求人 NEW

オンラインとオフラインで
大学をつくる
この指とまれ!のまちづくり

※日本仕事百貨での募集は終了いたしました。再度募集されたときにお知らせをご希望の方は、ページ下部よりご登録ください。

ここ数年で、地域との関わりしろは、どんどん増えているように感じます。

ファンコミュニティやふるさと納税、週末移住など。どこに住んでいても、好きな地域と様々な形で関われるようになりました。

「地域の人々のチャレンジを後押ししたい」

そんな想いのもと、地域と人をつなぐ仕組みづくりに長年取り組んでいるのが、NPO法人G-netです。

これまでに、実践型インターンシップやプロジェクト型の副業兼業マッチング、オンライン学生キャンパスの企画などを手がけてきました。

今回は、G-netが携わる各プロジェクトの担当メンバーを募集します。

どのプロジェクト担当も、ざっくりと言えば、地域と人をつなぎ、その間に立ってコーディネートする役割。

もちろん、仕事内容は異なりますが、根底にある想いは同じです。

「どんな仕事をするのか」より「何のために仕事をするのか」。その考え方がマッチする人にとっては、きっと面白い仕事だと思います。




名古屋駅から、JR特急ひだに乗って約2時間半。

たどり着いた飛騨古川駅は、360度大きな山々に囲まれている。

緑の気持ちよさを感じながら5分ほど歩くと、白壁土蔵の古い町並みが見えてきた。

今回取材に訪れたのは、このまちの一角にあるコワーキング施設。

G-netのオフィスは岐阜市にあるものの、大きなプロジェクトが飛騨で動いているため、その担当者は飛騨での勤務が多くなるとのこと。

「昨日も飛騨で会議があって。ゆくゆくは、G-netの新拠点を飛騨にも開設する予定なんですよ」

そう教えてくれたのは、G-netの代表を務める南田さん。

南田さんに、まずはG-netについて教えてもらう。

「G-netは、チャレンジが生まれるまちづくりを目指し、2001年に設立したNPO法人です。イベント企画やフリーペーパーの作成から始まって、チャレンジする”人づくり”のため、学生インターンシップのコーディネート業務に取り組むようになりました」

半年間のインターン期間中、学生は地域の中小企業の販路開拓や新商品の企画に挑戦。

インターンを通じて学生と企業が互いに刺激を受け、じわじわと変わっていく姿を、これまでに1000件近く見届けてきた。

ほかにも、採用支援やキャリア教育プログラムづくりなど、様々な事業を展開してきたG-net。

ここ数年は、つなげる「人」や「企業」の対象がどんどん広がっているんだとか。

「2018年には、社会人向けの兼業プラットフォーム『ふるさと兼業』の運営がスタートしました。長年僕らが蓄積してきたインターンシップの知見を、社会人や他地域にも活かしていけたらと思ったんです」

ふるさと兼業のサイトには、全国各地さまざまなプロジェクトを掲載。

利用者は、プロボノやWワーク、リモートワークなど、希望のスタイルで気になるプロジェクトに参加することができる。

さらに2020年には、オンライン上の学生キャンパス「つながるキャンパス」もオープン。

コロナ禍の影響を受けた若者支援の取り組みとして、若者同士の交流機会や、地域企業によるセミナーやゼミなど、様々なコンテンツを提供している。

「最近は、ここ飛騨市に新しくできる、大学の立ち上げにも関わっていて」

大学の立ち上げ…?

「オンラインではなく、実際に大学をつくるんです。立ち上げメンバーのなかに、僕らのクライアントさんがいて。『G-netがやっている実践型インターンシップを、大学のカリキュラムに取り入れたい』と声をかけていただきました」

メインのカリキュラムづくりのほか、大学事務局のメンバーとして、設立準備にも携わっているという。

インターンシップ事業からはじまって、今では大学の設立まで。形にとらわれず、本当に色々な事業を手がけているんですね。

「前例のないチャレンジばかりなので、毎回大変です(笑)。ただ、どの事業も同じ想いのもとにやっていること。僕らのなかでは、全部つながっているんですよ」

「どこに住んでいても、何をしていても、地域と人がつながれるような。そのきっかけや仕組みをいろんな角度からつくることで、人々の挑戦を後押ししていきたいんです」

挑戦を可視化し、想いに共感した人を、世代や距離に関係なくつなげることができたら。

誰もが「この指とまれ」と言いやすくなるのではないかと、南田さんは言う。

「人口が減っている地域だと、『このまちじゃ無理だ』って思ってしまいがちじゃないですか。そうじゃなくて、どこに住んでいても、『やれるんだ』と思えるような。みんなが願いを言葉にして形にしていけるように、僕たちも色々な挑戦をしていきたいですね」

G-netは現在、時短や兼業メンバー含む13人のメンバーで活動している。

それぞれのプロジェクトに、業務委託やプロボノで関わっている人もいるけれど、まだまだ人が足りない状態。

そこで今回、新たにメンバーを募集したい。

「今ある事業が、どうしたらもっとよくなるのか。現場を回すだけじゃなくて、事業全体を見ながら、仕組みそのものを見直すことにも取り組んでもらえたらと思っています」

「いろんなことに挑戦している僕らの活動を、面白がってくれる人に来てもらえたらうれしい。あと、『G-netの活動を通じて、私はこれを成し遂げたいんだ』というように、その人自身にチャレンジしたいことがある人だといいんじゃないかな」




