当分野にかかわらず交流もあるという。任期を終えてからも小海町に残って独立している先輩もいるので、移動販売や、ほかの仕事の相談もできる相手がいて心強い。

大学在学中に豆腐づくりに興味をもち、日本仕事百貨の記事を読んで、豆腐屋になろうと決めた松澤さん。深夜2時から夕方までお豆腐と向き合う日々を送っている。

「最近は、この油揚げをもう少しよくするためにはどう油を切ったらいいかとか、そういうことを考えて試行錯誤しています」

小海町に暮らしてみてどうですか。

「よく温泉に行くんですけど、そこで会う常連さんと話すようになったりして。自然に人とつながれるのがいいですね」

最近は、近所の方からたくさん野菜をもらうので、それを使った料理にはまっているそう。

そんな松澤さんに、地域で複業の一つになりそうなことを聞いてみた。

「たくさんありますよ。道の駅の方々が、一晩凍らせたお餅を干して『凍み餅』っていう保存食を毎年つくるんですけど、このあいだもそのお手伝いをしてきました」

「ほかにもスーパーで人手が足りていなかったり、仕事になるかわからないけど、小海の郷土食を冊子にまとめる活動を頼まれたり、なんならうちの豆腐屋ももう一人入れたいなと思っているくらいです」

豆腐屋の仕事が忙しく、ほかのことまでなかなか手が回っていないものの、地域で求められることは意外とあるそう。

移動販売車の空いたスペースにお豆腐を乗せて、配達の仕事を請け負うこともできるかもしれない。

移動販売についてはどう思っているのだろう。

「必要な人はいるけど、とても少ないので、事業を続けていくのは大変だと思います」

同じように豆腐屋の事業を継続することがミッションの松澤さん。

「やっぱり好きが大事ですよね。私は豆腐が好きだから働けているんです。給料とか考えたら大変ですけど、好きに勝るものはないなと」

「地域おこし協力隊」というより、「豆腐屋」として生きている松澤さんからは、事業を続ける覚悟が伝わってくる。

移動販売をする人も、人と話すことや、人を喜ばせること、こだわった商品など、何か一つでも“好き”があるといいと思う。

移動販売のやりかたも、ほかの仕事との組み合わせかたも、自分で決められる。その分責任もあるけれど、やりがいも大きい仕事です。

何かをはじめるには勢いも大切だと思います。

おもしろそうだと思ったら、まずは小海町を訪ねてみてください。できることのヒントが見つかるかもしれません。

(2022/1/21 取材 堀上駿)
※撮影時はマスクを外していただきました。

この企業の再募集通知を受ける

おすすめの記事