ギャラリー

| TOP | ABOUT | 出展企業 | MAP 
 タイムテーブル  コンテンツ  FOOD & SHOP 
| チケット・宿泊アクセス| FAQ | ギャラリー

 

前回のかこむ仕事百貨の様子を、写真を交えてご紹介します。はじめて参加を検討される方は、ぜひ参考になさってください。(今年の内容は一部変更になります)

出展企業の方や参加者が焚き火をかこむメイン会場。5つの企業説明焚き火ブースと、誰でも自由に使える3つのフリー焚き火ブースを設けました。ボーッと焚き火をながめたり、話したり、ソーセージを焼いて食べたり。思い思いの時間が流れてゆきます。

 

企業の代表やマネージャー、若手スタッフも参加者も、みんなで焚き火をかこみます。人に話してみることで、自分のこれまでが整理されたり、誰かの言葉が、これからの働き方・生き方を考えるきっかけにもなったり。思わぬ出会いもあるかもしれません。一緒に焚き火をかこむことから、はじめてみてください。

 

夜は焚き火に向かう意識がぐっと強くなります。おかげで日中にも増して、より深い話がしやすいように思います。今回は夜の時間帯にトークイベントやスナックも企画していますので、日が落ちてからの楽しみがますます増えそうです。

 

屋内空間では、トークイベントを実施。日本仕事百貨スタッフが聞き役となり、出展企業の仕事や代表の人となりをインタビューしました。気になる企業のトークを聞いたうえでブースを訪ねる人、話を聞きながら黙々とメモをとる人。ここにもいろんな人の姿がありました。

 

会場内には、出展企業のポップアップショップも登場しました。実際にプロダクトに触れながら、企業の方と話す参加者のみなさん。企業にとっても、お客さんの反応を間近に見られるよい機会になっていたようです。

 

日本仕事百貨のインタビューのワークショップや、greenz.jpの兼松佳宏さんによる「beの肩書き」ワークショップなど。参加者同士の交流を通じて自分を見つめ直すワークショップをおこないました。仕事の一部を実際に体験してみるワークショップを実施した出展企業もあります。詳しくは昨年のイベントページをご覧ください。(今年のイベント・ワークショップ内容は、特設ページ内にて順次お知らせします)

 

参加企業の1社、株式会社温泉道場のサウナ体験ができる「サウナワゴン」も登場。体の芯まで温まったら、外気浴をしてリラックス。サウナワゴンの周りでは、ほぐれた笑顔をよく見かけました。

 

地元・北軽井沢地域のキッチンカーや、ご縁のある方にフードやドリンクで出店いただきました。和やかな会場の雰囲気に、美味しい食事や飲み物が花を添えてくれました。

 

Instagramアカウント「日々、想うこと」にも、日本仕事百貨スタッフが前回のかこむ仕事百貨について投稿しています。あわせてご覧ください。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

日本仕事百貨の編集者たちが日々想うこと(@shigoto100)がシェアした投稿