今回募集する人は、複数あるプロジェクトのいずれかを主に担当していく。

インターンシップやふるさと兼業のコーディネートでは、募集するプロジェクトの内容設計や選考のサポートに始まり、プロジェクト終了まで、企業と人の間に立って伴走していく。

新しく立ち上がったプロジェクトでは、どんな仕事をしているのか。まずは「つながるキャンパス」について、入社9年目の棚瀬さんに聞いてみる。

「つなキャンは、コロナ禍で大学の授業がオンライン化していったときに、学生同士のつながりを提供できたらと考えたのが始まりで。ランチタイムに気軽に集まれるオンライン食堂や、オンライン学園祭の企画などをしてきました」

「そこから、『何か協力したい』と言ってくれる社会人や地域企業がどんどん集まって、結果的に地域や社会と学生をつなぐ場になっていったんです」

立ち上げから2年が経った今では、サポーターの社会人や若者たち総勢1000名がつなキャンに参加。

キャリアセミナーや社会人との1on1に加え、昨年度は地域企業が講師を務めるゼミも25個ほど開催されたんだとか。

「西粟倉の企業さんが主催した『森で遊ぶを考えるゼミ』では、全5回の講義が終わった後、『実際に西粟倉へ行ってみたい!』という声があがって。ゼミ参加をきっかけに、今でも西粟倉と継続的に関わり続けている子もいるんですよ」

「つなキャンに参加すると、地域にゆるく関わりながら、自分のやりたいことを少しずつ探していくことができる。挑戦までのステップを踏んでいけるのが、すごく良いなと思っているんです」

現在つながるキャンパスは、G-netスタッフや社会人の副業・プロボノ、U24世代の学生メンバーなど、約40人の事務局メンバーで運営している。

参加学生とSlackで日々コミュニケーションをとったり、ゼミのプロジェクト設計をしたり。事務局チームの組織マネジメントのような業務もあったりと、仕事は多岐にわたる。

「つなキャン生もどんどん増えている今、一つひとつの企画を通じて地域や社会と若者をどうつなげていくのか、体制を見直すフェーズだと思っています。つなキャン生が参加しやすい土台や仕組みづくり、企画など、考えたいことはたくさんあります。手探りしながら、一緒に取り組んでくれたらうれしいですね」




地域と人をつなぐ。

その新たな切り口となりうるのが、飛騨に開設予定の新大学「Co-Innovation University(仮称)」。

「CoIU」と呼ばれる大学の事務局業務をメインで担当しているのが、岡本さん。

「CoIUは、1年目に様々な理論を講義で学ぶところは普通の大学と同じなんですが、その後がかなり特殊で。様々な企業や団体での実践型インターンシップを通じて単位を取得していくんです」

2年〜4年次は、飛騨地域だけでなく、連携する日本各地13拠点(2022年3月現在)の受け入れ先のなかから、自分の興味にあわせて地域やプロジェクトを選択。

大学で学ぶ理論と、地域のリアルな課題解決の実践を行き来しながら、学びを深めていけるカリキュラムを組んでいる。

「各拠点には、地域コーディネーターと呼ばれる方々がいて。インターンの受け入れ先企業と学生のサポートをしていただく予定です」

「受け入れ先のなかには、初めて学生と関わる企業もたくさんあります。今は、どうしたら学生にいい学びを提供できるのか、各拠点のコーディネーターさんとコミュニケーションをとりながら、仕組みを整えているところですね」

G-netのスタッフは、事務局として各拠点をまとめる役割のほか、東海エリアの企業のコーディネーター業務も担うことになる。

さらに、入学生を集めるための広報や、地域企業や住民へ向けた説明会など。大学開設に向けた、事務まわりの仕事を全般的に任されている。

「たくさんの人がこの大学に関わっているんですが、それぞれに想いや願いがあって。そのなかでひとつの大学をつくっていくので、調整ごとも多いし、突然状況が変化することもよくあります。正直、大変だなあと思うことばかりですね(笑)」

「それでも、自分の人生において、大学をつくる機会に携わるなんて今しかないよなって。そこは、すごくモチベーションになっています」

飛騨出身の岡本さん。小さい頃から、『こんな、大学もない地域に残ってどうするんや』という大人や同級生の声をよく聞いていた。

「大学ができたら、そういう言い訳ができなくなるのが、すごく大事だと思っていて。選択肢が生まれることで、地域の人の意識が変わると思うんです」

「それくらい、地域にとっても、まちに大学ができるインパクトってすごく大きい。大学生と関われる場ができるのは、めちゃくちゃ重要だなって。今はまだ、大学をつくることに精いっぱいで地域との接点をつくれていないので、今後は説明会を開くなど、もっと地域に目を向けたことにもリソースを割いていきたいですね」




地域と人が、様々な切り口でつながるために、新たな仕組みづくりにどんどん挑戦しているG-net。

きっとこれからも、G-netの事業は広がり続けていくと思います。

そして、ただ仕組みをつくって終わりではなく、プレイングマネージャーのように地域のなかに入って試行錯誤していけるのも、G-netで働く面白さ。

G-netの皆さんが目指すまちづくりに可能性を感じたら、まずはぜひ、南田さんたちと話をしてみてほしいです。

(2022/4/21取材 鈴木花菜)
※撮影時はマスクを外していただきました。
この企業の再募集通知を受ける

おすすめの記事